人間牧場

〇キンリョウヘンの効果

 桜が散ってから2週間くらいが、蜜蜂分蜂の季節だといわれていますが、今年は桜の開花が例年よりい大幅に遅れたものの、散るのは早くてあっという間に葉桜になって、朝晩少し肌寒かったり、昨日のように北西の風が強く吹くと、分蜂どころか、越冬している蜜蜂さえ巣の中から出て飛ぼうとせず、ヤキモキしています。

 私の蜜蜂師匠である西予市野村町山奥の井上登さんから、キンリョウヘンというランを一株いただきました。このランの花は蜜蜂を誘うフェロモンを出すらしく、キンリョウヘンを置くだけで、どこからともなく日本蜜蜂がやって来る不思議なランなのです。この5年間井上登さんは私のために、自宅で培養しているキンリョウヘンの切り花を、惜しげもなく切り取って持参して手助けをしてくれていますが、私も井上さんからいただいたキンリョウヘンを徐々に株分けして、お陰様で10鉢ほどになりました。

 近い将来はせめてキンリョウヘンを20鉢ほどに増やして、自前の対応をしたいと思っていますが、これが中々で、植え替えた明くる年は花芽もつかず、奥の深さを感じています。昨年菜園の隅に小さなビニールハウスを作りましたが、昨年末キンリョウヘンを試験的にハウスの中に入れたところ、花芽が出て最近の陽気に誘われて2~3茎花をつけました。目敏い嗅覚の蜜蜂が一匹、キンリョウヘンに誘われて、どこからかハウスに迷い込みました。

 早速タマネギ袋を植木鉢全体に被せて、巣箱の前に置くと、斥候蜂が早くも2~3匹飛来し始めました。気温の状態が低いのでまだ分蜂には至っていませんが、連休までに入居して欲しいと願っています。500年前の文明年間に中国から渡来し、明治時代にブームとなって品種改良されたといわれるキンリョウヘンですが、これからも個体を増やして、養蜂を楽しみたいと思っています。もうそろそろ師匠と連絡を取らなくては・・・・。

  「日本ラン 聞いてはいたが 本当は中国原産 500年前」

  「フェロモンを 出すというから 驚きだ 花置くだけで 蜜蜂集まる」

  「フェロモンを 開発したら 人間も 男・女性を 引き寄せれるか?」

  「お師匠に 教わったこと 数知れず 奥が深いと 思いながらも」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちらPost a comment or トラックバックはこちら。.

2 Comments

  1. 藤崎貞親
    Posted 2017年4月21日 at 1:10 PM | Permalink
    ブルーベリーはやり方次第では「繁殖力の強い果実」と私は判断しました。また他の果実についてもですが、はホームページ上で「菜園だより」という家庭菜園を動画で発信している人が居ます。その人の動画を見る度に私はやる気が出ますし、自信も出てきました。
  2. 藤崎貞親
    Posted 2017年4月21日 at 12:48 PM | Permalink
    若松さん、私も場合によっては蜂を飼ってみたいですね。養蜂ではなく、受粉の為に飼う訳です。以前に若松さんが「ブルーベリー栽培は難しい。」と言われてましたが、私もなぜって調べて見たらブルーベリーは直受粉が出来ないから単体では実が生らないでした。それで私も「難しい。」と思ってましたが、何処からか飛んできた小さなアブが受粉を助けてくれてました。そこで「もし蜂が居たら」と思いました。ブルーベリーはやり方次第では「繁殖力の強い果実」と私は判断しました。また他の果実についてもですが、その補助者として蜂をと思った訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記入したあなたのemailアドレスは、ブログページには表示されません。