人間牧場

〇蜂に追っかけられて4ヶ所も刺されました

 昨日の夕方、外出から帰ると着替えて畑に出ました。毎日目標にしている1万歩も既に歩いて達成しているので、草刈り機で雑な剪定をした畑の隅に植えているツツジに、ツルが絡まっているのを見つけ取り始めました。20本ほど取ったころ、いきなりツツジの中から蜂が沢山飛び出しました。「しまった」と思ったのも束の間、その蜂が私目がけて襲いかかって来ました。

刺された箇所にヒエピタを貼って冷やしました

 手で振り払い落としながら必死の思いで逃げましたが、蜂もさるもの、逃げる私を目がけて首筋一刺し、頭に一刺しまた一刺し、結局4ヶ所も刺されました。先週も倉庫の中で目頭を一刺し刺されて顔が変形するほどの難儀に見舞われましたが、刺された場所こそ違え今度は4ヶ所なのです。妻に声を掛けて赤蕗の汁を患部に塗ってもらい、さらには鬼北の久保さんがfacebookで「ガソリンを塗るのがいい」と書き込んで教えてくれていたので、藁をもすがる気持で塗りました。

 「病院へ行った方がいい」という妻の勧めを聴き入れ、下灘診療所の先生に電話を入れると、「直ぐに来なさい」とのことで、妻に運転してもらい診療所の先生に診てもらいました。するとわき腹付近で何やらゴソゴソするのです。妻と先生がシャツを上げると、何と何と大きなスズメ蜂一匹いるではありませんか。さあそれからが大変です。刺されないよう蜂を捕ろうとするのですが、蜂もさる者でしがみついて離れようとしないのです。

 外に出て服を脱いで裸になり、払い落として踏み潰しましたが、「長い間医者をしているが、刺された蜂を病院まで連れて来たのはあんたが初めてです」と、大笑いしながら刺された場所に麻酔薬を注射したり、塗り薬を塗って薬を処方してもらいました。これまでの経験だと明くる日私の首から上は腫れ上がって醜いアヒルの子になっているであろうと思いながら、妻にヒエピタなどを患部に貼ってもらい、多少の痛みも和らぎ疲れて眠ってしまいました。

 それがどうでしょう。今朝は傷みも消えたどころか、腫れも殆どなく美男子の顔は現状のままでした。診療所の先生の処置が良かったのか、妻の赤蕗汁が良かったのか、久保さんのガソリンが良かったのか、はたまた私の体内に度重なる刺し毒で蜂抵抗力がついたのか知るよしもありませんが、不幸中の幸いを喜んでいます。心配した妻からは、「今度刺されたら死ぬかも知れない」と脅されています。拳拳服膺刺されないようにしないと・・・。

  「今年は 既に3回 蜂ムカデ 刺され受難の 日々が続いて」

  「知らんのか 『わしは若松』 叫んでも 蜂の世界じゃ それがどうした」

  「首筋と 頭3ヶ所 追いかけて 刺すとは執念 大したものだ」

  「蜂連れて 診察伺う 診療所 あんたは絵になる 医者に誉められ」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇忙しくも寂しい一日

 昨日の午後3時頃、講演先の特別養護老人ホーム和光苑で、講演を終えて玄関先に出た途端、ズボンのポケットに入れた携帯電話のマナーモードバイブが電話着信を知らせました。急いで電話に出ると弟から訃報の知らせでした。話には聞いていましたが妹の嫁ぎ先からお嫁に行っている、お姉さんの夫が亡くなったとのことでした。とりあえず和光苑を出て近くの広場に車を止め、最近女の赤ちゃんが生まれた次男の家に出かけている妻に電話し、通夜や葬儀の段取りを聞きました。

 実は明くる日の今日は12時から、最近自宅を新築した長女の家で、落成祝賀会を予定していて、葬儀とダブってしまうので、何はともあれ通夜に出かけることになり、自宅に帰って妻の喪服と私の喪服を車に積んで、再び松山の次男の家で落ち合うべく出かけましたが、かなり激しく雨が降り始め、松山までの道は渋滞気味で腕時計を見ながらはやる気持ちを抑えながら走りました。通夜開始の時間が迫る中、20分前に次男の家に到着し、夫婦で着替え松山市の寺田葬儀場光輪閣へ5分前に到着するという慌しさでした。

 席に加わりお坊さんの枕経を聞いたり焼香を済ませ、眠るような故人と面会し涙を誘われました。聞けば最近肝機能障害で入退院を繰り返していたようですが、最近黄疸症状が出て治療の甲斐もなくあの世に旅立ったようでした。故人は120年続く船具店の3代目として三津浜で商売をしていましたが、故人亡き後は子どもも跡を継いでおらず廃業するようでした。少し早い75年の生涯でした。合掌。

  「出先まで 訃報届いて あれこれと 急ぐ心に 交通渋滞」

  「とりあえず お通夜間に合い 枕経 聴きつ遺体を まざまざ見つめ」

  「75歳 少し早いぞ あの世行き いよいよ俺の 番が近付く」

  「降り出した 雨も何だか 涙色 悲しい別れ 次から次へ」

 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇水道修理

 わが家は田舎だし、家庭菜園や人間牧場で百姓まがいのことを色々やって暮らしを楽しんでいます。百のことができなければ、百姓を名乗ることはできないと、何年か前聞いたことがあります。にわか百姓で百姓まがいの私には、百のことなど到底できそうにありませんが、それでも石垣を積んで土木作業をしてみたり、親父が生前長年にわたってやってくれていた、家の周辺の傷んだ箇所の細々を不器用ながら手直しして楽しんでいます。

 一週間前、庭の井戸から畑の散水用に水道を引っ張っていますが、その一つに水漏れが生じ、エスロンパイプの継ぎ手やホースを使って修理しました。井戸の元栓をを閉め、揚水ポンプの電源を落として修理をはじめました。漏水ヵ所を鋸で切り詰め、つなぎ合わせるのですが、最初はパイプ内に残った水が乾かず、乾いた布切れで拭き取り、接着剤を万遍に塗って接続し、半日ほどそのままで乾燥させ、蛇口周辺を立ち上げているステンレスパイプに針金で固定し、修理を終えました。

 夕方ポンプのスイッチを入れ、試験的に通水しました。ところが今度はポンプに5~6分ごと静かながら自動スイッチがほんの短い周期で入るのです。こんな時はどこかパイプから水が漏れていると思わなければなりません。あっちこっち思い当たる蛇口三ヶ所の周辺を中心に調べて回りました。駄目元と思い、井戸側周辺を見ていると、かすかに水道パイプからまとまった水が噴出していました。「見つかって良かった」と、安心して漏水箇所の修理はしたものの、今度はホース巻の下の木材が腐り、割れて使い物になりませんでした。

 結局日曜大工仕事もして、防腐剤を塗って据付け、やっと百姓ならぬ三姓程度の水道修理工事を無事終えることができました。水道屋さんに頼めば、手を汚すこともなく綺麗に治るのでしょうが、これも修業のひとつです。さあ次は、親父から「お前は不器用」の烙印を押されていた私に、どんな仕事が待ち受けていることでしょう。一番の味方は、「お父さんも中々器用ね」と誉めてくれる嬉しい妻のその一言です。

  「相次いで 水道漏水 見つかって 水道修理 素人ながら」

  「不器用の 烙印親に 押されたが 妻の言うには 中々やるね」

  「水道屋 頼めば早く 綺麗だが 手を汚す価値 あるかも知れぬ」

  「さあ次ぎは どんな手仕事 あるだろう 七十手習い これも楽しみ」

  

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇朝顔が咲き始めました

 私の書斎は東向きに窓があります。ゆえに朝日がいっぱい差し込んで、それは気持のいい朝を迎えられますが、夏の午前10時頃まではブラインドを下ろさねば、机の上がかなり熱くなるのです。そんなこともあって毎年この時期になると窓の外に、ヘチマやゴーヤを這わしてグリーンカーテンめいたものを作ります。

咲き始めた朝顔の花

 今年は春先に伊予市の水口種苗店へ野菜の苗を貰いに行った時、班入りの朝顔の苗をいただいて帰りました。早速プランターに植えて養生したお陰で苗はスクスク成長したので、竹で垣を作り網を張りました。まだグリーンカーテンと呼ぶほど茂ってはいませんが、このところ朝顔の綺麗な花が咲き始めました。

大輪の朝顔の花

 一緒に2本の夕顔も植えていますが、まだ花は見えず、朝顔は沢山の花芽をつけているので、朝の目覚めが楽しみになってきました。昨年孫と一緒に植えた朝顔は収獲した種の乾燥が十分でなかったため、保存瓶の中でカビを生やしてしまい、ダイニングにはグリーンカーテンができず、私ののみとなりま。

 朝咲いて昼過ぎには萎む儚なくも短い命の朝顔の花ですが、ゆえにしっかりと愛でてやりたいと思っています。子どものころ夏休みの実験で、朝顔の花をすり潰して水に溶かし、絵筆で画用紙に絵を画いたり、白いハンカチを染めたりしたことを、懐かしく思い出しました。

  「東向き 書斎の窓辺 朝顔で グリーンカーテン 遮光目的」

  「朝顔の 花が咲いたと 妻見つけ 一緒に愛でて 綺麗綺麗と」

  「朝顔の つるはどうして 右に巻く? 自然の法則 疑問だらけだ」

  「昼頃に 萎んでしまう 朝顔の せめて咲いたと 誉めてやらねば」

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇夏至の頃

 昨日6月21日は夏至の日でした。一年中で一番昼が長く夜が短い、私のような働き者?にとっては、有り難い一日なのです。私のタブレットに内蔵している日の出日の入り南中カレンダーによると、6月21日夏至の日の日の出は4時59分、日の入りは7時23分です。一番昼が短く夜が長い12月22日の冬至の日前後に比べると日の出は2時間11分、日の入りは2時間23分の差があるようです。

私が作った夕日の時刻表

 さてこの長~い昼と、短い夜をどう過ごすかは人様々ですが、先日人間牧場で久しぶりに昼寝を楽しみました。移動式の背もたれ椅子を出し、その周りに藪蚊除けの蚊帳を張り、寝転んで本を読みながら1時間余りウトウトしました。日々の暮らしにあくせくして、昼寝など閑人で野良のすることだと思っていましたが、どうしてどうして、涼しい風が爽やかに頬を撫で、とても快適なひと時を過し、すっかり元気を回復することができました。

 夏至の頃ふたみシーサイド公園から見える夕日は、最も北寄りのコースを通るため、山口県周防大島町東和辺りの島影に沈みます。梅雨空で残念ながら自慢の夕日は今日も望めませんが、寝苦しい短い夜もしっかり休み、元気を回復して暑い夏を乗り切りたいと思います。ああ今日から昼の時間が短くなり、夜の時間が長くなる、これもた自然の成り行きでしょうか。

  「夏至の頃 昼が一番 長いので 思う存分 働きまする」

  「昼寝など 閑人がする 思ってた 背もたれ椅子で 元気回復」

  「朝1分 夕方一分 それぞれに 日の出日の入り 短くなりて」

  「夏至る 冬至るまで 半年間 悠久越えて 繰り返しつつ」

 

 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇完熟トマトの収穫

完熟した真っ赤なトマト

 わが家では、ビニールハウス30本、露地栽培30本と合計60本ものトマトの苗を植えています。「出荷もしないのにそんなに植えてどうするの?」とよく言われますが、トマトは生食でよしサラダにしてよし、料理にしてよし、またスムージーにしてよしと、万能な野菜のようです。勿論親類や近所の人にお裾分けもしていますが、大層喜んでくれます。

野菜も収獲お裾分け

 わが家ではモモタロウという品種の大玉系、ミニトマトという小玉系、フルーツトマトの中玉系、そしてロケットトマトと勝手に呼んでいる、弾丸の形をした表皮の固いトマトを作っています。大玉は収量数が少ない、小玉系は病気に強いと、それぞれ特長を持っていますが、無農薬で栽培し完熟した真っ赤な実をもぎ取って食べる幸せは、何物にも変えがたい幸福感です。今年もリコピンいっぱいの完熟トマトを沢山食べて、元気に暑い夏を乗り切りたいものです。

  「ここに来て ハウスと露地の トマト熟れ 毎日収獲 至福の時を」

  「トマトには リコピンなどの 栄養が 沢山あって 身体にいいと」

  「赤トマト 料理に添える それだけで 妻の料理が 一際映える」

  「パンに沿え スムージー飲む 朝ご飯 夏の定番 今年も元気

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇スイカの網囲い

 今年の夏はこの1週間ほど梅雨に入っても好天続きで、家庭菜園の作業は随分はかどっていますが、日中は気温が30度を越し、麦わら帽子を被っていても汗をかくほどの暑さです。スイカ畑を覗くと、葉っぱの下に隠れて気がつきませんでしたが、敷き藁の上に大きいものは頭、小さいものは卵や拳程度のスイカがあちこちに見えるようになりました。

スイカの網囲い

 毎年この時期になると、ハクビシンやカラスなどにスイカを狙われるので、今年は少し早めに網囲いをしました。親類の漁師さんから貰ってしまっている魚網を倉庫から、毎年使っている適当な魚網を取り出し、細いロープを通して囲い網を張って行くのです。イノシシは畑に張り巡らせた金網で余程のことがないと入りませんが、ハクビシンやカラスは空中戦を挑んでくるので、天井にも網を張らなければなりません。「最小の投資で最大の効果」を出すのが私のモットーなので、この網囲い作戦は私の勤労奉仕のみでタダです。

 私は若い頃漁師をしていたので、網を裁断したり縫ったりすることは造作もなく作業が出来て、仕上がりを見た妻は、「近所のKさんのスイカの網囲いとはまるで雲泥の差だ」と比較して誉めてくれ、少々鼻高々でした。今年の目標は去年並みの5本のツルに5個=25個を目論んでいます。隣のKさんのように、収獲の目安の立て札までは立てていませんが、今年も大好物の自作スイカの収穫や食べるのが楽しみです。

  「四悪態 虎視眈々と 狙ってる そうはさせずと 網囲いする」

  「元漁師 手馴れたもので 網を張る Kさんよりは 上手いと妻誉め」

  「一ヶ月 すればスイカが 食べられる 暑さ忘れて 汗かき作業」

  「草むらの 蔭で鳥獣 狙ってる これから先は 知恵で勝負だ」

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇何もしないのに泣きっ面に蜂の一撃

 昨日の朝、ウォーキングから帰って菜園用に井戸水を引いている蛇口付近のパイプが裂けて、漏水ヵ所が見つかったので、修理をすべく納屋に入りエスロンパイプや継ぎ手チーズを用意しました。専用の接着剤に手を伸ばした瞬間、一匹のスズメバチが私の顔を目がけて襲いかかって来ました。とっさのことだったので、「何が起こったのか」分らぬまま、長年の勘でそれが蜂の襲撃であることは容易に想像でき、「またやられた!!」と逃げるようにその場を離れ、家の中に入って妻に刺された場所を確認してもらい、とりあえず薬を塗ってもらいました。

向って左目上を刺されました

 痛みはそれ程なかったものの、目の回りは見る見るうちに腫れ上がり、まるで別人のような顔になりました。私はかつて数年前、ゴム手袋の中に潜んでいたムカデに指先を噛まれ、アナフィラキシーショック症候群に遭い呼吸困難となり、救急車で日赤松山病院へ運ばれた苦い経験があるので、虫刺されには相当神経を尖らせていますが、先月は寝ていて頭をムカデに噛まれ、今回はスズメバチと受難続きで、まさに「泣きっ面に蜂」とはこのことです。運の悪いことに昨日は内子町小田での講演が予定されていて、断わることもできず難儀をしました。

 田舎はムカデや蜂などを常習的に見かけます。また嫌だと思ってもムカデや蜂にもしょっちゅう刺されます。アナフィラキシーショック症候群の対応として、「エピペン」という注射をすればいいと聞いてはいますが、それを日常的に持ち歩くこともできません。ムカデは刺されるとすぐにそのムカデをすり潰して患部に塗るとよく効くというのでやっていますが、果たして効くのかどうかは今のところ半信半疑です。今朝は腫れ上がった顔が少し恥かしいので、帽子を深めに被ってウォーキングに出かけました。

  「何もせず だけど蜂さん ご機嫌が 斜めのようで 顔を一撃」

  「男前 蜂に刺されて 台無しに 顔を赤らめ 人の前出る」

  「山蕗の 汁がいいから つけなさい 妻は気遣い 患部塗りつけ」

  「よく見ると 倉庫の天井 蜂の巣が ジェット噴射で やっつけました」 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇松前町観光ボランティアガイド養成講座に招かれて

 2ヶ月ほど前、元翠小学校の校長先生だった和田由美子さんから、「観光ボランティアガイド養成講座を立ち上げたので、第1回目の講師を引き受けて欲しい」旨の連絡が入りました。国土交通省の観光カリスマ百選に選ばれているものの、ボランティアガイドの講習は講師はやったことはないものの、懇願され気楽な気持で引き受けてしまいました。

 ところが1ヶ月前に和田さんが、打ち合わせのためわが家のゲストハウス煙会所にやって来て、その内容を聞いて少し驚きました。講習講義は午前9時から12時までの3時間だそうで、しかもその3時間はお任せとのことでした。引くに引けず講習の日が近づくにつれて少し頭を悩ませました。私は学歴とレジメを求められる講演講義には行かないことにしていますが、そんな戯言を言うこともできず、粗方のストーリーを作りました。それでも少し重荷を感じていました。

いただいたギノー味噌の商品

 昨日は午前8時前にわが家を出て松前町文化センターへ40分も前に到着し、私が一番乗りでした。前々日ギノー味噌の本社を訪れ、田中社長さんから人数分いただいたお味噌類三種を、台車を借りて3階の会場まで運び準備をしました。そのうちやって来た和田さんと、パソコンを使って私のプロモーションビデオの操作をやりましたが、四苦八苦しても音声が出すことができず、結局予定していたDVD映写を、いきなり断念せざるを得ないハプニングにも見舞われました。それでも20人ほどの参加者は熱心に延々3時、の私の講義を熱心に聴いてくれました。

 終了後、日本一を誇る裸麦生産と、その麦を使った発酵食品の味噌文化を組み合わせた工場見学も、観光コースの一つの拠点となりうると、「裏が味噌」の名刺や電光掲示板を使って説明し、田中社長さんからいただいた麦味噌、即席味噌汁、伊予柑おかず味噌などを差し上げ、大層喜ばれました。最後は観光ボランティアガイドの話し方にまで話を進め、手前味噌ながらいい研修会となりました。

  「3時間 ボランティアガイド 講義する お陰様にて 新しいジャンル」

  「自己紹介 DVDの 音声が 出ずにいきなり ハプニングあり」

  「アドリブで 上手くかわして 軌道乗り 後はスムース どうにか終える」

  「裏が味噌 私の話術 淀みなく 最後は土産 みんな喜ぶ」

 

Posted in 人間牧場 | コメント数 2

人間牧場

〇田圃を傷めた子どもたち

 わが家のすぐ下の田圃は、5月末に田植えを終えていますが、植えた早苗は日増しに大きくなり、水面には緑色の苗がまるで幾何学模様となって、行儀よく並んでいます。

 昨日の午後、その田圃周辺から、賑やかな子どもの声が聞こえてきました。塀越しにその様子を眺めましたが、どうやら近所の保育園児や低学年の小学生がオタマジャクシを見つけて捕ろうとしていました。

 

田植えの終った田んぼ

気がつくと田圃の水の中には、いつの間にか数え切れないほど無数のオタマジャクシが育っていて、子どもたちにとってオタマジャクシを捕えることは、楽しい遊びの一つなのです。

 わが家の3人の息子はそれぞれ大きくなって仕事に赴いていますが、子どものころは腕白で、オタマジャクシやカエルを捕まえるためこの田圃に入って、折角植えた稲苗を踏み潰し、親の責任として子どもを連れて何度も謝りに行きました。

田んぼのなかを泳ぐオタマジャクシ

 昨日も、わが息子たちの少年時代と同じように、保育園児と小学生は泥んこになりながら、かなりの苗を踏み潰していました。「おじさんに叱られるから止めなさい」とたしなめましたが、今朝は田圃の持ち主のおばさんが、「今年もまた苗を踏み潰された」とブツブツ言いながら、残った苗を使って植え替えていたようです。難儀な話でした。

  「下田圃 子ども賑やか 泥んこに なってオタマを 追い掛け回す」

  「田植え終え 太り始めた 苗踏んで 嵐の跡の 静けさ無残」

  「今年も またやられたと おばさんが ブツブツ言いつ 苗植え直す」

  「夏が来て 田圃の中は 真っ黒に なるほどオタマ 無数に泳ぐ」

 

Posted in 人間牧場 | コメント数 2
« Older