人間牧場

〇売れない〇〇を売る方法?

 「そんなものがほんとにあるなら教えてください!」という、そのものズバリの本を出しているコピーライター・湘南ストーリープランディング研究所代表の、上川哲也さんを迎えて、昨晩まちづくり学校双海人の例会がありました。受付でいただいたレジメには、★皆さんは何を売っていますか?、★「買いたい!」「また来たい!」につながる売り方とは?、★物語の主人公に必要なもの、①キャラクターを明確にする。②旗印になる強い宣言、★あなたの「物語」はなんですか・、★5W1Hを変える(自分のお店、商品、団体に当てはめて聞こう)①ウリを変える
(What)、②売る時間を変える(When)、③売る場所を変える(Where)、④売る人を変える(Who  Whom)、⑤売る値段を変える(How  much)、⑥売る方法を変える(How)、⑦売る目的を変える(Why)という簡単なもので、その後約1時間レクチャーがあり、「詳しいことは私の本を買って読んでください」でした。

 私は財布を持っていなかったので、多少読んでみたい気持ちもありましたが、「本を買えば著者のサインをしてもらえる」という甘い言葉に誘われることもなく、本を購入しませんでした。ゆえに話を聞き洩らさないようメモを取りながら聞き、ワークショップも積極的に発言しました。結論としてまず鉄板を熱くすると、キャンプの炭火の法則を聞きました。なるほどという感じでした。振り返れば30年も前、私は「夕日」をテーマに「物語」づくりを始めました。「しずむ夕日が立ちどまるまち」をキャッチフレーズに、オンリーワンの日本一づくりのため様々な仕掛けをつくり、10年続けたら物語、30年続けたら神話になると信じてやりましたが、上川さんの話は私のそのままズバリでした。問題はここからです。縮む社会の中で不易と流行をどう使いこなすか、まさに5W1Hのような気がしています。

 「売れな〇〇を売る方法」は色々あります。コンサルの話は紛らわしくて、鵜呑みにすると痛い目に遭います。「人が来ん=コン、人が去る=サルだからコン+サル」とは私のけだし名言です。要は当事者たる私たちがしっかり努力すれば必ず道は開けます。さあもうひと踏ん張り、性根を据えて頑張りましょう。

  「売れないと 人と社会の せいにする いつまでたっても うだつ上がらず」

  「死ぬ覚悟 あれば大方 できるもの やれないことと やらぬは違う」

  「小さくも 年輪刻む 心がけ まずは鉄板 熱くなること」

  「おきないし すぐに消えるは 炭火なり 水かけ消すは 案外身内」 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場” への2件のフィードバック

  1. 藤崎さん
    物売りの基本は本物と真心です。シーサイド公園を自分で造り、12年間経営しましたが、12年間黒字、5%の配当ができたのは本物と真心でした。

  2. 感動したのですね( ノД`)シクシク…売れるって事は⁈5w1Hの思い出は41年前、その意味を勉強会の時に皆の前でで説明したら同席していた女性に好かれたものでしたが、今思えば「そんなの知らないのも本人が勉強不足だし好くのもどうかな⁈」と・・・やっぱり相手、客を感動させないと売れません( ノД`)シクシク…商売が成り立ちませんね( ノД`)シクシク…

コメントは受け付けていません。