人間牧場

〇イベントに雨が降るのは誰の責任?

 昨日は朝から荒れた天気でした。突風を伴ったかなり激しい雨が降り、上灘地区では恒例の公民館まつりが行われるというのに、出鼻をくじかれてヤキモキしながら対応に追われたようです。私も役場に勤めていた現職のころは、30年間もそうしたイベントに関わっていたため、心情は察するに余りあるのです。私は自称晴れ男で、あれ程長い間イベントをやってきたのに、雨に出会ったことはそんなかったのですが、雨が降れば「お前が悪い」とまるで天気が悪いのは自分の責任のようにいわれ、自分もそのようなネガティブな気分になったりしたものでした。

ジュニアリーダー出店のスタードーム

ジュニアリーダー出店のスタードーム

 昨日は妻が友人たちとお食事会に出かけたし、息子家族も3日前から東京ディズニーランドへ遊びに出かけているので、留守番は私と親父だけで静かな日曜日でした。原稿の依頼が2~3件入っているので身の周りを片付けてから雨音・風音を聞きながら原稿書きを始めました。しばらくすると雨が上がり青空まで見えましたが、天気予報で荒れることを聞いていたので、午前中は何処へも行かず原稿を書いた結果、少し手掛けていた少し長めの原稿を書き終え、その勢いでメールにて依頼主に送信して一件落着でした。

中尾先生たちの竹工作教室

中尾先生たちの竹工作教室

 お昼前看護師をしている次男から電話が入り、「昼ご飯を食べに帰りたい」と言いましたが、あいに妻が留守なので妻が出かける時、食べに行くよう置いて行った公民館祭りのバザー券のことを思い出し、相談して一緒に行くことにしました。息子は午後1時に単車で帰宅したので、私も単車に乗って会場まで行き、保健センター前のバザー会場で、うどんとカレーを注文し食べました。少し量が多かったためカレーを残してしまいましたが、うどんもカレーもとても美味しくできていました。

 小雨が降り始めたため息子は一足先に松山へ帰りましたが、私は会場を一巡して見学をしました。孫たちの作品展も孫たちは東京へ出かけていて見れないため、証拠写真をデジカメで撮ったり、中尾先生や森田先生たちが開いている竹工教室や、ジュニアリーダーが設置しているミニスタードーム、まちづくりグループの出店しているブース等、そこここで顔見知りの人と談笑しながらひと時を過ごしました。
 昨日は悪天候の影響で少し早めの店じまいのようでしたが、イベントに雨の降るのは誰の責任でしょうか。一番悪意のはやはりお天気のようでした。しかしお天気も意地が悪いですね。

  「イベントに 雨が降るのは 誰のせい 自称雨男 いるかも知れぬ」

  「午前中 原稿書きに 集中し お陰で一件 落着送る」

  「バザー券 持って次男と 会場へ うどんとカレー 少し余らせ」

  「お天気が 猫の目のよう 変わり過ぎ 泣くこと地頭 お天気勝てぬ」

孫希心の絵

孫希心の絵

孫奏心の作品

孫奏心の作品

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。