人間牧場

〇今日はこれから岡山県久米南町へ出かけます

 11月も半ばとなり、朝晩は寒さを感じるようになりました。このところは季節の替わり目を知らせるように、3~4日おきに雨が降り、その都度風が吹くのです。家庭菜園の大根や白菜も日増しに大きくなって、特に少し早めにセル苗を買って植えた白菜も今年は大豊作で、連日鍋物や煮物に料理されて食卓を賑わせています。そろそろ大好物の大根も食べごろのようです。

 昨日の菜園は少しじゅるかったものの、今日から岡山へ出張するので寸暇を惜しみ、タマネギの苗を植えました。1束100本の苗を5束と1箱200本のセル苗1箱合計700本の、もみじという晩生苗を三ヶ所に分けて植えました。昨年までは大根も白菜もタマネギもまとめて一区画に植えていましたが、今年から分散して色々な育て方を試みています。お陰で大根などは一ヶ所大風と虫に食べられて早くも不作のレッテルを貼りましたが、別の場所の大根は何とか助かったようです。

 気になっていたタマネギの作付けも無事終わり、今日はいい気持ちで岡山県久米南町へ講演に出かけるため、昨晩のうちに手荷物の準備をして床につきました。今日は少し遠方なので車にしようか列車にしようか迷った挙句、天気が下り坂という予報もあって、急いでネットで列車の時刻を調べ、松山駅8時12分発の特急しおかぜに乗り、岡山駅を経由して出かけることにしました。先方にもそのことを伝え、弓削という最寄の駅まで迎えに来てもらうよう手配を終えています。したがって帰りは夜遅くなる予定です。

 公共交通機関にしたのは3年前12月初旬に、大山の麓鳥取県伯耆大山町へ出かけた折、時ならぬ大雪に見舞われ、スリップ事故を起こし新車だった車を、高速道路のガードレールにぶつけてしまった苦い経験を持っているので、「天気を侮ってはいけない」と妻からも公共交通機関を使うよう再三再四言われていることが頭を過ぎったからでした。列車の旅も大好きですが、私の出かける場所は得てして不便な田舎が多いため、止む無く車を選ぶのです。妻も列車なら大丈夫と太鼓判を押して、今朝は少し早く起きて食事の準備をしてくれています。さあ今日も「亭主元気で留守がいい」と言わんばかりの妻に送られて、これから出発します。お急ぎ御用の方は携帯電話でお願いします。

  「タマネギの 作付け終わり ホッとする これも私の 旅支度です」

  「行く先の 交通手段 ネットにて 調べプリント すっかり馴れた」

  「車より 公共交通 安心で 安全ですと 妻の口癖」

  「冬将軍 そこまで近く なりにけり 過去の失敗 脳裏に浮かぶ」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。