人間牧場

〇73歳の新しい挑戦

 私はこれまで、愛媛大学法文学部の非常勤講師を10年余り、愛媛大学農学部の客員教授を3年余りやりました。高校しか出いていない私がです。いずれも年間60時間という長帳場を、臆することなく「地域活性化論」について学生にレクチャーしましたが、最初は不安だらけだったものの何とかその役目を終えました。

聖カタリナ大学北条キャンバス

授業風景

多分もうこんな仕事はないだろうと持っていましたが、聖カタリナ大学の事務局長をしている上田さんからご依頼があり、同大学で「行政学」を教えて欲しいと言うのです。慣れないことなので何度もお断りをしましたが、何度も懇願され、上田さんが元双海町長、私が双海町教育長だった深いご縁もあって、引き受けなければならない羽目となりました。

 しかし1回90分の授業を後期で15回やらねばならないこともあって、力を入れなければならない仕事ゆえ、この2~3か月は暇を見つけて自分なりに猛勉強し、15回分の講義レジメを大学に提出する所までやっと漕ぎつけました。毎週水曜日の13時からなので、初回講義日の昨日は少し早めに出かけ、教務課の課長さんと色々な打ち合わせを行い、3階の教室で20人ほどの学生の前で講義をしました。

来月3日には74歳になる私の新しい挑戦が始まりました。もう後には引けないので、しっかり頑張ろうと思っていますが、大学まで往復3時間も、授業の1時間30分も、中々大変なことです。でも若い学生はとても真面目で、学生の中には台湾からの留学生もちらほらいて、若い学生からエネルギーをいただいて、せめて気持ちだけでも若返ろうと思っています。

「断れぬ しがらみあって 難儀する 浅学菲才 思いやられる」

 「この歳に なって大学 講師する おこがましくも 行政学とは」

 「第一回 いよいよ講義 始まって 教壇立つと 不思議落ち着く」

 「高校か 出てない私 大学で 講義するとは 世間が笑う」 

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください