人間牧場

〇停電

 数日前わが家玄関のチャイムが鳴り、書斎直ぐ横の玄関に出てみると、ヘルメットを被った作業服姿の男性が二人立っていました。二人が言うのには「近々あなたの家の敷地内にある電柱にトランス増設をする工事を、四国電力から請け負っているので、邪魔になる自然樹木の伐採、工事のための通行止め、その間停電の三つのことをお願いに来ました」と説明を受けました。外に出て街灯電柱まで行き、詳しい作業手順を聞きましたが、どうやらこの付近に人家が増えて容量が足らなくなったので、トランスを増設するようでした。

電気工事する上架車

電気工事する上架車

 数日前近くの電柱に、工事のため市道を通行止めにする旨の予告看板が立ちましたが、忙しさにかまけてそのことをすっかり忘れていました。昨日の朝愛媛新聞カルチャースクールに出かける準備をしていると、急に家中の電気がプツッと低い音を立てて切れました。「そういえば・・・」と停電の予告を思い出し外に出て電柱の近くまで行くと、直立護岸の近くでは電気工事用の上架車が二台横付けして、樹木の伐採をしたり電気工事をしたりしていました。道の両側には交通整理のためのガードマンまで配置され、しっかりした現場管理の下に工事が行われていました。

 出かける前なので小用のためトイレに入ろうとしましたが、いつもだとトイレに入るとセンサーが働き自動的にトイレの蓋が開くものの、この日ばかりは停電で開きませんでした。急いで煙会所の手動トイレで小用を足しましたが、「電気が急に消えた」と困惑している親父の隠居に入って、「停電」のことを耳元で大きな声で説明してやりました。
 私が子どものころの昔は、電力供給の乏しい戦後間もないこともあって、月に一度程度「電気休み」というのがありました。冷蔵庫も洗濯機もテレビもない時代でしたから、停電の影響等昼間は殆どありませんでした。また台風などになるとよく停電し、ローソクの明かりで一夜を過ごしたことも懐かしい思い出です。

 今は停電になって一番困るのは冷蔵庫とトイレです。昨日の様に事前に停電を告知されたり、短い時間だったりすると左程影響は出ませんが、長時間の停電になると冷蔵庫の品物に影響が出るのです。わが家には冷蔵庫が2台と冷凍庫が一台ありますが、昨日は何の影響もなく停電を終えたようです。
 定期検査以来伊方原子力発電所は、津波による東電原発事故の影響で止まったままです。夏場は何とかの乗り切りましたが、冬場の電力はどうなのでしょう。安全か便利か、少し考えさせられた久しぶりの静かで短かった停電騒動でした。

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。