shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年2月7日

○和歌山日帰りの旅日記

 今回の講演は昨年の10月12日に遡るご縁です。松山の全日空ホテルで開かれた全国都道府県庁職員互助会研修会に私は愛媛県庁から記念講演を頼まれて1時間お話をしたのです。地元の講師ということなので参加した皆さんは旅のお土産にもならぬ話だと多分余り期待をせずに望み、変える時間を気にしながら聞いたのだろうと思うのです。ところが私の撒いた撒き餌に食いついて、何人かからお便りやメールを頂きました。それだけでも嬉しいのに、私を呼んで講演会を企画していただいた方がいるのです。和歌山県庁の橋口さんなのです。橋口さんは真面目な方でその後メールでのやり取りやハガキが届くようになって、お互いがもう昔からの知人や友人のような振る舞いで、橋口さんからは和歌山県特産の柿まで送ってもらう丁寧さに、こちらも嬉しくなってより身近な人となったのです。橋口さんは事前に私の自著本も購入して読んでいただいたようです。

 

 会場は県庁の近くの自治会館でありました。申し込みは予定した人数をはるかに越えて200人近くに達し、急遽会場を大きなものにしたそうで、嬉しい限りです。

 私の話は「新しい発想で心豊かに生きる」というタイトルでした。僅か90分ですから聞きなれている県庁の人へのレクチャーですので普通2時間の番組をまるで早送りするように喋りましたが、午後の会ながら居眠りをする人もなく無事終わることが出来ました。

(和歌山県庁の橋口さんが撮影して、インターネットで送ってくれた画像です。こんなに沢山の人が私の話を熱心に聞いてくれました。嬉しい限りです)

 さあ講演も終わったと、インターネットで調べた列車の時刻表を頼りに駅まで送ってもらったまでは良かったのですが、さあ紀州路快速に乗り込もうとした瞬間、携帯がなりました。担当者の女性林匡代さんから「コートを忘れている」というのです。「しまった」と思いながらコートには車のキーも入れているので列車を一本遅らせて駅まで届けてもらうよう頼みました。列車の発車は35分、焦る心で待ちましたが3分前に彼女の顔を見た時、思わず嬉しくなると同時にすまない気持ち一杯になりました。

 先日も旅先茨城県水戸でデジカメをホテルへ忘れ、地域政策研究センターの松本さんや谷本さんに迷惑をかけたばかりなのに、また大失態をやってしまいました。本当はこのことも内緒にしておきたかったのですが、こんなことは赤福程ではないにしても騒ぎが大きくなるものです。私は「忘れることの常習犯」として皆さんに認知してもらっていた方が気分が楽なため自己申告させてもらいました。でも忘れるということはそれだけ頭が空になりまた入る容量領域が増えるのですから、悪いことばかりではないようです。

 橋口さんとの出会いは今後もいい人間関係でありたいと願っています。和歌山は弟嫁の出身地で、昨年リタイアした弟夫婦は奈良県大和郡山の自宅を息子に譲って南に位置する古座の方に住んでいます。また無人島で知り合った森さんや、商工会の方々など、十指に余る方々が暮らしています。

 47都道府県の中でも和歌山は忘れられない思い出の地なのです。

 深夜11時過ぎにわが家へやっとたどり着きました。ブログを書く暇もなく明くる日の準備をして返信要請のメールを処理し、ブログの項目だけ予約入力して入浴し床に着きました。
  「さようなら コートを忘れ 駅に着く 歳のせいです 御免なさね」

  「縁不思議 たった一つの 講演が 世界広げる 嬉しい限り」

  「嬉しいね 私如きの 講演に 二百を越えて 聞き入るなんて」

  「一日に 二本のメール 朝晩に 明日は今日分 四本ノルマ」 

[ この記事をシェアする ]