人間牧場

〇窓の灯りの温かさ

 わが家は田舎ゆえ、広い敷地にこれまた広い古民家風の木造の日本家屋を建てて住んでいます。本宅の横にはこれまた古民家風の日本家屋が建てられていて、7年前まで親父が住んでいましたが今は空き家で、私がゲストハウスとして使っています。こんな広い敷地の広い本宅に私たち夫婦2人と、息子夫婦と孫4人の合計6人が住んでいるのですから贅沢です。

暗闇に見えるわが家の灯りは温かい

 息子たち4人は1階の広いダイニングと2階の4部屋を使って暮らしています。この夏孫たちが小6・中2と大きくなったため、2人にそれぞれ個別の部屋が与えられました。孫たちの勉強部屋は特に設けず、1階のダイニングの隅に学校から廃棄処分となったスチール製の机と椅子を貰い受け、宿題などの勉強をしていますが、故なるか2人とも成績は親に似てそれなりのようです。

 昨日あたりが暗くなった夕暮れ時、家の下の道からわが家を見ると、孫たちがいると思われる2階の部屋に明かりが灯り、サッシ窓の向こうに明かりに照らされた障子窓が映って見え、人のぬくもりを感じました。最近わが町でもあちこちに空き地空き家が目立つようになりました。人の進入を拒むように空き地には雑草が生え、空き家には明かりも人の気配もなく、寂しい限りです。

 このまま人口が減り続けると、閉校閉園となった学校や保育所なども加わって、町はゴーストタウンになるかも知れないと、打つ手もなく住む人の目途も立たない現状に寂しさがつのります。SDGsでは持続可能な社会の実現を17の目標を立てて25年後を目指していますが、一番肝心な足元の持続可能性が危うくなりつつあるようです。

「下の道 見上げた先の 暗闇に わが家の窓に 明かりが灯る」
「最近は 空き地雑草 人拒む 空き家に人の 気配も見えず」
「最近は SDGs よく耳に するが足元 持続危ない」
「妙案も なすすべもなく 朽ち果てる 公共施設 ゴーストタウン」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇一番風呂の思い出

私が子どもの頃のわが家では、家の中で一番偉いのは戸長である父親でした。ゆえに暮らしの中心は親父で、私たち家族は何の疑いもなく親父の言うことに従って暮らしていました。食事で座る親父の場所には、いつも少し分厚い座布団が敷かれ、家族みんながちゃぶ台を囲む食事時、母親はご飯をよそう時も、まず神様や仏様に備えた後、晩酌を終えてご飯を食べる父親の茶碗にほんの少しだけよそい、それから家族の分をつぎ分けていました。子ども心に「親父は偉い」と思いました。

 風呂も当然親父が一番風呂で、その後家族が順番に入り、終い風呂は母親で、風呂から出るとそのままふろの残り湯で洗濯をしていました。いつかは「一番風呂に入れるようになりたい」何て、馬鹿なことを考えていましたが、長男夫婦と二人の孫、それに私たち夫婦の今時珍しい6人の大家族のわが家での風呂に入る順番は、先ず早く寝る小6と中2の孫たちが一番風呂で、その次が息子、若嫁、そして偉いはず?の戸長である私が入り、最後の終い風呂は今も昔も変わらず戸長妻の順となっています。

 時折野良仕事や魚の粗調理をした時などは、早目に風呂をためてもらい私が一番風呂に入りますが、五番目に風呂の順番が落ちても、私に対する家族の敬愛心は変わらず、良き家族関係を保っています。私は子どもの頃親父から「風呂焚き大将」に任命されました。薪を焚いて沸かす五右衛門風呂でしたが、野良作業や漁を終えて帰った親父が、私の沸かした風呂に浸かりながら歌う、浪花節のような曲を窓越しに何度も聞きました。風呂から上がった親父が「お前が沸かしてくれたお湯はいい湯だった」と頭を撫でてくれました。その親父も7年前97歳で亡くなりました。よき時代の一番風呂の思い出です。

「子ども頃 何でも親父 一番で 暮らしていたが 今は違って」
「わが家では 昔は親父 今は孫 一番風呂の 順番変る」
「いつの間に 私の順番 5番目に 変ったけれど それもまたよし」
「変わらずは 妻の終い湯 すまないと 思いながらも 黙認の日々」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇早起きは三文の得

 私は家にいると殆ど毎日、朝4時に起床します。「歳をとったら朝が早い」と言われますが決してそうではなく、若い頃からこの習慣は続いていて、そのお陰で現職の頃退職するまで、自分が整備に関わったふたみシーサイド公園の海岸清掃を、午前5時から毎朝出勤するまでの3時間、何と12年間もやったのですから驚きです。お陰様でその何でもないような功績が認められ、国土交通省の観光カリスマ百選に選ばれました。まさに「早起きは三文の得」でした。

 私は毎朝午前4時に起きると自分の書斎に入り、パソコンの置かれた机に向かって座り、アメーバブログ「shin-1さんの日記」と、Wordpressブログ「人間牧場」というブログ記事を2本書いています。退職して間もなく始めたので、これももう17年間も続いている活動です。それまでは下手糞ながら手書き文字の日記を書いていましたが、パソコンの優れた記憶装置に魅せられて、今では日々の暮らしの一部として、ある意味楽しくやっています。

 しかしパソコンを学校で習っていない世代の私にとって、パソコン操作は難解で、時々故障したりして書けなくなったりします。先日も突然画面操作ができなくなりました。パソコントラブルは私の幼稚な知識では治しようがなく、その都度大学の先生をしている娘婿に助け舟を出してもらい、遠隔操作で治してもらい、やっとの思いで一昨日復旧しました。2本のブログを書き終わると私は毎日午前6時に一万歩を目指しているウォーキングに出かけます。夜明けが遅くなったこの頃の家を出る朝6時はまだ暗くて、懐中電灯を持って、足元を照らしながら歩きます。

 午前7時にウォーキングから帰ると、キッチンで新聞を読みながら朝食です。何気ないブログ書きとウォーキングに費やする毎朝の3時間は、私の脳力を磨き体力を保持するための修行でもあるのです。かつて存命だったころ親交のあった永六輔さんは、私のこの生活習慣を見て、「早起きは三文の得は禅の修行に似ているので是非続けなさい」と激励してくれました。人間は自分というもう一人の人間と対話しながら生きています。ブログ書きは脳(一文)を、ウォーキングは体(一文)をそれぞれ鍛え、自分を強くします。もう(一文)を加えればまさに「早起きは三文の得」なのです。(もう一文は時間軸で三文です)

「漁師した 習慣身につき 早起きに 毎朝4時に 起床の癖が」
「人様が 寝ている間に 一仕事 脳と体と 時間を使い」
「早起きは 三文の得 禅修行 脳と体を 元気にしてる」
「さあ今日も ファイトで行こう リポビタン まるでCM 面白一日」

 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇妻に付き添われ病院へ

 尿トラブルの原因が前立腺肥大だと分かり、泌尿器病院の紹介状を持って日赤松山病院へ通院するようになり、先日MRIという大きな機械で体のX線検査や血液、尿、心電図などの総合検査を受けました。12月に入院・手術を予定している準備の事前データー検査なので、その結果を家族である妻にも説明する必要があるので、同伴するよう医師から言われ、昨日は朝早くから出かけて行きました。

病院の待合室にて

 9時30分からの予約でしたが、寒くなったこの時期の病院は患者さんが多く、新しくできた4階建ての立体駐車場は既に満車状態で、私たちの車は最上階の屋上まで上がりました。再来患者用の機械で受付を済ませ、前回と同じ受付で諸々を聞き、待合室で妻と二人で待ちましたが、予約を取っているにもかかわらず肝機能検査結果の診察は初診ということで待たされ、手術担当医の部屋で医師の説明を受けたのは12時ころとなりました。

 運よくこの病院で感染症看護師として勤めている次男がやって来て、色々と相談に乗ってくれ、説明にも同伴してくれました。入院12月22日、手術23日午後というスケジュールが決まりました。4月15日に入院、16日に左足外反母趾の手術をしているので、今年はまるで厄年のように2回目の入院手術となりそうで、「あ~あ~」といった感じです。正月に退院して自宅に帰れるかどうか?、それでも年内に方がつきそうなのでやれやれです。病院では同じフロアーで懇意なS先生や近所に住むKさんにも出会い、お互いの病気の難儀話に花を咲かせました。

「付き添いを 妻に頼んで 病院へ 半日待たされ 傷心面持ち」
「あれやこれ 説明受けて 入院と 手術の準備 今年2回目」
「病院の 待合室は 超満員 顔見知りいて 難儀話を」
「私より 妻の心配 大きそう 感謝の気持ち お忘れなきよう」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

◯二宮金次郎像の台座作り

 私が人間牧場で主宰している年輪塾で二宮金次郎の学習を2年間しました。そんなことを知った長年親交のある愛媛大学名誉教授の讃岐先生から、高さ30cm程の小さな二宮金次郎の銅像をいただきました。以来この銅像をまるで同行二人のように持ち歩いて、尊徳の教えをお話しています。

 いつもエコバッグに中国の古書「大学」と一緒に入れているため、二宮金次郎像を粗末に扱うような気分になり、何とか使わない時は定位置に置きたいと思い、木製の台座を作ることを思いつきました。ヒノキの切れ端丸太を半分に切って、下半分を丸木舟展示に使っているため、残り上半分を使うことにしました。

 先日ネットで買った木材専用のグラインダーで丸太の表面を削り、何度も銅像を乗せて修正し、2時間ほどで仕上げました。我ながら上出来だと自己満足し、出来た台座とともに海の資料館海舟館に置きました。これからは今まで通り持ち歩きますが、日常はこの台座の上に安置し大事にしたいと思っています。

「大学の 懇意な教授 頂いた 金次郎像 同行二人」

「エコバック もっと大事に するべきと 台座制作 丸太使って」

「2時間を かけて作った 台座でき 満足しつつ 資料館置く」

「不器用を 自認の私 故なるか これから先は 尊徳話」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇私の借景本尊山

何処までも抜けるような明るい青空に白い雲が流れて行きます

 わが家の目の前にそびえる町のシンボル本尊山周辺は、急峻な地形のため里山なのに人工造林ができず自然林のままで、この山周辺を借景と勝手に思い込んでいる私としては、春夏秋冬それぞれに季節の移ろいを感じることがき、一年中毎日のように風流を楽しんでいます。

真っ赤なハゼモミジに変って今はクヌギの木の黄葉が山全体を覆います

 春になると木々の芽吹きと共に山桜が咲き、夏は深い緑に覆われます。また秋の頃ごろには真っ赤なハゼモミジや黄葉とでも言うべきクヌギの木々の紅葉が山全体を覆い、夕日に染まった景色はまさに絵になる光景です。

昨日の夕日は綺麗で、本尊山も真っ赤に染まりました

 昨日は昼間の少し強かった風も夕方収まり、綺麗な夕日が西の山の端に沈みました。運よく大洲方面へ所用で出かけた帰り道、沢山の人で賑わうJR下灘駅のプラットホームを見上げながら通過し、シーサイド公園に立寄って、この夕日夕焼けを写真に納まることができましたが、新型コロナの感染も落ち着いているため、シーサイド公園には沢山の人が見事な夕日を眺めていました。

 この歳になっても毎日忙しい日々を過ごしている私にとって、自分の住んでいるふるさとの景色を楽しむ余裕など余りありませんが、この町を少しでも良くしていく努力はこれからもしなければならないと、肝に銘じています。①楽しい、②新しい、③美しいは私のまちづくりのキーワードです。

「朝夕な 毎日見ている 本尊山 私の借景 今頃黄葉」

「楽しいと 新しさ加え 美しい 3つ私の キーワードです」

「JR 下灘駅や シーサイド 人が沢山 交流人口」

「あれこれと やりたいことが あり過ぎる まままだこれから 死ぬる訳には」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇通学合宿夕焼け村

 昨年は新型コロナの感染拡大で通学合宿夕焼け村は中止に追い込まれました。今年も計画はしたものその余波で、夏休み明け実施の当初計画は延期となっていましたが、コロナも第6派が心配されているものの感染者数が減少して集会開催条件が緩和され、やっとの思いで今週一週間の開催に漕ぎつけることができました。

夕日鑑賞会
一週間の食事献立表
美味しい食事

 他市町の通学合宿は早々と中止を決めていたので、恐らく県内では双海町だけの開催になったのではないかと思われます。例年だと小学校4年生から6年生までを対象とするのですが、今年度は参加者のディスタンスも考慮して6年生のみの募集実施となりました。これまで実施した20回の中で6年生だけでの実施も初めてで、6年生は修学旅行も少年自然の家も小規模校ばかりなので、町内3校連合が板に着いていて、仲間づくりの苦労もなくプログラムが進行しているようです。

 11月20日に開講したその日の夕方、私も夕日の講話をする予定が組まれていましたが、あいにくその日は私が代表を務める地域教育実践ネットワークえひめの第5回実行委員会が国立青少年交流の家であって出かけなければならず、23日の祭日に変更してもらい、県民文化祭の連句大会で講演をした後トンボ帰りしてその役目を果たしました。この日は小雨ぱらつくあいにくの天気でしたが、幸運にも風の強さも手伝って西の空の雲が途切れ、綺麗な輝く夕日夕焼けを見ることができてラッキーでした。

 この日の夕食はスパゲティ料理で、私もご相伴にあずかり皆さんと共に食事をすることができました。更生保護女性会や婦人会の皆さんが今年も食事作りを担当してくれ、子どもたちも一緒になって美味しい夕食でした。宿泊施設の潮風ふれあいの館はクリスマスのデスプレイが綺麗で、とてもいい雰囲気でした。

「今年も コロナに翻弄 されたけど 何とか開催 ホッと一息」

「6年生 ラストチャンスに 間に合った 幸運ゆえに みんな楽しく」

「小雨降る それでも夕日 顔を出す みんな感動 大きな拍手」

「それぞれの 人がそれぞれ 役割を こなしてくれて 有難きかな」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇県民総合文化祭連句大会に招かれました

 今年の2月15日、宇和島水産高校の大先輩であった玉井恭介さんのたっての願いが実現し、私設公民館煙会所にて吟行会が開かれました。その折、玉井さん「秋の頃には人間牧場にて吟行会を開きたい」、私「いつでもどうぞ」と約束をしていましたが、残念ながらその約束主の玉井さんは3月に急逝してしまいました。故人との約束なのでしっかり守るべく残暑の残る10月9日に人間牧場にて吟行会を開きました。

県民総合文化祭連句大会開会式

 そんなこんなのいきさつで知り合った久翠さんのご推挙もあって、県民総合文化祭連句大会の講演を引き受ける羽目となり昨日の午前、中愛媛県県民文化会館で開かれた大会に出かけました。集まった文芸に秀でた文化度の高い人に比べればはるかに劣る私ゆえ、「何を話そうか?」思いつつあっという間にその日を迎えてしまいましたが、生来のネアカゆえ思いつくまま90分ほど、用意したパワーポイントを見せながらお話をしました。

 会場には同じ夢工房仲間の平井さんや原田さんもいて、特に平井さんはこの日の司会を取り仕切っていてびっくりしました。また今は廃業していますが、かつて若い頃行きつけだった割烹「いよじ」のおかみさんも講演を聴きに来てくれていて、何とも面映ゆい感じがしました。昨日は大会の様子を愛媛CATVが取材に来ていて、恥ずかしながら講演後も何かと補助取材を受けました。

 この日大西会長さんから、石打句会報10月号の抜粋A4半折4ページの「吟行句会・双海町『人間牧場』という、人間牧場で開いた吟行句会の資料をいただきました。さすがに素晴らしい内容でした。

「過去2回 わが施設にて 吟行会 やったご縁で 大会招かれ」

「会場に 親友馴染みの 人ありて 面映ゆい感じで 話し始める」

「文芸に 秀でた人の 集まりは 格式高く 少し難題」

「いただいた 会報抜粋 記事を読む 過去の出来事 振り返りつつ」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇パソコンとタブレットの相性

 毎日休むことなく2本のFaceBook を書いている私にとって、パソコンやタブレットは今や生活の一部といっても過言ではなく、殆ど無言で対応しているものの、不足を言えば罰が当たるような相手なのですが、向き合って操作する私が早とちりや気短なため、時々私のいうことを聞かなくなることがあります。

バックアップ不能となったパソコンもそのご無事復旧

 一昨日はタブレットで撮った写真のバックアップ機能が、エンストを起こして言うことを聞かなくなってしまいました。私はパソコンやタブレット操作が苦手で、トラブルが起きると完全にお手上げなのです。こんな場合は同居をしている息子に助け船を求めるのですが、息子も仕事が忙しく土日も地域づくりに関わっているため忙しそうで、治してくれるタイミングがずれるとイライラを繰り返しています。

 それでも昨日修理をしてくれ、やっとバックアップ機能が復活しました。パソコンも中に蓄積した容量の重みで立ち上がるのに時間がかかるようになっていて、そろそろ限界に近づいるようです。日々変わる天気と一緒で、私の気分をあざ笑うように、自分の主張を貫こうとするデジタル機材は一番身近な相棒であると同時に、一番嫌な相手でもあるのです。

 毎朝4時過ぎに起き、パソコンに向かって思いついたことを文字に起こして文章を作り、それを人工知能とでも言うべきパソコンは記憶蓄積しているのですから、凡人の私の頭など到底及ばない凄い記憶力なのです。感心しながら敬愛し、時には言うことを聞かないことにいら立ちながら日々を過ごしています。

「タブレット 撮った写真が バックアップ できなくなって 息子の出番」

「わが息子 親よりましゆえ あれこれと 教えてもらい 修理修繕」

「パソコンと タブレットなし 生きられぬ 少しオ―バー 相棒褒める」

「記憶力 記憶の量は 凄過ぎる 人工知能 誰が発明?」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇夕焼け村始まる

 双海町に住む子どもたちは小学4年生になったら通学合宿「夕焼け村」に参加できることを楽しみにしていますが、新型コロナの影響で昨年は夕焼け村そのものが中止になりました。今年も夏休みの終わりに計画していたものの、新型コロナの感染が止まらず延期になっていました。ここに来てその勢いも収まり規制が緩められ開催が可能となったため、昨日から1週間の予定で小学6年生だけを対象に開催することになりました。

孫奏心の荷物

 わが家にも小学6年生の孫奏心がいますが、参加申し込みをしたため数日前から母親と2人で持って行く荷物の準備をしていました。宿泊施設ふれあいの館と学校を往復して、一週間家庭に帰らないため、学校の勉強道具に加え、着替えなどの生活用品となるとかなりの量になり、まるで夜逃げでもするような荷物の多さに、家族全員が大笑いしながら見送りました。私も初日に夕日の講話などの一翼を担う予定でしたが、昨日は大洲での実行委員会と重なったため、明日に変更してもらいました。

 昨日大洲での実行委員会を終えて帰宅途中、中尾先生と二人で様子を見に伺いましたが、みんな楽しそうに班別会議をやっていました。宿舎となるふれあいの館の和室はまるで野戦病院ではないかと思われるほど透明なビニールシートで区分され、あえて実施に踏み切った苦労の後が垣間見えました。県内他の通学合宿は軒並み2年連続中止となっているようで、多分実施するのは双海だけではないかと思われます。

 今日は久しぶりに朝から雨が降っています。荒れた天気になると予報では沿岸地域に強風波浪注意報が出ていますが、雨もまた良し風も経験です。様々な経験を積んで子どもたちはまた一つ大きく成長することでしょう。わが家の中2の孫希心は、先日弟が修学旅行に出かけたと同じように今回は少し長めの1週間も、「一人っ子」になると口では嬉しそなことを言っていますが、やはり日常と勝手が違って少し寂しそうです。これもまた家族の経験です。

「昨年に 続き今年も 中止かも 思っていたが 規制緩和で」

「よしやろう みんなが一致 団結し 夕焼け村が 始まりました」

「今年は 6年生だけ 対象に 1週間の 合宿訓練」

「いつもいる 家族が一人 いなくなる 寂しい限り これも目的」

[ この記事をシェアする ]