人間牧場

〇上灘川の鯉

 昨日の夕方、前日から強く吹いた北西の季節風も幾分収まったので、一万歩を目指す仕上げのウォーキングに出かけました。いつもは通らない市営住宅付近の上灘川沿いの道を歩きながら、ふと上灘川を覗き込むと、堰堤下の深みに、沢山の鯉が泳いでるのが見えました。黒い鯉に混じって黄金や紅白の鯉が泳いでいましたが、中に見覚えのある鯉を何匹か見つけました。

川で泳ぐ私が放流した鯉たち

 実はわが家には10年ほど前まで池があって、鯉を沢山飼っていたのです。存命だった親父は昔から凝り性で、飼っていた鯉は一匹数十万円もするものもいて、近所では話題になり見学に来る人もいるほどでした。私も忙しく、また親父も寄る年波で世話も思うに任せず、ある日突然止めると言い出しました。高価で立派な鯉は鯉飼育仲間に無償で譲り、浄化槽一式も世話になった業者に差し上げ、残った鯉は上灘川の深みに放流したのです。

 放流しても多分水に流されてその内いなくなるだろうと思っていましたが、どうしてどうして鯉は放流した場所に住み着き、同じように放流された鯉とともに、今に至って生き延びているのですから驚きです。川の生態系を考えると、在来種以外の生き物を入れることは決して好ましいことではありませんが、島根県津和野町内を流れる川に沢山の鯉が放流されて泳いでいる姿を見たことを思い出しましたが、久しぶりに親父に出会ったような懐かしさでした。

 ちなみに鯉を飼っていた庭の池はその後、補修をして地下室に生まれ変わり、その上に日除け用の小屋まで私と親父が協働して建て、ちゃっかり梅干しや梅酒の冷暗保存庫として使い重宝しています。地下室には年代物の梅や梅酒が沢山収納されているので、年末までには中の保存物を外に出して、年一回の大掃除をしようと思っています。

  「ウォーキング 川を覗くと 見覚えの ある数匹の 鯉が泳いで」

  「10年も 前に放流 生き延びた 鯉に親父の 思い出重ね」

  「庭の池 今は地下室 なりにけり 梅干し梅酒 一杯格納」

  「わが家も 何事もなく 見えるけど そこここすっかり 様変りして」

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

◯北海道から届いたハーブティ

 寒くなったと言っても四国愛媛は暖かく、日中は10度以上で、北国の人から羨ましがられています。その寒い北海道北見市に住む親友北川恵子さんから、今年も沢山のハーブティが宅配便で送られて来ました。私はコーヒーを飲まないどちらかというと緑茶派ですが、紅茶やハーブティも時々飲みます。特にハーブティは北川恵子さんの影響で大好きになりました。

 北川さんと知り合ったそもそものきっかけは、船木耕二さんが代表を務める社会教育集団オホーツク寒気団の招きで、北海道へ講演に出かけた折でした。北川さんはその数年後船木さん一行とともに双海町へ訪ねて来ていただき、ハーブティのプレゼントとなったのです。私はどういう訳か子どものころから、「けいこ」という名前の女性に憧れていて、たまたま北川さんの名前が恵子さんだったこともあり、何かと気になる女性なのです。(大笑い)

 木箱に入れて送られてきたハーブティはオレガノ、ジャーマンカモミール、カレンデュラ、レモンタイム、コモンマロウ、ペパーミント、セージ、アップルミント、ラベンダー、レモンバームの10種類です。ペパーミントやラベンダーくらいなら知っていますが、舌を噛みそうな名前にただただ驚き、さてどうブレンドして飲もうか、思案六方といったところです。効能と煎れ方も詳しく説明書が添えられていました。

  「ハーブティ 北の国から 南国へ 心を込めて プレゼントされ」

  「コーヒーを 飲まない私 ハーブティ 飲んで精神 癒してみよう」

  「ナイロンの 子袋入れた ハーブ見て まるで脱法 一瞬思う」

  「蓋取ると 箱の中から いい匂い 北の友人 元気だろうか?」

img_20161205_145514

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇中江藤樹の五事を正す

 大洲で開かれた地域教育実践交流集会で、私は今年も浅学を省みず、言われるままに2日目のめざましトーク、インタビューダイアログのファシリテーターという大役をやりました。今を否定することを革新と言いますが、この9年間、私なりに自分に与えられた役割の中でこの交流集会にアクションを起こしてきたつもりです。世の中には「不易と流行」という言葉があるように、変えてはならないものと、変えなければならないものがあるのです。

中尾さんが早起きして作ってくれた五事を正すのスライド

中尾さんが早起きして作ってくれた五事を正すのスライド

 9回続けたことを伝統という反面、9回も続けるとマンネリの謗りを免れないこともいっぱいあって、そこをどう克服するかが大きな課題です。今年は三角形のピラミッドで言えば一番底辺の部分を底上げするため県内の東・中・南予というブロックで集会を持つことにして、それぞれのブロックで既に新しい実行委員会も立ち上がり動き出しています。上手く行くかどうかはこれからですが、これぞまさしく今までにない革新なのです。

 今年も集会の会場は国立大洲青少年交流の家で行ないましたが、「何故大洲なのか?」は殆どの人が余り考えもせず、多分どこでやっても同じだと惰性に流されている部分があることを実感して、2日目の朝中尾さんにお願して、私がいつも木になるカバンに入れて持ち歩いている、中江藤樹の「五事を正す」という言葉が書かれた扇子の言葉をパソコンに入力してもらいました。近江聖人中江藤樹は大洲にゆかりの深い儒学者です。

 「地域の教育力を高める新しい風」がテーマだったインタビューダイアログの締めくくりの言葉として、大洲の教育力から学び、今治の継獅子から学んだことを集った人に意識付けしました。広島から集った多くの若い学生はスクリーンに映し出され、私が解説した「五事を正す」という言葉を熱心にメモをしていたようです。年輪軸で学んだことを日々の暮らしの中で生かさなければ、それこそ絵に画いた餅となってしまうのです。手前味噌ながらいい締めくくりだったように思います。

  「今否定 せねば何にも 変らない 革新運動 幾つになっても」

  「何故大洲 教育力の 底流に 中江藤樹の 教え脈々」

  「熱心に 五事を正すを メモしてる 若い学生 いつかどこかで」

  「不易とは 変えてはならない 流行は 変えることです 少しずつでも」

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

◯継獅子

 愛媛県内には有形無形の様々な伝統文化が息づいています。中でも一度は見てみたいと思っていた今治地方の継獅子を、第9回地域教育実践交流集会のオープニングを飾る歓迎アトラクションで観ることができとてもラッキーでした。今回招いたのは波方町養老獅子保存会のメンバーで、まるで中国雑技団のように、子どもや大人が獅子舞を演じながら最高4段の人間ピラミッドを造り上げて行くのです。演じる人の緊張感が観衆に伝わり、時には大きな拍手が起こるなど最高のパフォーマンスとなりました。「駕籠に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」、「人は石垣人は城」などと表現されますが、子どもを支えるために大勢の親や地域人が関わる姿は、まさに「地域力を高める新しい風」のように、見る人を誘ってくれました。

  「子が天辺 親や大人が 総がかり これぞ日本の 教育力だ」

  「ワア凄い まるで中国 雑技団 割れんばかりの 拍手が起こる」

  「県内に こんな凄いの あるなんて 知らなんだです 驚きの声」

  「レクリェーション オリエンテーション アトラクション ションションションと あれこれ続く」  

今治波方町養老獅子保存会の妙技

今治波方町養老獅子保存会の妙技

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

◯大洲の朝は名物の濃い霧です

 今朝の国立大洲青少年交流の家は大洲名物の濃い霧に包まれ、まるで夢の世界です。さあ今日も元気で人働きしましょうか。

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇昨日も綺麗な夕日でした

 昨日は午後から、今日と明日開かれる第9回地域教育実践交流集会の準備のため、国立大洲青少年交流の家へ出かけました。全体会場の260席もの椅子並べや、15部屋の分科会場の準備は大変で、仕事で来れない実行委員さんも多いことから、毎年下働きをしてくれる人たち7~8人で大忙しでしたが、午後4時頃何とか準備を終え、今日の簡単な打ち合わせをして会場を後にしました。

夕日とパラグライダーのコラボレーション

夕日とパラグライダーのコラボレーション

 私は高速を使わず大洲から肱川沿いを長浜まで出て、海岸国道378号夕やけこやけラインを走って帰路につきました。長浜に出た頃車のバックミラーに綺麗な夕景が見えました。「ひょっとしたら見えるかも~」と淡い期待を抱きながら、何とか夕日がしずむ前に道の駅シーサイドに辿り着きました。東側駐車場に車を止め海岸に出ると、パラグライダー代表の高木さんにバッタリ出会いました。

まるでローソクのようなモニュメントに乗った夕日

まるでローソクのようなモニュメントに乗った夕日

 高木さんは手持ちの無線機で上空のパラグライダーの着地を誘導している途中だったので、一緒に空を仰ぎながらパラグライダーと夕日のコラボレーションを写真に納めました。腕が悪いのでいい写真は撮れませんでしたが、思いがけない場面に出くわせラッキーでした。昨日は風もなく穏やかな初冬の一日を象徴するような美しい夕日でした。帰り際下灘駅から見える夕日を見ようと大型バスが2台止まって、お客さんが続々と歩いて下灘駅を目指していましたが、今の時期は夕日が西の端にしずむので、残念ながら駅のプラットホームから夕日は見えないのです。

 

最後まで見届けました

最後まで見届けました

 夕日に思いを寄せて40年、どれほどの夕日を、どれほどの想いで見てきたことでしょう。砂浜を走ったり、階段式護岸を下りたり上ったりしながら昨日も何枚か写真を撮り、目と心に夕日を残像として残すことができました。私にとって夕日は今日の反省であり、明くる日の活力となるエネルギーのような存在です。これからも夕日にエネルギーを貰い、しっかりと生きて行こうと西の水平線にしずむ夕日に両手を合わせ、敬虔な祈りを捧げました。

  「ひょっとして 夕日が見える かもし れない はやる心で 国道走る」

  「上空に パラグライダー 飛来して 夕日とコラボ 写真に収め」

  「綺麗だね 日本一だと 手前味噌 オンリーワンの 夕日を自慢」

  「ラッキーな 一日でした 夕日見え 両手を合わせ 感謝の祈り」

 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇孫のマラソン大会

 昨日は孫2人が通う由並小学校のマラソン大会でした。これまでは1月の厳寒期にやっていましたが、雪や強風が吹く中でのマラソンは大変と、今年は11月末に変更したそうです。ところがところがです。今年は例年より早くインフルエンザが流行し、小学校3年の孫希心はインフルエンザにかかり、自宅で静養中とあって、一年生の孫奏心だけの出場となりましたが、今年はスケジュールも空いていたので、午前10時20分のスタートまでに学校の運動場へ応援に出かけました。

スタートダッシュは一番だった孫のマラソン大会

スタートダッシュは一番だった孫のマラソン大会

 昨日の朝自宅を出る孫と色々と話しました。運動会も私と話してかけっこで1等になったので、孫も私の注意を良く聞いて出かけました。ただ今回孫から私への注文は、「余り大きな声で応援されるとプレッシャーになるので、少し小さな声で・・・・」と、こっちも応援の練習までさせられました。小学校1年生の孫が「プレッシャー」などという英語を知って使うことに驚きながら、その通りにしようと少し遠目に見える場所に陣取り、スタートを待ちました。由並小学校は生徒数が少ない小規模校なので1年生と2年生が一緒に走るので、1年生にとって上位入賞は、孫が言うようにそれこそプレッシャーなのです。

 スタートのピストルがなり運動場を一周して子どもたちは元気に西門から校外へ出て走ったようですが、孫奏心は私の忠告どおりスタートダッシュして一番で校外へ出て行きましたが、そのうち次々にランナーが帰っても、孫の姿は見えませんでした。結果は全体で中ほどの順番で帰って来ました。体育館で着替えインフルエンザ対策でマスクをして出て来た孫に、「良く頑張って最後まで走ったね」と声を掛けると、孫奏心は余程悔しかったのか、目に一杯涙を溜めて押し殺したように泣いていました。練習ではいつも上位にいただけに、孫の悔しい気持が痛いほど伝わってきました。昨夜孫と少し話をして労うと、「来年はもっと練習して頑張る」と、リベンジを誓っていました。昨日は気温は高かったものの、北西の向い風が強い一日でしたが、心配した雨も上がっていいマラソン大会日和でした。

  「大声で 応援しないで 小声でね!! 孫に言われ マラソン応援」

  「自信あり スタートダッシュ 一番で ところが何故か 順番真中」

  「最後まで よくぞ走った 諦めず 声を掛けると 半泣きになる」

  「来年は もっと頑張る いう孫の 頭を撫でて 労をねぎらう」

 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇庭のモミジが紅葉しました

 わが家は少し海から奥まった所にあるものの、海から谷に向って吹き込む海風は年中強く、そのため庭に植えているモミジ等は、強い木枯らしにあおられて一日で葉っぱを落としてしまうのです。ゆえに秋の紅葉は望むべきもありませんが、今年はどういう訳かまだそれ程大風が吹かなかったため、裏庭に植えているモミジがそれなりに紅葉して葉も落ちず、毎朝ダイニングで食事をしながら妻と2人で、秋の風情を楽しんでいます。

dscn5529dscn5530 これらのモミジは私がまだ若い頃どこかに山登りした時、足元のコケの上に芽生えていたマッチ棒ほどの小さな苗を持ち帰り、畑の隅に植えたもので、その後適地を得たモミジはスクスクと成長し、毎年丸く葉刈りをして徒長を押えているため、私が手塩にかけて育てた自慢の一品に仕上がっています。モミジは春先の芽立ちや、夏の濃い緑、それに葉っぱを落とした冬木立と、季節感を存分に楽しませてくれていますが、やはりモミジ=紅葉でしょうか。

 昨年の冬このモミジに雪が積もりました。私たちの地方は暖地ゆえ雪が積もることは滅多にありませんが、それはいい風情でした。多分写真を撮ったと思って、昨年のブログや当時の写真を捜して見ましたが、のふぞうゆえに見つけることは出来ませんでした。今朝は雨に塗れしっとりとした色合いでした。雨が上がるとそろそろ寒い北西の季節風が吹き、この紅葉したモミジもあと2~3日が見納めです。しっかりと目に焼き付けておきたいと思います。

  「マッチ棒 程の小さな 山モミジ いつの間にやら こんなに立派」

  「今年は 裏庭モミジ 紅葉し 食事しながら 窓越し風情」

  「ああ綺麗 これぞ日本の 秋ですと 2人で紅葉 楽しみながら」

  「このモミジ 芽立ち新緑 冬木立 わが家の庭で 四季を演出」

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇養蜂はこれから暫くシーズンオフです

 春先に巣箱に蜜蝋を塗ったり、巣箱の前にキンリョウヘンを置いたり、また蜂蜜を採集したりと、あれやこれや忙しい日々を過ごしてきましたが、さすがにミツバチの動かないこの時期になると養蜂もシーズンオフで、すっかり手持ち無沙汰となりました。毎年のことながら冬越しをするミツバチの数は少なく、今年も家の裏1箱、人間牧場1箱のみなので時たま見回って、巣箱の底板に溜まった老廃物にスムシが発生するので、掃除をする程度しか作業はないのですが、冬の間に空き部屋となった巣箱を修理したり、新しい巣箱を作ったりする作業もそろそろ始めなければなりません。

防虫ネットを被って巣箱の掃除

防虫ネットを被って巣箱の掃除

デジカメで捉えた巣箱の中の蜜蜂たち

デジカメで捉えた巣箱の中の蜜蜂たち

 息子は私が今年採集した20本の蜂蜜を順次ステンレス製のパレットに移し、家庭用サウナに持ち込んで低温温度を加え、水分を蒸発させて83パーセントまで高め、越器で花粉や不純物を越して順次瓶詰めにしているようですが、中々の凝り性でのんびりゆっくりやっているようです。それでも先日今年の蜂蜜を約半分ほど瓶詰めしたと、発泡スチロールの箱に入れてわが書斎まで運んでくれました。今年から瓶詰めして蓋をきつく閉めビニール封印に、油性マジックで「2016」と製造年号を書いています。蜂蜜は花粉や不純物を取り純度を高めるというきちんとした処理さえすれば発酵することもなく保存が効き、消費期限はないのです。

息子が瓶詰め下今年の蜂蜜

息子が瓶詰め下今年の蜂蜜

 私は早速中小の小瓶に瓶詰めされた蜂蜜を、お世話になった方々にお裾分けしています。昨日も今週末に予定されている地域教育実践交流集会の参加者に配る商品をいただくため、ギノー味噌の本社を訪れた折、ささやかながら心をこめた手土産のつもりで持参しました。ミツバチが花から花へと飛びながら、一匹が汗して運ぶ蜂蜜は僅かに小さじ一杯足らずだと聞き及んでいます。ましてや蜜蜂に刺されないよう注意を払いながら採集した蜂蜜は、それ相当の価値があると、手前味噌ならぬ手前蜂蜜で、自分ではそう思っています。今年は大事に育てている日本ラン・キンリョウヘンを、ビニールハウスに入れて冬越しさせようと準備を進めています。

  「養蜂は 今がシーズン オフなれど あれやこれやと 雑事多くて」

  「わが息子 こだわりながら 蜂蜜を 精製瓶詰め 年号書いて」

  「一匹の 働き蜂が 運ぶ量 僅かスプーン 一杯だそう」

  「瓶詰めの 蜂蜜手土産 持参する ささやかながら 思いを込めて」

 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇名脇役

 日増しに寒さが増してきました。暑い夏には冬がいいと思いつつ、寒い冬になるとやはり夏がいいと思うのは人間の身勝手でしょうが、年齢を重ねるとやはり寒さは身に堪え、ついつい厚着をしたり身体を動かすことが億劫になりがちです。この時期になると畑に植えた大根を食べる機会が、俄然多くなりました。一昨日の朝は大根葉のスムージーを飲み、夜は大根をおでんに煮て、大根サラダまで食卓に上りました。

今が旬の大根畑

今が旬の大根畑

 時々妻に付き添ってスーパーに立ち寄りますが、私は自分で殆ど買い物をしないため買い物はもっぱら妻に任せ、店内をウロウロして野菜や果物の値段を見て回りますが、今年の冬は野菜が品薄で、自宅菜園で作っているので買いはしないものの、白菜は一個が500円、大根も1本200円と結構お高いようで、ふんだんに無農薬の安心安全な野菜が食べれる幸せを噛みしめています。

 今年は種を播いたり発芽するころ晩夏日照り、初秋長雨と天候異変が続き、わが家の菜園でも加えて害虫が異常発生して相当のダメージを受けました。大根も発芽はしたものの害虫に食われたり、度重なる台風の大風で吹飛ばされたりして心配をしましたが、その後どうにか持ち直し、まあ豊作ではないもののそれなりに出来上がっています。ゆえに大根は主役ではないものの名脇役として、その存在感を示していて、連日美味しくいただいています。そろそろ大根を抜いて水洗いし、干して沢庵をつけようかと思っています。

  「昔から 大根役者と いうけれど 名脇役で 食卓賑わう」

  「冬寒く なると食卓 あれやこれ 大根美味い 味を楽しむ」

  「今年は 天候不順 世は不作 わが家何とか それなり出来た」

  「おでんダネ 一番先に 大根を フーフー言いつ お味噌をつけて」 

 

 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから
« Older