shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年2月25日

○広島から視察研修にやって来ました

 昨日まで2日ほど大分県へ行っていて、妻が「今日ぐらいはゆっくり休んだらどうなの」と体を気遣ってくれましたが、今日も予定が入っていてそんな調子には行きません。今日は原稿の締め切りが過ぎているのが一本、それに締め切り間近の原稿が2本、それぞれあるものですから、気になりながらも広島県三和町から視察研修がやって来るのを待ちました。その団体の到着時間は10時30分なのですが、昨晩から三崎町大岩に泊まっていたらしく、10時前に携帯に第一報が入り10時には到着するというのです。急いで身支度を整え待ち合わせ場所のシーサイド公園へ出かけてゆきました。今日は昨日までの北風がまるで嘘のように多少冷たいものの晴れわたり、絶好の日和に恵まれ、視察に来た人の運の良さを感じました。しかしいざ出会ってみて、人数こそ少ないものの中型バスなので、お目当ての人間牧場へはかなりきついと判断し、参加者の体の都合も考慮して、急遽視察先を入れ替えなければならなくなりました。

 今日のお客様は昨年7月20日に広島県自治研修センターで開かれた「地域づくり支援研修会」で私の話しを聞いた方々の現地研修だそうで、人間牧場を第一研修目的地として希望していただけに残念な結果になりました。

 こんな場合のこの時期の4時間コースはまず閏住の菜の花、夕やけコンサートの下灘駅、下浜の水仙畑、人間牧場、木造校舎の翠小学校、わが家の海の資料化海舟館及び煙会所、シーサイド公園くらいを見繕ってご案内するのですが、今日は人間牧場を飛ばすため比較的楽なコース見学となりました。

(菜の花は今が見ごろです。何年か前私たちが作ったお立ち台も設置されていて、いい雰囲気で収まりました。

菜の花の黄色はまるで春待ち色とでもいうべき目の覚めるような色でした。ポケットから種を落とした菜の花を作るまでの経緯を、面白おかしく話しました。

(フーテンの寅さんもやって来た下灘駅も今日は人気もなく、独占して見学しました。ここから見ると人間牧場が少しだけ見えるのです。)

(急な坂道を登って水仙畑へ行きました。私は今年3回目ですが、今年は昨秋の雨不足の影響でこの頃まで花を楽しむことができましたが、さすがにもう終りのようでした。それでも名残の水仙が可愛いらしい花を空に向って咲かせ、風に揺れて芳しい香りを漂わせていました。


(翠小学校は急な見学申し込みにもかかわらず、不在の和田校長先生に替わって山田教頭先生に温かく迎えていただきました。)


 わが家でも海舟館、煙会所を見学し、予約していた夕浜館で青島御膳をいただきながら研修をさせてもらいました。午後2時というお約束の時間があったため、シーサイド公園の見学はできませんでしたが、皆さん熱心な研修態度に思わず頭が下がりました。

 一期一会の出会いですが、この出会いが又出会いを生み、またこの学習が新しい知恵を産み、さらにこの異文化ギャップが地域づくりの大きな輪になる事を期待したいものです。別れを惜しみながらお互い手を振って別れました。

 追伸

  今日視察に来たのはNPO法人善菊会で、平成16年に三和町が三次市に合併した折、町の奨学金残高が5千万円あるのをNPOを設立し、三和町内に限定使途を定め、奨学金給付事業、国内外の研修助成事業、子育て活動支援事業、環境保全事業「太陽の森」、独居老人の弁当給食事業などの活動をしている団体です。

  「今日もまた 視察の人が やって来た 楽しい話 鉄砲のように」

  「なるほどと 感心しきり 聞き惚れる 人の不安が ファンに変わる」

  「幸せと やる気を売れる いい商売 一期一会の 出会いも楽し」

  「握手して 始まる視察 握手して 全て終わりぬ ちりとてちんと」

 

[ この記事をシェアする ]