人間牧場

投稿者: | 2017年10月17日

〇サンマとサケが届く

 一昨日は北海道佐呂間町の船木さんからサケが、昨日は埼玉県北本市の工藤さんからサンマが、相次いで届きました。双海町は魚処なので魚は珍しくありませんが、処変われば品変わるで、珍しい北の国からの贈り物に家族みんなが大喜びでした。早速粗調理は私の役目なので、まずカチカチに冷凍した生の銀サケを捌くことにしましたがこれが中々のもので、出刃包丁の刃も立たず、金槌で包丁を叩いて切ろうとしましたが結局柄を壊してしまい、諦めて解凍するのを待ちました。昨日は2枚におろし娘や息子、若嫁にそれぞれ分配してやりました。

北海道から届いたサケ

アルミパックのサンマ

 昨日は子どもたちのどの家も夕食はサケの料理だったようで、とても美味しかったと妻に報告の電話が入っていました。さて昨晩わが家では、サンマの塩焼きとサンマの刺身と洒落込むサンマ三昧で、熱々の新米のご飯との相性もぴったりで、食欲をそそられ多少食べ過ぎの感じがしましたが、今朝は何事もなく元気に朝を迎えています。今日の夜は銀サケの鍋とちゃんちゃん焼きだと、妻は既に夕食のメニューを決めているようで、今晩はまちづくり学校双海人の例会日なので、少し早めに夕食を済ませ出かけようと思っています。

 今年はサケもサンマも連年にない不良だとニュースで聞いていますが、こうして新鮮な生のサケとサンマを食べれる幸せを噛みしめています。秋は食べ物の美味しい季節ですが、脂肪分の多い食事や食べ過ぎは胃への負担が大きいばかりでなく、肥満や生活習慣病の原因になります。常に腹八分目を心がけることが健康の秘訣です。ゆっくりとよく噛んで食べると消化吸収も良くなり効果的です。日本人の長い腸に合う魚と野菜をバランスよく食べ、夏の暑さで疲れた体調を早く回復して、やがてやって来る寒い冬に備えたいと思います。

  「サケ・サンマ 相次ぎ届き お裾分け 秋の味覚を 存分楽しむ」

  「サンマ食べ 今日はサケです どことなく ウキウキ気分 箸が進んで」

  「冷凍の 生サケ出刃じゃ 歯が立たぬ 結局解凍 何とか調理」

  「少しだけ 夏の疲れが 残ってる サケ・サンマ食べ 元気回復」

 

人間牧場」への2件のフィードバック

  1. shin-1 投稿作成者

    藤崎さん
    工藤さんは埼玉県北本市の市会議員をしていますが、出身は北海道福島町です。ゆえに毎年サンマが届くのです。勿論こちらの特産品ミカンも届けます。

  2. 藤崎貞親

    北海道の人からサケは理解できますが、海に接してない埼玉県の人からサンマは理解出来ません。

コメントは停止中です。