人間牧場

〇新米が届く

 昨日の夕方、親友の西岡栄一さんが突然、30kgのお米の袋を担いでわが家の玄関先にやって来ました。西岡さんはつい最近スズメバチに襲われ、8ヶ所も刺されて病院で手当を受けたそうですが、今は元気を回復しているようでした。今年は私もムカデに刺されアナフラッキシーショックで呼吸困難となり、救急車で運ばれた苦い経験があるので、人毎とは思えないのです。西岡さんは腰の具合も悪いと聞いていましたが、30kgの米袋を軽々と担ぐ当りはさすが日ごろ鍛えたお百姓さんって感じで、逞しく思いました。

 

西岡さんから届いた新米

西岡さんから届いた新米

 西岡さんは役場を退職してから農業を手広くやっていますが、お米も沢山作っていて、先日までの渇水や思わぬ大雨でかなり苦労があったそうですが、稲刈りも一段落したので今年もこうして新米を届けてくれたのです。
 早速刈りだち、つき立ての新米を今晩当たり妻に炊いてもらって、味わおうと思っています。この時期は新米に加え秋刀魚も北国の親友から届き、加えて梨やブドウといった果物も美味しい季節なので、ついつい食欲が進むのか、妻の体形も若干肥え気味といった感じで、何とか痩せたいと思う女心でしょうか、昨夕も食事が終ってから一緒にシーサイド公園周辺までウォーキングに出かけました。

 明後日は母親の13回忌で兄弟が集まる予定なので、新米をと思っていますが、法事の料理は既に料理屋さんに頼んでいるし、うどんも振舞う準備が妻の手によって進んでいるようで、試食は少し後になりそうです。今年取れたお米のことを新米と言いますが、初めて仕事につく人のことも新米というようです。初々しく輝いて見える姿は炊き立ての新米ご飯と同じようなことからこの呼び名がついたのかも知れませんが、新米の美味しいご飯に梅干しを乗せ、シンプルに漬物とお味噌汁で秋の味を楽しみたいと思っています。

  「新米の 入った袋 軽々と 担いで親友 玄関先に」

  「新米の 炊きたてご飯 梅干しと 漬物それに 味噌汁あれば」

  「新米と 新米因果 関係は 分らぬ私 やはり新米」

  「新米が 出回る季節 なりにけり 食欲の秋 妻太る秋」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。