人間牧場

〇鱧の骨切り

 昨日の夕方食事を終えて一段落していると、下灘の親類漁師さんから「魚を取りに来ないか」と電話が入りました。早速車を走らせ出かけて、発泡スチロールのトロ箱に氷を入れた魚を貰い、戻って妻の割烹着を着けたり、包丁を研いだりして準備をし、格闘と相成りました。昨日いただいた魚種の殆どは鱧でした。

鱧の骨切り

 腕首ほどの鱧が20匹余りなので、いつものように新しい軍手を左手にはめて、要領よく捌きました。私は背開きが得意なので、千枚通しを目頭に打ち込んで少し長めのまな板の上で三枚におろし、頭や内臓を取り除いて包丁でぬめりをこさげ、氷水の中へどんどん投入しました。

まな板の上の鱧

 かなり時間はかかりましたが、まあ昨日の包丁捌きの自己採点は95点といったところでした。鱧は小骨が多く厄介な魚です。氷水と流水で綺麗にぬめりを取ってから、よく切れる包丁で骨切りを始めました。包丁を入れ過ぎると切れてしまうので、ここからが腕の見せ所でしょうが、自己採点85点の腕前で時々切り過ぎ部分もありました。

 約2時間の格闘の末タッパー2つに鱧の骨切り完成です。妻はタッパーの上にラップをかけて冷蔵庫に収納してくれました。今日は知人友人にお裾分けしなければなりませんが、夕食は鱧の湯晒しに鱧の天ぷらと鱧三昧の楽しみが待っています。これから当分は鱧をいただく機会が多くなりますが、嫌がらず冷凍もして鱧を味噌汁具材としても活用する予定です。

  「夕食後 親類漁師の 叔父さんに 鱧をいただき 早速格闘」

  「軍手はめ 右手包丁 背開きに 氷水つけ 鮮度落さず」

  「慣れたもの 鱧の骨切り リズミカル 時々失敗 切り過ぎ悔いる」

  「今晩は 鱧三昧の 料理だと 今から楽しみ 妻もその気で」

Posted in 人間牧場 | コメント数 2