人間牧場

投稿者: | 2018年9月23日

〇孫のお守り

 看護師をしている次男息子が横浜へ長期研修に出かけて、早くも5か月近くが経ちました。研修を終えて帰るまでは息子と若嫁の両親がサポートしてやろうと相談し、幸い若嫁の実家が10分ほどで近いため、毎夕風呂や夕食の世話をしてもらっています。息子夫婦の家はわが家からは車で1時間以上もかかるので、週末にしか出かけられないものの、殆ど毎土曜日の午後、妻と私は暇を見つけて子守りに出けています。

軽四トラックの荷台に乗って越に入る孫花菜

子守と言っても大したことはせず、乳母車に乗せて散歩がてら近くのスーパヘ買い物に出かける程度です。女の子の孫の成長は早く、はいだしたと思えばヨチヨチ歩くようになり、まさに「はえば立て立てば歩め」といった感じで、昨日は赤い靴を履かせて歩道をかなり長い距離、手を引いて歩かせましたが、結構丈夫に歩くようになりました。私たちが散歩に出かけている時間だけが、若嫁の自由時間で、休む間もなく家の細々をやっているようです。

 昨日は軽四トラックで出かけたため、帰り際せがまれてトラックの荷台に乗せたところ、とても気に入って降りようとしませんでした。また乗せてやるからと納得させて下ろしましたが、帰りには少し涙ぐんでバイバイしてくれました。息子が留守の間に歩くようになりましたが、その模様はスマホにアップされ、毎日のように横浜の息子に送られているようです。親バカ、祖父母バカです。

「週末は 孫の子守に 付き合って 1時間かけ 顔見に出かけ」

 「乳母車 押して近くの スーパーへ 残暑の中を 涼しさ求め」

 「軽四の トラック荷台 乗せてやる 気に入り降りるの 嫌だと泣いて」

 「研修に 出かけた息子 帰る日が 2か月先に 見えたようです」

[ この記事をシェアする ]