人間牧場

〇春遠からじ

 今年は例年になく、どここことなく水仙の花が綺麗に咲いています。毎年この時期になると下灘の水仙畑が、冬の風物詩としてマスコミに取り上げられますが、水仙は花の少ない冬場に咲くので、人知れず人気を集めているようで、下灘のコミセン付近に車を止め、カメラを提げて街中を歩く見知らぬ人の姿もよく見かけるのです。昨日は伯母の家へ行ったついでに人間牧場へ出かけ、薪割りした薪を2時間程片付けましたが、鉄道の斜面や農道斜面には水仙の花が所狭しと咲いて、それは見事でした。この分だと2月に入ってもまだ水仙の花は楽しめそうです。

JR予讃線沿いに咲く水仙の花

JR予讃線沿いに咲く水仙の花

 ご存知閏住の菜の花畑も菜の花が咲き始めました。まだ大寒なのに今年はどういう訳か、この2~3日気温の高い日が続き、昼間には14~15度まで気温が上がっているようです。親友の船木耕二さんや井田貴子さんの住む、北の海オホーツク海沿岸では流氷が接岸したとかしないとか言っているのに、四国・愛媛県・伊予市・双海町・閏住ではもう菜の花です。寒さに弱い私には暖かい気候はこの上なく天国のようです。来月末には船木さん一行が私のところへ研修にやって来ますが、多分万回の菜の花を見て驚くことでしょう。

 「そうだ今日辺り、水仙の花を切花にして北海道へ送ってあげようか!!」と今朝思いつきました。下灘のわが畑の斜面にはまだ沢山の水仙の花が咲いています。手渡しで花を持って行って喜ばれたことはありますが、宅配で送ったことがないので、はてさてどのようにすればいいか迷っていますが、段ボールを加工すれば何とかなるかも知れません。実は昨年北見の市川さんから沢山のハーブ茶が届いて、楽しませてもらっているので、お礼にとふと思った次第です。
 春はもうそこまで来ています。人間牧場の梅の花もそろそろほころび始めました。昨日畑の草取りをしましたが、土中ではもう根が活発に動いて芽吹きを待っているようでした。

  「水仙の 花あちこちに 咲いている 北の国では 流氷話題」

  「菜の花も そろそろ咲いて 春間近 寒暖激しく 体に堪え」

  「水仙の 花を送ろう 思いつく さてどのように すればいいのか」

  「冬は夏 いいと思うが 夏はまた 冬の冷たさ 思ったりする」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。