人間牧場

〇しめ縄用の藁

 時の流れは早いもので、一週間前までは暑い暑いと思っていたのに今朝はかなり冷え込んで、5時30分に自宅を出て毎日恒例のウォーキングに出かけましたが、降って歩く手先が冷たく感じられ、そろそろ手袋も用意して歩かねばと思うほどでした。

天日干しする稲藁

 一昨日親友の西岡さんがトラックに積んで藁を持って来てくれました。「えっ?もうそんな時期」と思いましたが、この藁は西岡さんが作っているモチ米の新ワラで、わが家ではこの新藁を使って正月の注連飾りを作るのです。「えっ?正月?」と思うでしょうが、カレンダーをめくると後77日すればお正月ですから驚くことはないのです。

 2週間もすれば年賀状の発売が話題になるなど、これから深まりゆく秋とともに、何となく慌ただしい日々が続くようです。ところで最近は、コンバインの普及で刈り取りながら藁は刻まれて畑に返されたり焼かれたりするので、藁が手に入りにくくなりました。幸いなことに少し手間をかけて藁を確保してもらっているのです。

藁の少し大きな束をビニール紐できつく縛り、畑の隅の防護ネット柵に半分に割って干しました。青味を残すため陰干しを4~5日行い一旦倉庫に収納し、年末のよき日を選んで正月用の注連縄づくりをするのです。子どもの頃親父に教わった風習ですが、これからも続けたいと思っています。

「一週間 前まで暑い 思ってた 今朝は冷え込み 手先かじかむ」

「稲藁が 届いてそんな 時を知る 77日 すれば正月」

「畑隅 生の稲藁 防護柵 二つに割って 天日乾燥」

「この藁で 注連縄作る わが仕事 今年も元気で 神棚供え」 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇天高く馬肥ゆる秋

 

雲一つない青空に映える町のシンボル本尊山

台風19号が日本列島に大きな傷跡を残して去りました。幸い私たちの住む四国は台風がかすめただけで、かなり強い風が吹いたものの無傷で乗り切りました。昨日は台風一過の雲一つない秋晴れに恵まれ、わが家の借景である町のシンボル本尊山も笑顔のような姿をして空に映えていました。

この地方は台風被害に合わぬよう早生系稲の栽培をしている人が多いため、稲刈りは既に殆ど終わっていて、稲刈りの終わった田んぼにはまるで田植えを終えたころのように、株元から生えたひこばえが青々と茂って秋風に揺れ、その上をトンボが忙しそうに飛んでいます。

 最近は果物も年中出回るため、何がいつ旬なのか分かりにくいのですが、栗や柿など保存の余り効かない農作物が出回り、非農家のわが家へも連日栗や柿など秋の果物が届き、特に手間暇のかかる栗は、専用のハサミを使って鬼皮・渋皮を、テレビを見ながら取って、妻は冷凍保存に余念がないようです。

双子のブドウ

毎年のことながら人間牧場近くの農家が作っているブドウを、定期的に分けてもらって食べていますが、今年は豊作のようで例年になく長い間食べることができました。ブドウは私も妻も家族も大好物で、あちらこちらにお裾分けしながら、その味を楽しみました。昨日は双子のブドウに出くわし、何かいいことがありそうな予感がしました。

「秋晴れの 雲一つない 青い空 町のシンボル 本尊借景」

「栗もろた テレビ観ながら 皮を剥く 専用ハサミ 鬼皮・渋皮」

「柿・ブドウ 毎日デザート 食卓に 食欲の秋 妻肥ゆる秋」

「珍しい 双子ピオーネ 手に取って 何かいいこと ありそな予感」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

台風一過の運動会

 台風が静岡県の伊豆半島に上陸し、甚大な被害の爪痕を残して足早に去った昨日は、かなり強い吹き戻しと思える北東の風が吹きましたが、孫たち2人が通う由並小学校の運動会だったので、家族みんなで応援に駆けつけました。心配された雨も降らず雲一つない台風一過の秋晴れでしたが、時折土煙が舞う中で出場した孫たちに加え、PTAの副会長と役員をしている息子たち夫婦も忙しそうに参加をしていました。

国旗を持って入場行進する孫希心
応援演技をする孫希心
お母さんと一緒に出場した孫希心

私は学校評議員をしているので午前中前半は来賓席で、後半は灘町のテントの下に移動して、松前からやって来た若嫁の母親や妹家族と一緒に、大きな声援を送りながら観戦しました。少し早めのお昼休みは体育館に入り、若嫁が早起きして作った豪華な昼食弁当を広げ、みんなで美味しくいただきました。

 最近はどの学校も運動会が夏休み明けだったり、熱中症を気遣って春に変更したりと、運動会事情も随分様変わりしているようですが、私たちが子どもの頃は稲刈りの終わった秋祭り頃だったと記憶していて、町内で一番遅いこの時期の運動会も悪くはないと思いました。

私は新聞の訃報欄で友人のお父さんが亡くなったことを知り、運動会を午前中で切り上げて帰宅し、前日に続いて喪服に着替え、午後2時半からの葬儀に参列しました。毎日あれやこれやと行く所があるものだと、自分自身で感心しながら忙しい一日を過ごしました。ワールドカップラグビーは日本が勝って決勝トーナメントに進出し、プロ野球も巨人とソフトバンクが日本シリーズに進出することが決まりました。

「孫たちの 運動会を 参観に 家族で出かけ 大きな声援」

「孫希心 今年が最後の 運動会 早いもんだな 来年中学」

「70人 ほどの小さな 小学校 息子夫婦も 忙しそうに」

「運動会 午前で切り上げ お葬式 あれやくれやと 忙しい一日」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇台風一過

超大型の台風19号が四国からは遠ざかりましたが、静岡県伊豆半島に上陸した今回の台風は未曽有の雨や強風による災害の傷跡を残し、とりあえず今朝太平洋へ出たようです。昨日から今朝にかけて新聞やテレビで目の当たりにした惨状は、15号台風の復興もまだ出来ぬ被災地や被災者に追い打ちをかけ、他人事とは思えない辛い光景でした。最近の台風は、かつて台風銀座といわれた四国や九州が直撃を受けるパターンと違って、これまで台風被害とは縁遠かった首都圏を直撃するようなコースが多くなってきました。識者は地球温暖化の影響だと言っていますが、その真意は定かではありません。しかし超大型とは言いながらたった一つの台風の影響は計り知れないほど大きく、台風から遠く離れた四国でさえも強風が吹き荒れ、今日も朝から吹き戻しと思える強い北東の風が吹いて、海は白波の立つ大しけが続いています。自然の持つ凄いパワーには、人間の力など及ぶべきもありません。自然の恵みに感謝し自然とともに生きようと思った朝でした。

台風19号の軌跡
[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇ドングリの種蒔き

 先日近くのクヌギの木の下へドングリを拾いに出かけました。帰宅後傷んでいるものを取り除き、1日天日干し乾燥、2日陰干し乾燥させバケツに入れて水を張り、一昼夜漬け込みました。昨日は発布スチロールのトロ箱2つの底に穴を開けて畑の土を細かく砕いて入れ、プランター2つとともに苗床を作りました。

ドングリの種蒔き
種を蒔いた上に鹿沼土を被せジョロで水をたっぷりやりました
発泡スチロールの苗床
昨年蒔いたドングリも立派なクヌギの苗木に成長中です

水をたっぷり吸ったドングリの実を苗床に押し付けるように並べて行き、その上から少し小さい粒状の果沼土をドングリが隠れてしまうまで入れ、表面を平らにしてジョロで水をたっぷりやり、ドングリの種蒔き完了です。果樹園の下付近の半日陰の場所に昨年同様置いて養生させ発芽を持ちます。

昨年書いた私のブログを見ると、昨年は10月10日に同じような作業をしているようでした。その後ほぼ完璧にドングルは発芽して順調に育ち、立派なクヌギの苗木に成長しようとしています。その記録が記憶として蘇るのですからこんな嬉しいことはありません。昨年は見よう見真似、半信半疑でしたが、はてさて今年はどのくらいドングリが発芽するでしょう?。楽しみがまた増えました。

「トロ箱と プランター土 苗床に ドングリ並べ 種蒔き作業」

「昨年は 10月10日に ドングリの 種を蒔いたと facebookで」

「果樹園の 半日陰の 条件を 選んで養生 これから一年」

「放任園 クヌギの苗で 再生を しようと思い 今年も地道に」 

 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇曼殊沙華の球根が届きました

 曼殊沙華と言えば別名彼岸花で、秋の彼岸頃に町のあちこちで、目にも鮮やかな真っ赤な色をして咲いてるのをよく見かけます。最近親友で新居浜市に住む後藤田直良さんが自分のfacebookで白い曼殊沙華の花をアップしているのを見て、「綺麗ですね」と短いコメントを送らせてもらいました。後藤田さんは植物について博学だし色々な花を作って楽しんでいて、日常の活動も広範多岐な人生の達人として日ごろから敬愛し、アップしたfacebookを時々見ています。

後藤田さんから送られてきた球根

 一昨日外出先から帰ると、玄関先に小箱の宅配便が届いていました。 送り主は後藤田直良さんからでした。早速箱を開けると手紙が入っていました。「先般フェイスブックにて、白い曼殊沙華の開花をアップした折に、メッセージをいただき有り難うございました。白い曼殊沙華を植えていないとのことでしたので、花が終わりましたので掘り起こしてみました。白い曼殊沙華を5個と、黄色い曼殊沙華2個の球根をお送りいたします」と書かれていました。

手紙には続きがあって、「雲南百薬という植物は中国から長寿の薬草として渡って来て、沖縄で野菜として栽培されているようで、その球根も入れておくから「」と添え書きがありました。早速今日にでも苗床を作って植え大事に育てたいと思っています。白や黄色の曼殊沙華もさることながら雲南百薬とは驚きです。また一つ季節の巡りを迎える楽しみが増えてきました。後藤田さんありがとうございました。

「曼殊沙華 普通は赤い 花だけど 白と黄色の 花があるとは」

「毎日の ようにパソコン タブレット facebook仲間の 投稿覗く」

「新居浜に 住む親友の 後藤田さん 球根添えて 雲南百薬」

「来年の 芽吹きや花の 咲く頃が 楽しみになる 友のお陰で」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇酔芙蓉の花が見頃です

 日増しに秋色が濃くなるこの時期は、夏の花が一段落してツワブキや野菊にはもう少し時間がかかり、余り花を楽しむことのできない時期ですが、シーサイド公園周辺に私たちが植えた芙蓉の花が見ごろを迎えています。特に私が「夕日花(はな)」と名付けている酔芙蓉の花が見事に咲いていて、思わず足を止めてその気品ある美しさに見とれています。

 朝真っ白い花が咲き、昼過ぎになりとピンクに色づき、夜になると真っ赤になって萎むという短命な花ですが、朝日~夕日と同じ太陽が変化する姿にどこか似ていて、この花のことを越中おはらを描いた小説の一節で見つけ、シーサイド公園周辺に植えたのはもう25年も前の思い付きからでした。

「酔芙蓉」という花の名前は酒に酔う人間の姿にもどこか似ていると思いながら、毎年この時期に咲く花を楽しみにしています。先日花を画く人から「酔芙蓉の花のことを知りました。是非絵に画いてみたいので情報を・・・」と電話が入り、「9月下旬から10月初旬が見頃」と教えました。私は毎年その花を下手糞な腕前ながら写真に撮ってfacebookにアップしています。車の通行量が多い場所のでくれぐれもご注意ください。

「酔芙蓉 今年のひっそり 咲きました 夕日花とは つけた別名」

「酒に酔う 人にいていて 朝白く 夕方ピンク 夜は真っ赤に」

「この花も 菜の花・水仙 ともどもに 思いを込めた 昔懐かし」

「道沿いに 咲いているので よく見える だけど危ない くれぐれ用心」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇心に染みる半崎美子の歌

つい最近つかの間の暇を見つけパソコンやタブレットで、YouTubeから流れる色々な歌を聴いています。その中にテレビなどでは余り見ない半崎美子さんという歌手の歌があって心を揺さぶられる思いで聴きました。知りませんでしたが半崎美子さんは「ショッピングモールの歌姫」と言われていて、全国各地のショッピングモールを訪ね、自分の作詞作曲した歌をシンガーソングライターとして歌っていますが、その歌は老若男女の心に寄り添う歌が多く、集まった人たちは涙を流して聞くというのです。北海道生まれの半崎さんは最初親に反対されながら10年を超える下積み生活を経験しています。この17年間どこにも属さずインディーズで活動してきたバイタリティーは生半可なものではなく、ショッピングモールで歌った後何時間もかけて、多くの人の人生と向き合う姿に感動の秘密があるようです。「母へ」「種」「サクラ~卒業できなかった君へ~」「生まれる前から」はとてもいい歌です。

「YouTube 暇を見つけて 歌を聴く 心和んで どこかすっきり」

「知らなんだ ショッピングモール 歌姫の 半崎美子 歌の数々」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇ドングリ拾い

 昨日近くの広場へドングリ拾いに出かけました。昨年の卓上カレンダーを何気なく開いて10月4日のメモ欄を見ていると、「ドングリ拾い」と書いていたので、とっさの思い付きでした。一抱えもある大きなクヌギの木の下へ行くと、かなりの量のドングリが落ちていましたが、その殆どはコンクリート舗装の上に落ちたためか、かなり傷んで割れ目が入っていました。

拾って来たドングリ

 良さそうなドングリを中腰で手当たり次第ナイロンの買い物袋に入れて持ち帰り、東屋の椅子に座って傷ついたものを取り除いて選別し、アルミのパレットに入れて天日干ししました。まだ日差しがたっぷりあってかなり乾燥したので、今日あたり水に漬けて沈んだものを取り出し、プランターに蒔こうと思っています。

昨年のこの時期に蒔いたドングリは殆どが芽を出し、果樹園の隅の木陰で苗木になっています。この秋葉っぱが紅葉して落ちると、駄馬の畑に一年仮植えして苗木のままでさらに成長させ、来年の秋にはいよいよ本格的にクヌギの植林をしたいと思っています。先の長い里山運動がいよいよはじまっています。楽しみです。

「昨年の 卓上置いた カレンダー 10月4日 ドングリ拾いと」

「もうそんな 時期かと急に 思いつき 近くの広場 歩いて出かけ」

「クヌギの木 下にドングリ 落ちてたが コンクリートゆえ かなり傷んで」

「今日あたり プランターに 土入れて 種蒔きしよう 里山運動」 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇舞たうん142号が届きました

 私が連載でささやかながら記事を書いている、えひめ地域政策研究センター発行の「舞たうん」という、今時珍しいB5版の季刊雑誌142号が宅配便で手元に届きました。いつものことながら記事を書いた私は、インクの匂いのする雑誌を少しドキドキしながら、柳原綾子さんの書いた表紙絵を見つつページを開けました。ドキドキの原因は浅学ゆえの駄作記事へため息と、少しだけ腕によりをかけて書いた記事への期待感でもあるのです。

「特選ブログshin-1さんの日記」という連載は、今回で49回目となりますが、1年4回の季刊ですから単純に計算すると、12年間も書き続けているのですから自分でも驚いています。さて今回のテーマは「アニメ等のコンテンツを活用した地域活性化の可能性」でしたが、私の町出身の「いずみかつき」さんというペンネームの漫画家の話と、アニメ作りがテーマだった今年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」について書いてみました。

 世の中は活字離れがどんどん進んでいますが、日常的には新聞や雑誌を始め活字に囲まれた暮らしをしています。私のような古い人間でも、図書館もない田舎の町に住んでいても、その気になれば読みたい新刊本もネットで注文すれば、明くる日届くような便利な世の中です。自由人になって活字に触れる時間は益々増えているはずなのに、残念ながら意欲と体力の衰えで、今以上は望むべきもありません。ましてや書くことはもっと難しくなりそうな雲行きです。

「舞たうん 連載雑誌 宅配で 不安と期待 いつものように」

「12年 連載記事を 書きにけり バックナンバー 読み返しつつ」

「わが暮らし その気で見れば あれやこれ 活字囲まれ 毎日読み書き」

「読む以上 書くこと難儀 しています 意欲体力 限界ありて」

 

[ この記事をシェアする ]