shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年2月21日

○心友・深友・信友・そして親友

 私には色々な友人がいますが、中でも今日の見出しに掲げたような心の友(心友)、深い絆の友(深友)、信じあえる友(信友)など、変換ミスではないかと思える程幾つかの表現をしても足りないほどの親友が、人間牧場へやってきました。

今日は天気も良く、夕方から所用で出かける以外はさした用事もないので、思い切って人間牧場へ農作業に出かけました。妻に弁当を頼んだのですがあいにく今日はお大師様のお接待日なので昼でないと赤飯が間に合わず、ご飯も玄米のため弁当には不向きとのことで、買い置きのパンを2個とお茶、それに果物を袋に詰めてもらい田舎のオープンカーに乗って9キロの道程を走りました。機能までの寒さや風も治まって、今日は絶好の日和で気温も久しぶりに10度近くまで上がったようで、日向はポカポカ陽気です。

 こんな日は決まって外出先へ電話が入るので、予定表と携帯電話は欠かすことが出来ないと思い持参したのは良かったのですが、次から次へと電話がかかりその都度草刈機を止めねばならず、作業にならないため、草刈り作業を諦めて梅畑の草削りをする事にしました。一番下の畑はそんなに広い場所ではないのですが、地堀鍬で草の根元を掘り起こしたり、苦汁菜の根株を沢山掘り起こし作業が随分はかどりました。

 昼になった頃隣町の旧友菊地さんから電話が入り「病院へ定期健診に行ったが早く終わったので人間牧場を訪ねたい」というのです。約束を下灘コミュニティセンターまえ13時20分と設定し、菊地さんを迎えるまでの間、寸暇を惜しんで周辺のカズラを剪定ばさみで着る作業をしました。

(ダンディな親友菊地邦求さん)

 やがて菊地さんは時間通りに現れ、私の車で下浜からの狭い道を登りました。そして人間牧場の施設を案内しながら色々な話に花が咲きました。菊地さんとは青年時代から深いご縁があって、青年団・公民館など様々な分野で若い頃から付き合ってきた間柄なのです。青年団長も、NHK青年の主張県代表も同じような道を辿り公民館では愛媛県公民館連絡協議会の主事部会の正副部会長としてしのぎを削りました。特に公民館主事時代は「煙仲間」という主事集団を発足させてお互い自分の生涯を公民館活動に捧げたいと、夢を語り合ったものです。その後お互いが職場異動して出会う機会は少なくなりましたが、いつしかつかず離れずお互いがお互いを心配しあう使い間柄になっていました。私は3年前、彼は一年前にリタイアし、再び出会いの場が広がって、今年に入るとシンポジウムなどで盛んに出会うようになって、旧交を温めているのです。私も菊地さんも中途採用で出世とは無縁の世界で生きてきたため、よく上司とひと悶着をやりました。それは仕事に命を掛けた人間のやむにやまれぬ行動だったと、今でもその当時の行動を誇りに思うのです。

 お互い夜を徹して酒を飲みながら夢を語ったものです。お互い当時を振り返ってもよく仕事をしたと思うほど理想に燃えて仕事をしました。またそれゆえに成果も上げたと自負しています。お陰で体調を崩し今では二人とも酒に縁のない暮しを余儀なくされていますが、もし酒でも飲めたらどんなにか武勇伝を語るのにと悔しい気もしますがまあ済んだこととして諦めなければなりません。

 これからの生き方について少し意見を戦わせました。昔のような対立した意見より同感同感と相槌を打つ話が多かったのですが、これからは自分が理想とした夢の実現に向けてお互いいい人生を送りたいものです。菊地さん叉出会いましょう。

  「あの頃は いいつつ話 花が咲く 過ぎてしまえば いいことばかり」

  「いつの間に 俺たち初老 仲間入り 白髪が目立つ 目線の頭」

  「お互いに 酒を飲めない 半端者 素面で話す まともな話」

  「親友を 漢字で書くと 変換の ミスだと言われ 駄洒落通じず」 

 

[ この記事をシェアする ]