人間牧場

〇どうやらプルーンらしい

 プラムやプルーンという果物が何かも分らず、とりあえず実のなる木を植えようとホームセンターの店頭で、5年前にスモモやブルーベリーなどの苗を買って人間牧場の狭い農場に植えました。気の成長は早くスモモとブルーベリーは3年目から実をつけ、特に今年のスモモは大豊作でした。ところがプルーンの木はかなり大きく育ったのに、一向に実をつけず気を揉んでいましたが、今年の春花が咲いて今年初めて3本の木の2本に実がなりました。
 一緒に植えたスモモ感覚で実の成長と熟すのを待ちましたが、どういう訳か実は余り太らず熟しもせず、インターネットで調べた結果、この程度だということが分かりました。

採果袋で収穫したプルーンの実

採果袋で収穫したプルーンの実

 白い粉が実全体を覆い、紫がかった色はいかにも美味しそうですが、生食で食べても甘味が殆どないためどうしようか迷っていましたが、とりあえず採果袋に半分ほどをトゲのある木に梯子をかけて登り収穫して持ち帰りました。妻と相談し今日にでもネットで調べたプルーンジャムの作り方を参考にして作って見たいと思っていますが、はてさてどんなジャムができることでしょう。
 今年は梅が大豊作だったため、妻は梅の実を使って梅ジャム作りに挑戦しました。あの酸っぱい青梅が果たしてジャムになるかどうか心配しましたが、どうしてどうしてこれが結構な味のジャムに仕上がり、この2ヶ月間毎朝の食卓に出てくる食パンにつけて食べましたが、風味がとても爽やかで昨日までに比較的大きな一瓶を食べきってしまい、妻を喜ばせました。妻もジャム作りについてその気になっていて、ジャムを収納する冷蔵庫が欲しいと自給率向上を目指しているようです。

プラムのような実がなった木

プルーンの実が沢山なった木

 プルーンは別名西洋スモモというのだそうですが果肉の実離れがよく、実の中にはアーモンドのような種があっていとも簡単に取り出せるのです。果皮の表面にまるでグラニュー糖をふりかけたように白い粉がふいているのも特徴らしく、食べても無害だと知りました。もし美味くプルーンのジャムができると、樹上に諦めて残している実も収穫したいと思っています。
 5年前までまったく知らなかったブルーベリーやスモモや梅を使ったジャム作りに今年新たにプルーンジャムが加わりそうです。果物を使ったジャム作りの仕上げに欠かせないのはレモン果汁です。今年の春植えたレモンの木も今のところ枯れもせず順調に育っているので、しっかりと有機肥料を施して早く収穫できるようにしたいと思っています。

 

 

  「実がなった けれどもこれが 何なのか 訳も分らず ネット手助け」

  「プルーンの実 採果袋に 詰め込んで 持ち帰りさて ジャムにしようか」

  「また一つ 新た食べ物 加わりて 来年からの 楽しみ増える」

  「包丁で 実を切り種を 取り出して 砂糖で煮込み ジャムを作りぬ」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。