人間牧場

〇散髪して男前を上げました

 私は大体1ヶ月に1回の割合で近所の顔見知りの散髪屋へ出かけて、四方山話に花を咲かせながら散髪をします。これはもう若い頃からやってきたことなので、変えようもない習慣です。現職の頃は散髪をするのを月初めと決めていましたが、退職して10年近くにもなると流石にそんな流儀もこだわりもなくなり、今では妻に、「お父さんそろそろ散髪に行ったら」とか、「今度出張する前に散発に行かないと」などと諭されて、始めて自分の頭の髪の毛が伸びたことに気付く有様です。

散髪をして気恥ずかしそうな自画像

散髪をして気恥ずかしそうな自画像

「歳をとるほど清潔にしておかないと」とは妻の弁です。あれ程綺麗好きだった親父でさえ、年老いた最近は少し掃除を怠るようになり、そのことを誡めにしながら生きていますが、年金暮らしの私といえど、散髪代3400円が惜しい訳ではないのに、なぜか1ヶ月が早く感じるのもやはり歳のせいかも知れません。そんなこんなで「お父さん今日は北海道から船木さんたちが来るのだから散髪をしてね」と、北海道の来客と私の散髪とは、何の関係もないと思いつつ、昨日は雨も降っていて、孫たちを保育園へ軽四トラックで送ったついでに朝一番で散髪屋へ出かけました。

 奥さんに促されていつもの座席シートに座り、前面の大きな鏡に写った自分の顔をまざまざと見ながら少し増えた白髪や、心持ち薄くなった頭、しわの幾つかに思いをめぐらせました。散髪屋の奥さんがいつもお世辞たっぷり誉めてくれるように、歳の割には白髪も少なく、顔の艶もよく元気なように見えますが、やはり歳は争えないと納得しています。
 忙しいと思っているのか、まだ老人クラブへの入会誘いもありませんが、私の同年齢の人たちの中には、既にゲートボールに出かけお年寄り活動をしたり、老人クラブの会長さんまでしている人もいるようです。散髪が終り男前の上った自分の容姿を見て、「ようし、もうひと分張り頑張ろう」と思いを新たにしました。聞くところによると伊予市街には1200円で散髪をしてくれる安いお店もできているようですが、私は義理もあるので当分は馴染みの散髪屋で男前を上げようと思っています。帰宅後妻が「ええ男になったじゃない!!、惚れなおしてあげる!!」と歯の浮くようなお世辞で誉めてくれました。いつもながら誉めてくれるのは妻だけです。(トホホでした。)

  「一月半 伸びた頭を 気にしつつ 散髪出かけ 男前上げ」

  「何グラム 減ったか知らぬ 頭だが 随分軽く なった気がする」

  「散髪屋 鏡に写る 自分顔 歳相応に 老けてきました」

  「男前 なったじゃないと 妻誉める まんざらでもなく 少しすまして」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。