人間牧場

〇カタクチイワシのお裾分け

 私の家は元漁師です。親父は既に漁師を辞め、跡継ぎになるはずだった長男の私も、体の都合で漁師から地方公務員に転職したため、曾祖父・祖父・父と3代に渡って続いた漁師は廃業となりました。家にはそこここにその頃の名残があって、特に別棟の倉庫を改造して造った海の資料館海舟館には、親父と私が集めた珍しい資料が展示されていて、来訪者は一応に驚きながら見学して帰ります。わが家は鯛網漁師なので、めでたい席には欠かせない当時高価だった鯛は飽きがくるほど存分に食べて育ちました。ゆえに魚でも低価なイワシやアジ・サバ等の方が好きという、何とも庶民的な人間に育っているのです。

 今日の午前中、3月8日に迫った今治市上浦町での長寿社会寿フェスティバルにおける講演の打ち合わせに、南海放送パーソナリティの小林真三さんが見えられ、シーサイド公園のイベントホールでお話をしての帰り、じゃこ天のお店に立ち寄り四方山話をしていると、共栄網から届いた取れたての寒ホータレ・カタクチイワシを一箱いただきました。この時期のカタクチイワシは頬が垂れ下がるほど美味しいことから、ホータレと呼ばれているのです。早速自宅へ持ち帰ると、若嫁の所へ本多さんの奥さんが来ていて、二人にお裾分けをしてあげました。妻は午後と夜仕事があるので、昼食後早速イワシの頭と内臓を取り除きました。イワシは足が早いので、悪くならないうちに処理するのがコツなのです。

 早速今晩はイワシの煮つけと刺身を頂く予定です。明日はこのイワシを冷蔵して天ぷらにしてもらおうと思っています。イワシの処理が終わったころ、今度は下灘の従兄弟からメバルを釣ったので取りに来るよう電話が入りました。もうそろそろメバルのシーズンですが、頂いたメバルは驚くような大きさで、刺身でも十分いけますが、イワシの刺身があるので、鱗と内蔵、それにえらを取って綺麗に水洗いし冷蔵庫に収めました。明日はメバルの煮つけが食べれると、今から楽しみです。
 田舎暮らしはこんなに美味しいものが沢山手に入り、幸せの極みです。今日は妻が3時のおやつにサツマイモを土釜でホッこら焼いてくれました。美味しかったです。

  「ホータレを 一箱貰い 調理する 今日は刺身と 明日天ぷら」

  「寒イワシ 脂が乗って 見るからに 美味そうだと 思いつ調理」

  「メバルまで 頂き贅の 極みなり 今日も明日も 幸せ実感」

  「土釜にて サツマイモ焼く 香ばしい 香り室内 漂い食欲」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。