shin-1さんの日記

○久しぶりの金毘羅さん初詣

 私たちの町は漁村です。「縁起を担ぐ」という言葉がありますが、縁起を担ぐ漁民にとって金毘羅さんは大きな信仰対象の神様です。その昔交通が不便な頃は金毘羅さんに滅多に行くことも出来ないから、それぞれの地域に金毘羅さんの遥拝所が設置されていました。今はそのことを知っている人もお参りする人も少なく廃れようとしていますが、潮風ふれあい公園には立派な金毘羅さん遥拝所が残っています。

 私たちが子どもの頃は、夏になると新造船が船降ろしをすると船に乗って金毘羅さんへお参りする風習がありました。滅多に県外へ出ない子どもの頃のことなので、胸をときめかせて乗りました。多度津か丸亀の港に着いたら琴参鉄道に乗り金毘羅さんで下車後長い石段を、お土産屋さんを眺めながら上がったものでした。

 双海町を午後8時に出発し高速道路を使うと約2時間で金毘羅さんに着きます。息子夫婦と私たち夫婦、それに次男の5人が行きましたが、次男はあいにく車に弱く酔って車の中で休憩と相成りましたが、夜の金毘羅さんの石段を汗をかきかき登って行きました。妻はフーフーいいながら遅れ気味、私も朝から鍬を持っての農作業の後なので多少きつく感じましたがそれでも30分余りで本殿に到着しました。

 さすが森の石松さんも代参に来ただけある天下の金毘羅さんだけあって、夜だというのに引きも切らずの参詣の人たちに出会いました。でも殆どのお店は初詣の喧騒が去った後で、早い店じまいをしていました。

 何年ぶりかの参拝は新婚夫婦と一緒でしたので、少し歳をとった感じがしましたが、一年の始まりをこうして元気にお参り出来た幸せを感じています。

 しかし宗教信仰は大したもので、参道の両側には御影石に一金壱百万円と深く刻まれた寄進標柱が山頂まで立っており、それを見ながら「ある所にはあるものよ」「私たち庶民には」などと話しながら登るのです。御影石の石灯篭寄進も数多く、「○○社長××」などと明らかにPR用の寄進と分かる物も数多くありました。「あの会社の隆盛はさぞかし」と思うやっかみも少しありました。

  「石松も登った階段一つずつ数えてみたが数えきれずに」

  「俺の名も先祖の名前も刻まれぬ標柱読みつため息吐息」

  「手を組んで歩こう妻の大胆さ人が見てると振りほどき前」

  「讃岐路はうどん看板これでもかブームはいつか去るというのに」

 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○人間牧場の道具類

 人間牧場の整備が始まって、その作業にやたらと道具類が要るることが分かりました。

 鍬-畑を耕すのに使います。鍬には地掘り、三つ鍬、つるはし、手鍬など用途に応じて使う鍬が違います     

    が一応揃えました。今最も活躍しているのは地掘りです。鍬にはクサビが重要な役目を持っています

    時々クサビが抜けて鍬が使えない事態に陥ります。そのためクサビの予備を5本買いました。

 鋸-杉の木の枝切りや小切りに使います。父の使っているもので代用しています。

 鎌-木を切る鎌と草を刈る鎌の2種類必要です。

 スコップ-小さな穴を掘るときは手スコップ、大きな穴は剣スコップ、砂や土を移動するのには角スコップ  

    です。

 ペンチ-針金を切ったりします。プライヤーも百円で買いました。

 釘抜き-大中小3種類構えました。建築廃材は以外と釘が多く残って危ないのでよく活躍します。

 金槌-釘打ち作業やクサビを打ったり、時には割ったりします。

 草刈り機-道具類の中で一番仕事を多くこなす機械です。特に春から夏にかけての雑草刈りは強い味方

     です。少し古くなってきましたが、もう少し働いてもらいたいと思っています。

 チエンソー-人間牧場の雑木類を切ったり薪ストーブ用の薪を作る計画です。

 ハサミ-剪定ハサミは意外な所で活躍します。

 ナイフ-カッターと包丁と普通のナイフがあります。春になると食事の準備に欠かせません。

 モンキー-ネジを締めるのに万能です。

 ドライバー-ネジ類の作業はまだありませんが、準備しました。

 マサカリ-薪割り用に思い切って大きいのを買いました。これが雑木の地下茎を切るのに只今奮闘中で 

      です。

 こうして列挙してみると道具はそれぞれの使い方を考えて、シンプルだけど人間が考えた知恵の展示場のようなものですね。これから作業が微や細になればなるほど沢山の道具が必要になるのでしょうが、これらを生かして使う知恵も持ちたいものです。

 只今の悩みは二階のロフト部分に上がる梯子をどうしようか悩んでいます。本当は脚立兼用のものを使いたいのですが、一般の人は怖くて上がれません。就寝中にトイレへ行くことも考えなければなりませんから・・・・・・。

 道具で思い出しましたが、仲間が大きな鍋を提供してくれました。アルミの頑丈な鍋ですので囲炉裏にかけて重宝したいと思ってます。そうそうヤカンも用意せねばなりません。

  「牧場の作業に使う道具類何時の間にやらこんなに増えて」

  「この数年鍬など持たぬ生活もリタイヤ一変百姓まがい」

  「百金の店で求めた道具でもそれなり使いそれなり仕事」

  「めだか宿作った人も天国で俺と同じと笑っているかも」

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○事始め

 私の2006年が始まりました。紅白が終わって息子や娘たちと地元の氏神様三島神社に初詣に出かけました。400段以上の長い石段を登って拝殿で賽銭を投げ拍手を打って今年の安全を願いました。私は他の人と違って神様に余り願い事をしません。日本中の人が願いを言ったら神様も大変だろうし、願い事をしたのに、氏神様は聞き入れなかったと思ったら腹が立つでしょう。願望は自分への暗示でよいと思っています。初詣が終わると6時まで寝て、起きると雑煮を作ります。我が家では正月元旦の朝は主人が雑煮を作る風習があり、今年も私が作りました。作るといっても出汁も作ってあるのですからそこへ具材を入れ、餅を入れるのです。床の間神様に雑煮を備え、お光を上げてお神酒をいただき、お下がりの雑煮を食べて歳とりの行事は終わるのです。

 今年の事始めは人間牧場へ上がりました。到着したのが10時、それから鍬で畑となるべき土地を耕しました。天気予報だと気圧の谷の影響で曇か雨だったのですが、何故か予報がはずれ好天快晴、しかも無風でそんなに寒くもなく絶好の日和です。10時から3時半まで年末の備蓄栄養で食事もせず鍬を振るうことができました。

 初春の硬い大地に鍬を入れる 

 満身の力を込めて鍬を入れる 

 何も音のない畑で 

 鍬の音と息遣いの音のみが 

 澄んだ空気に鈍く響く

 グサッグサッハーハー 

 野太いノミ鍬が雑草や小木の根を掘り起こす

 新しい土の塊が地底から湧いてくる

 汗が額からポタポタ落ちる

 ミミズも百合根も外に晒され縮こまる

 野焼きの煙がゆったりと西に流れる

 やがて畑は真新しい赤土のジュータンとなる

  今日は充実した一日でした。そう思って夕食を食べていると長男夫婦がいきなり、「金毘羅さんへお参りに行こう」と提案です。高速道路をひとっ走り、でもあの長い石段は妻にはきついかも知れません。でも思い立ったら吉日です。

  「雑煮喰いキンピラ数の子豆煮しめこれから三日同じ食い物」

  「予報では正月天気雨曇当らず喜び初日拝みて」

  「元旦は男が料理するものとつまらぬ風習誰が始めた」

  「嫁一人増えただけでも家中がパッと明るい今年の初め」

 

 

  

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○ブログを書き始めて4ヶ月

 早いものです。Ameba by Cyber Agentに「shin-1さんの日記」、「人間牧場」を書き始めてもう4ヶ月弱が経ちました。最初は息子に教えてもらって書き始めたブログですが、書き始めるとこれが面白くて、今ではとりこになったようで、書かない日は県外へ出かけていない日以外は必ず書いています。技術も文章もまだまだですが、それでも随分書くスピードが早くなって、またバーチャルの世界特有の読み人知らずをいいことに多少軽めの、そして時には辛口の文章を書き、多くの人からペールをいただくまでになりました。

 先日その全ても文章をペーパーに印字したのですが、まあ塵も積れば山となるそのままに凄いボリュームとなっています。拙文、名文、雑文、悪文など様々ですが、途中から始めた「笑売啖呵」も中々の好評で悦に入って降ります。私たちの年代はペーパレスの世界は中々不安で、ペーパー化すると安心する癖があるようです。それはパソコンをいじっていて突然長い時間をかけて作った労作の原稿を、キーボードの操作ミスで無くした経験が不安心をあおっているからなので、これだから紙類が散乱し片付かないのでしょう。

 ブログをしていて一番うれしいのはやはり反応があったときです。「あなたの文章を読んで、脱字、間違いに気付きました」などと書き込まれても、「失礼しました」で済むのですから・・・・・・。

 先日北海道の人からメールが届きました。「いつも楽しく読んでいます」と言われると、何だかホットな気持ちになって、先日はみかんを贈り、あちらからも松前漬けなる美味しい贈り物が届きました。ブログが結んだ物々交換です。

 来年も続けてみようと思う反面、もう少し編集技術をマスターしないとこれ以上は成長しないと思う悲観論が交錯して私を悩ませております。せめて写真を挿入する技術だけは正月休みに長男に伝授してもらいたいと手薬煉を引いております。

  「ブログ書くそれが日課となりました昔はこの時何をしてたか」

  「面白いブログの話題チンプンカン役所の課長それは何かと」

  「あら嫌だ昔の経歴お役人忘れ辛口お役所批判」

  「目に見えぬ情報収めたこの一枚俺より賢い記憶出てくる」

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○今年も今日一日で終わり

 今日は朝から忙しい一日でした。しめ飾りに裏白をつけて、だいだいや半紙で餅、米、干し柿、タツクリなどを包み水引で結んで行くのです。昔はどの家もこのような新年を迎える準備をしたのでしょおうが、今は簡素化され、神棚さえない家もあるようです。迷信や慣習全てを信じろとは言いませんが、古き良き日本の伝統は守って行きたいと思うのです。

 父と連れ立って近くにある墓地に花を供えに行きました。花といってもこの地方では綺麗な花でなくシキビ

です。今朝わが家の畑へ取りに行ったものですが、墓地も正月を迎える準備をしました。

 次男はせっせと家の窓ガラスや網戸の清掃をしていました。我が家は広くて大きいので一階、二階を合わせるとかなりの窓があり、私と二人で二日掛かりでやっとです。次男は朝早くから起こされて眠そうですが、学生の身なので文句も言わず、お年玉に期待のようでした。

 長男と私は昼を挟んでインターネットで注文して送ってきたストーブを車に積んで人間牧場へ運びました。8万円もする鋳物のストーブはかなり立派なもので、煙突は別売でまだセットできないため、使えるようになるのはまだ先のことになるようです。息子の話によると煙突は二重構造になっているものをが欲しいらしく15万円位するとのこと、ストーブを安く買えたと喜んでいたのに多少がっかりです。そろそろ第2期工事風呂整備が始まる予定ですが、オーナーとしては資金が底を付きそうで心配しています。それでも水平線の家の神棚にしめ縄と餅を飾り、ささやかな新しい年を迎える準備をしました。

 午後は私たちが仲人をして今は東京に住む知人の息子さん家族が帰省との知らせを受けて、心ばかりの品を用意し松山へ出かけました。大晦日の道路はしめ飾りをつけた車が行き交いもう正月モードです。多少道は混んでいましたが、お孫さんに心ばかしのお年玉を渡し、警察学校で正月休みになった三男を迎えに行き、一日の務めを終えました。

 妻は休む間もなくおせち料理や年越しそばを作っていました。今年は娘夫婦が大阪へ帰省して寂しいと思っていましたが、息子夫婦がやって来て、妻のおせち料理もし甲斐があるようです。

 今年一年の最後の日は忙しい一日でしたが、充実した一日でした。来年は少し余裕の日々でありたいと願っています。

  「色々なことがあったなこの一年感慨深げ年越しそば喰う」

  「若夫婦加わり賑やか年の暮れ妻はおせちに腕をまくりて」

  「ストーブもインターネットでオークション早く燃さねば風邪ハークション」

  「紅白の知る人少なし妻も歳チャンネル回すがどこもおんなじ」

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○えっそんなにいるの

 私には父と母がいます。父には私からいうと祖父と祖母がいますし、母にも当然祖父と祖母がいます。1・2・4・6・12・・・・・・とこれも電卓で叩いて行くと、何と私の先祖は10代前には1024人もいる計算になります。「えっ本当」は私たちの時代の疑問符、今の若者は「えっ嘘」なのです。でもこのことは嘘ではなく本当なのです。私という一枚の絵を仕上げるのには1024枚のパズルのコマが必要なのです。

 子ども会などで子どもたちにこの話をしてやりますが、子どもたちにはまだピンと来ないようです。でもこう考えてみると人間のルーツなんてものは相当不思議な世界だと思えるのです。

 私は父と母、父方の祖母は知っていますが祖父は私が小さい頃に死んだので記憶にありません。しかし祖祖母と祖祖父は長生きしたのでおぼろげながら知っています。母方の祖母と祖父は知っていますが、それより先の先祖は知りません。知らないというより教えてもらったことが殆どないのです。歳をとった父は時々先祖のことを話すのですが、耳が遠いせいで父の話はくどいものと決め付け聞く耳を持たないのも正直なところです。でも私たち日本人は自分のルーツについてもっと知りたいと思う好奇心や知る努力をしなければならないと思うのです。

 母の思い出も祖母や祖父の思い出も今の時代ですからパソコンで記録して、後の家族に受け継ぐことだって出来るはずなのです。

 出世した人はかつての貧乏暮らしを隠し、やれ俺の家はどこそこの侍だったとか、やれ家系図だとか言いたがりますが、せめて貧乏でもいいから人となりを伝えるような人間でありたいと思うのです。

 先日島田洋七さんがラジオでおばあちゃんの思い出を話していました。途中から聞いたので分からない部分も多かったのですが、苦労や貧乏の向こうにおばあちゃんの生きた言葉があったと述懐していました。あんなことなら私の母だって随分あると思うだけで、洋七さんのように文章化して本にすることなどするすべさえ知らないのです。

 少し暇が出来たら母の思い出も記録したいものです。

  「俺は何処そこから始まる人探しジジババ意外知る人もなく」

  「洋七さんあんたは偉いばあちゃんの言った言葉を覚えているから」

  「わが祖母は学校行かぬが日記帳カタカナまじり付けていました」

  「言うてたな親の意見とナスの花千にひとつのアダあるものか」

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○人生分割法

 私は私の人生を30万日生きると想定して5千日で6分割し、一年365日で電卓を叩いてみました。最初の5千日は約14歳で中学2年生です。次の5千日は1万日で27歳、1万5千は41歳、2万日は55歳、2万5千日は68歳、3万日は82歳になります。5千日刻みの日時計ではありませんが、何と驚くなかれ現代人の節目をものの見事に言い表しているのです。

 5千日    14歳は元服です。昔の子どもはここから働き始めました。

 1万日    27歳は大学を卒業しても親のすねをかじった若者が結婚をして新しい旅立ちをする年齢で     

         です。ちなみに私は26歳で結婚しました。今は晩婚で30過ぎないと結婚しない人もいるよう   

         です。

 1万5千日  41歳です。男の厄年は42歳ですが、数えでいくとピタリ厄年3万日の半分、人生の折り返

         し点です。

 2万日    55歳です。昔はこの歳が定年でした。ここから老後が始まっていました。

 2万5千日  68歳です。60歳で定年退職し再就職、年金生活が始まるのです。

 3万日    82歳です。男の人の平均寿命といったところでしょう。

 昔の人は僅か5千日で大人社会の荒波に船出しましたが、その分55歳という若さでリタイアしていました。しかし70歳過ぎから急に衰え死んでいたのです。今の若者が一端大人になるのは大学を出てから3~4年してからでしょうから、昔は早くフライとして早くテイクオフ、今は遅くフライとして遅くテイクオフするから実質働く時間は今も昔も変わらない計算になるのです。

 このように人間の一生を5千日刻みで考えたり参考にしながら生きると面白いものです。私の場合1万日までは冒険の時代、1万5千日までは量の時代、2万日までは質の時代、2万5千日までは仕上げの時代、

3万日までは楽しみの時代と目標に書いています。

 また1万5千日までは信頼の癖を付ける、2万日までは信頼される行動をする、2万5千日以降は信頼される人になるよう努力したいと思っています。

  「5千日区切りをつけて人生を考え生きるも悪くないかも」

  「人生という長旅はどの辺り荷物降ろして少し休むか」

  「目標は3万日ですわが人生今日は2万余りの峠を越えぬ」

  「親父さん字余り人生生きている手は上振って下で振るなよ」

 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○好きか嫌いか・損か得か・善か悪か

 この歳になると随分世の中や人々のものの考え方が見えてきて、損得勘定が先に立って、ましてや好きか嫌いか直情的に決めて二の足を踏んで行動するきらいがあります。若い頃は希望に燃えていたため、相手がどんな受け止め方をするかも考えずに、また自分の立場もわきまえず善か悪かで直情的に動いていました。歳をとって昔を懐かしむのは、若さゆえのエネルギーに満ちた行動が出来なくなった証拠なのかも知れません。

 禅問答のような話ですが、今日ある人と話しこんでいたらその人が「もし若松さんだったら」と前置きし、「悪で得と善で損な話の場合どちらを選びますか」と聞かれました。私は難しい質問だなあと前置きし、最近世間を騒がしている建築偽装問題を例にして話しました。姉歯建築士という人は一級建築士という職を得て建築という住の仕事に携わっていました。当然建築法を守り人々の住環境を安全快適にする責務を負っていたのです。ところが仕事を得るために、建築に関わる人々の儲けに加担し、「悪」とは知りつつ「得」を得る人になったのです。その時は「損」をしても「悪」に味方せず「善」を貫き通したら「損」はしたけどこんな結果にはならなかったのだろうと思うと、本人の「後悔は先に立たず」のはずです。

 社会が不景気になると一つの仕事に沢山の人が群がるし、薄利多売をしないと競争に負けて時には倒産もします。でも「悪で得するより善で損する」話の方がはるかに有益と考えます。一流企業はその辺の見極めが出来ているから一流なのであり、木村建設は二流以下だったのかも切れません。人間も一流の人と二流な人とはそこが違うのではないかと、思い浮かぶ周りの失敗した人や成功した人の顔を思い浮かべるのです。

 「若松さん、あなたは一流か」と自分自身に聞いてみました。私は日々貧乏な煩悩に悩まされている一人です。でも「喰えたらいいいわい」や、「お金はあの世へは持っていけぬ」と思えば、多少損をしても善の道を進む一流を目指す男であると少々の自負をして日々生きています。

 他人の足を引っ張ることのない、本物レベルを目指しましょう。

  「あなたなら悪得善損どちら取る突然言われドキリ考え」

  「痛みます息子も同じ建築士分かれ道来て損をしてでも」

  「一流を目指して今日まで生きてきた結果死ぬとき少し間がある」

  「命絶つ人が何と3万人悩み土産にこの世旅立つ」

 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○様変わりの餅つき

 いよいよ正月が近くなってきました。昨日は藁の袴を取り除いて水で清め、しめ飾りを作りました。昔は囲炉裏の側で父親が器用にしめ飾りを作るのを見て、見よう見まねで縄を編んだものです。しかしどうしても上手く出来ませんでした。それでも父は男の3人の息子にしっかりと手ほどきをしました。お陰で私は中学生になった頃にはいっぱしのしめ縄が作れるようになっていました。あれから45年も歳月が流れましたが、遠洋航海で珊瑚海にマグロを追い正月不在だった高校3年生の時を除けば、毎年しめ飾りを作るのは長男たる自分の仕事と肝に銘じ、しっかりと受け継いできたのです。

 最近はしめ飾りもホームセンターなどに行けば裏白やだいだいが付いたものが売られて、田舎は別ですが殆どの家庭で買ったものを使っているようです。

 私は4種類のしめ飾りを作りました。まずおたまじゃくしといわれるおたまじゃくしに似たしめ縄を10個作りました。車や仏様、水神様用です。玄関は本宅と隠居にありますが、隠居の玄関はおたまじゃくしの大きいのを作りました。本宅は縄暖簾のような格好をしたそれは立派なもので、竹笹に結んで使います。神様は海老の形をしたものです。途中人が訪ねてきて中断しましたが、2時間ほどで仕上がりました。寒い頃なので隠居で父と談笑しながらの作業となりました。多分こうした奉り事をしっかりと受け継いでいる長男を頼もしく思ったに違いありません。

 今日餅つきをしました、餅つきといっても昔のように臼と杵でつくのではなく、生活改善グループの人に頼んで特産品センターの加工場で私も加わってつきました。加工場には立派な餅つき機あって、ひと臼4升ものもち米が蒸気蒸し器から移されてペッタンペッタン自動でついてくれます。つき上がった餅は切取り機で大きさも同じ餅になって出てくるのです。この餅つき機は私が担当していた頃入れたので思いも一入です。

 一斗二升の餅つきは僅か1時間ほどで終了し美味しそうなお餅が出来上がりました。

 餅もしめ縄もおせち料理までも買う時代、正月の意味もあったものではありません。これでは神様や仏様も戸惑っているのではないでしょうか。あーあー、世も末です。

  「縁起など言わぬは良いこと違いないでも正月は目出度くもなし」

  「しめ飾り我は伝統受け継いだでもわが長男興味示さず」

  「もち米が餅になるのを知らない子雑煮食べつつ何と説明」

  「しめ縄を作るわが家の年の暮れみんな元気は神のお陰か」

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○本の売れ行き好調とか

 5年前の2000年3月31日(20世紀最後の夕日が沈んだ日)を期して出版した「昇る夕日でまちづくり」という本が、まだ売れていると聞いてびっくりしました。元々あの本は3000部を自費出版したのですが、何と1年で3000部全てが売り切れるという田舎ではベストセーラーになった本です。出版会社の勧めもあって2版目を2000部出しましたが、その後私と出版会社が注文を受け付け、その度に全国へ細々と送っていました。今日出版会社の社長さんが見えられ、名古屋の有名な本屋さんから70冊の注文が舞い込んだそうで、本を200冊取りにきました。

 普通自費出版の本は自分で販売すると1500円の本代は全て自分のものになるのですが、本屋さんや出版会社を通すと20パーセントずつの手数料が必要となり、実入りは半額の750円程度になるのです。しかし販売網を利用しないと本は自分で抱えなければなりませんから、自然と本の流通ルートを選ぶようになるのです。経済はこのような還流があってこそ活性化するのですからそれも致し方ないのです。

 それにしても、私の書いたつたない本が4000部を超えて多くの人に読まれ、また5年経た今も注文が来るロングセラーになるのは一体どうしたことでしょう。実はその裏には仕掛けがあって、私が講演に行くと必ず私のプロフィールが用意されます。その末尾には講師の著書として「昇る夕日でまちづくり」とか「今やれる青春」とかが期されるのです。勿論私の話が悪ければ本など読むような気分にはなりませんから、私の話を聞いた人が注文してくれる算段なのです。

 今回の名古屋の注文は2月に講演に出掛ける所が情報の発信源のようで、気を引き締めねばと新たな闘志が湧いてきました。

 多い時は一つの県だけで400冊の注文をいただいた時だってあったのですから驚きです。何気なく人に勧められて書いた「昇る夕日でまちづくり」の本も、「今書きなさい」と言われても書く力がありません。やはり物を成し遂げるには適期があるのかも知れません。ブログを書くのもひょっとしたら今が適期なのかも知れないと思うと、拙文ながら無性に書きたくなってしまう今日この頃です。

  「俺の本未だに注文来るという驚き桃の木山椒の木」

  「酒止めたお金を溜めて本作る努力が何と金を生む」

  「書いてると筆が進むは当たり前恥も掻かずば大くなるまい」

  「まだあった本屋の隅の本棚に捨てられもせず俺書く本が」

[ この記事をシェアする ]