人間牧場

〇公民館新任館長研修会

 駆け出しの頃、13年間の長きに渡って公民館に勤めていた私にとって、公民館は退職した今でも特別な意味を持っています。日本一の公民館主事を目指し、生涯公民館に勤めようと心に決めて活動した青春時代や教育長と中央公民館長を兼務して過した晩年の昔を懐かしく思い出しますが、その故を持って今も県公連の専門委員や県公連OBで組織する公友会の会長をしたりして、深い関係を維持しています。

 最近は全国各地の公民館に招かれて講演に出かけることも多く、昨年は山口県で開かれた公民館全国大会にフアシリテーターとして招かれ、今年も10月に高知県で開かれる全国大会のパネラーとして招かれる予定です。そんなこんなですが、今年も昨年に引き続き愛媛県公民館長新任研修会の講師として、昨日は愛媛県生涯学習センターへ出かけ、「地域づくりと公民館」という演題で90分ほど話をさせてもらいました。

 参加者は62名と多く、中には懐かしい古い知人友人もいて、嬉しい出会いを重ねました。公民館長には教育行政職の人も、非常勤や嘱託職員もいて身分はまちまちで一概には言えませんが、60歳を過ぎた人が多いようで、やる気はイマイチといった感じです。館長の命を受けて働く職員や諮問に応じて活動する運営審議会委員などへの影響を思うと、もう少し馬力をかけて欲しい思っています。

 それでも今朝起きてメールを開くと、昨日参加した3人の館長さんから、私の話にやる気を触発されたと、お礼方々ご意見が届きました。講演の中で私が話した、「地域住民の中には言ってもやらない不燃人55%、言えばやる可燃人25%、言わないでもやる自燃人15%、自らも燃え人を燃やす類燃人5%がいて、不燃人を可燃人に、可燃人を自燃人に、自燃人を類燃人にワンランクアップする努力をしなければ、公民館の明日はない」と言った言葉への共感でした。新任館長さん頑張って下さい。

  「わが履歴 公民館の ラベルあり これが誇りと 心に刻み」

  「ラベルあり ゆえにレベルを 上げないと いつも思って 研鑽励む」

  「参加した 新任館長 ご意見を メールに託し 手元に届く」

  「館長と 主事が良ければ 公民館 ワンランクどころか ツーもスリーも」

Posted in 人間牧場 | コメント数 3

人間牧場

〇思わぬハプニング

 昨日は軽四トラックの車検中なので、乗用車に草刈り機やチェンソーを積んで、少し違和感を覚えながら、人間牧場へ山仕事に出かけました。午前中は主に枯れた梅の木の伐採作業をしましたが、梅の木はトゲがやたらとあって作業は難行し、腕や足のあちこちにすり傷を沢山作ってしまいました。

 午後は取り残しの完熟した梅の実を、キャリーに一箱収獲して、そろそろ帰ろうと乗用車のエンジンをかけようとしましたが、キーを差し込んでもセルモーターが動きませんでした。どうやらエンジンキーが半分オンになったり、ドアが半ドアで室内灯が点いたままになって、バッテリーが上がってしまったようなのです。

 さて困ったと思いつつ、友人の稲葉さんに携帯電話を入れると、快く助っ人を引き受けてくれ、元モータースをしていた義兄宅で接続コードを借りて、やって来てくれました。稲葉さんは手馴れた手つきで自分の軽四トラックのバッテリーを外して、わが愛車のバッテリーに接続し、エンジンを始動してくれました。

 いつものことですが、感謝しても感謝しきれない稲葉さんのご厚意に感謝して山を下りました。稲葉さんは自動車の板金工場を経営していますが、その仕事は息子に任せ、双海町の田畑を買って農業をやっている変わった生き方の人です。車が故障する度に稲葉さんの顔を思い出し対応してもらっていますが、多分本人は思い出してもらいたくないはずなのに、いつも嫌がりもせず対処してくれます。昨日はまさに「地獄に仏」「神様・仏様・稲葉様」でした。

  「エンジンを 始動したけど 動かない バッテリー切れ 困った困った」

  「友人の 顔を浮かべて 助け船 早速駆けつけ 手早く対応」

  「有り難い 地獄に仏 私には できぬ芸当 餅屋は餅屋」 

  「何事も なかったように 動き出す 不注意迷惑 拳拳服膺」

 

Posted in 人間牧場 | コメント数 2

人間牧場

〇5人目の孫・女の子誕生

 前日破水して、次男の嫁がお産のため日赤松山病院へ入院しました。県立中央病院で助産師をしている娘に聞けば、「もうそろそろ」とのことだったので、少し気にしていました。昨日は松山工業高校の学校評議員会に出席して会議中の私の携帯電話に、妻から着信が何度も入り無視していたものの気になっていました。会議が終り連絡すると、「どうやら生まれるかも知れないので、列車で松山へ向かいたい」とのことでした。

 あいにく昨日は妻の愛車である軽四トラックを車検に出していたので、列車しか方法がなかったのです。私もあいにくタブレットを持たずにいたので、えひめ地域政策研究センターに立ち寄り、山本所長さんに列車の到着時刻を調べてもらい、17時10分であることを聞き松山駅へ向いました。到着すると間もない17時12分にお産に立ち会っている若嫁のお母さんから、「先程、無事に女児誕生です。お先に対面させて頂きました。健やかです。お蔭さままでホッと致しました」と、携帯にメールが入りました。

 列車を降りて来た妻を乗せ、日赤松山病院へ行き、お産に立ち会った次男や若嫁のお母さんとともに、分娩室で誕生して間もない孫と、嬉しい対面をしました。長女は2人、長男も2人の子どもがいますが、孫4人は全て男児なので、女の赤ちゃんは初めてなので嬉しい限りです。何よりも母子健康が何よりとみんなで喜びました。生まれて間もない赤ちゃんを抱かせてもらいましたが、昨日は顔もほころぶ記念すべき一日となりました。

  「五人目の 孫が誕生 女の子 母子とも元気 何はともあれ」

  「孫四人 男児ばかりで 女の子 欲しいと思う 願い通じる」

  「孫抱いて 破顔一笑 病室で 次男夫婦も 安堵表情」

  「また一人 家族が増えて 目出度いな 私もしっかり せねばと新た」

Posted in 人間牧場 | コメント数 2

人間牧場

〇この木何の木トマトの木

 念願だった小さなビニールハウスを手に入れて2年目の夏を迎えました。戸外の温度が低い冬や春の時期は、ハウス内の気温は無加温ながら温かいのですが、夏場になると強制排気機能がないため、ハウス内の温度はかなり高くなって、手動巻上げ式の側窓を開け忘れしようものなら、蒸し風呂状態となって植えたトマトを焼いてしまうのです。

ビニールハウス内はトマト製造工場

 幸い友人の小西さんからいただいた寒冷遮によって、側窓さえ開ければどおってことはないので、自分流で観察しながら水遣りや摘芯などを行い、色々なく工夫をしながら、昨年の失敗を繰り返さないよう努力しています。。ここに来て最近はトマトの実も色づいて、妻はせっせと熟れた実を収獲して、家族で楽しみながら食べています。

 3月26日に植えたトマトは、早いものだと私の背の培近くに成長していますが、ミニトマトだと実や花が7段~8段も着いていて、何処まででストップすべきか悩んでいます。ビニール紐で誘引して伸ばしていますが、ビニールハウスはちょっとしたトマト製造工場、トマトは野菜ならぬ「トマトの木」と呼ぶようになっています。1段に15個程度が8段だと1本のトマトの木に120個の実が収獲できる計算になり、ハウス内に9本×4列植えているので、数字的には4320個も収獲できるのですから、ウハウハウハです。そろそろトマト主体のスムージーの季節がやって来ました。

  「菜園の ビニールハウスは 温度計 うなぎ上りで 猛暑到来」

  「わが家には この木何の木 トマトの木 3mもの 高さに成長」

  「菜園の ビニールハウスは 赤トマト 製造工場 鈴なり状態」

  「朝晩の 見回り世話も 楽しみで 熟れたトマト いいとこ妻が」

Posted in 人間牧場 | コメント数 2

人間牧場

◯県警音楽隊は凄い

 一昨日大洲市田処で県警音楽隊の演奏を聴きました。私はこれまでにも何度か、県警音楽隊の演奏を目の当たりしましたが、いつ聴いてもハツラツとしてうっとりしました。金管楽器の吹けない私には羨ましく聴こえ、輝いて見えました。

Posted in 人間牧場 | コメント数 4

人間牧場

〇親父とおふくろの法事

 早いもので親父が亡くなって丸2年が過ぎようとしています。亡くなった年には49日や納骨、新彼岸、新盆、施餓鬼、一周忌と、まあ忙しい仏事が続きましたが、この一年はお盆や彼岸程度の仏事で平常に戻りました。しかし今年の命日には三回忌の法事をしなければならず、少し先取りしてするのが常識なので、昨日は親類が集って法事をしました。

 今年はおふくろの十七回忌に当たることから、親父とおふくろの法事を失礼ながら一緒にやることにしました。法事は和尚さんを呼んで読経をしてもらい、お寺とお墓へお参りするのが通例なので、私がお寺との相談を、妻が会食の準備をそれぞれが担当しました。私はどおってことはありませんが、妻は馴れているとはいえ、数日前から家の掃除をしたり、会食の手配をしたり、気遣いもあってそれはもう目の回るような忙しさでした。

 昨日は偶然にも昨年親父と同じ日に亡くなった、親父の妹の一周忌の法事と重なってしまい、結局叔母の法事には出席できず、前もって訳を言って事前に線香を手向けに行き、お許しをいただきました。昨日は10時40分から自宅で法事を行ないました。親父は12人兄弟姉妹の長男でしたから、何人か亡くなってはるものの出席者も半端な数ではないのです。

 居間に祭壇を飾り、親父とおふくろの遺影や繰り出し戒名の位牌を並べ、妻が作って供えたお料具膳を前に、和尚さんの読経やお説教を聞き焼香を済ませた後、お寺とお墓にお参りして塔婆を立て、無事仏事を終えました。親父やおふくろの思い出話に花を咲かせて会食し、午後3時過ぎに無事散会しましたが、1・3・7・13・17・23・27・33・50・100回と続く気が遠くなるような仏事を、これからも長男の務めとして行う予定です。

  「三回と 十七回を ご一緒に 自宅でしめやか 和尚の読経」

  「指折って 先祖の法事 目論むが この歳ゆえに 忘れる危惧も」

  「久しぶり 親類縁者 集って あれやこれやと 思いで語る」

  「疲れたと 妻は肩の荷 降ろしつつ 早くも次の 法事目論む」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇熊野神社で藤縄神楽に参加しました(その2)

 田処活性化センターから、川沿いの道をホタル観賞しつつ、みんなで歩いて熊野神社へ向いました。今年は天候不順で朝晩冷えて、例年よりホタルの数が少ないと地元の人から聞いていましたが、それでも沢山のホタルが飛び交っていました。辻々に置かれた手作りの行燈の鈍い明かりが足元を照らし、夕闇の向うからは夜神楽の太鼓が響いていました。

飛び入りで日月の舞を舞う私

 熊野神社の石段を登って境内に出ると、沢山の人が拝殿を取り囲むように集って、夜神楽に見入っていました。藤縄神楽の世話をしている石岡さんから、「お待ちしていました。早速ですがひと舞お願いします」と促されました。藤縄神楽保存会の社中の人も、毎年私がやって来て、舞を披露するのを待ってくれているのです。拝殿に入り早速本殿に二礼二拍手一拝したあと、めくりの「日月の舞」に飛び入り参加しました。

 この演目は洋食皿程度の日と月の2枚の皿板を両手に乗せ、落ちないように自分の身体をスピードを上げて回転させ手に吸い付かせるのです。数年前には興味本位で飛び入り参加して、見よう見真似でやったものの、調子に乗って体を回し、目を回して転げてしまい聴衆の爆笑を誘った苦い経験があるので、自分の目を時々皿板にやりながら、皿板が落ちないよう太鼓の音色に合わせて、かなりのスピードで回り、やんやの喝采を浴びました。

 石岡さんからお礼にお餅を貰い下座しましたが、伝統ある夜神楽を今年も元気で、見たり舞ったりすることができました。「また来年も来て下さい」と声を掛けられ、また松山から来たという拝殿に座って観賞していた主婦から、「凄いですね。2枚のお皿がどうして落ちないの?」と、甘いお褒めの言葉をいただいて、悦に入った私でした。田処小学校跡地施設に戻って、年輪塾の交流会に夜のふけるまで参加しましたが、日月の舞はここでも話題になりました。

  「ホタル見つ 太鼓の音に 誘われて 松明明かりの 熊野神社へ」

  「待ってたよ 声に諭され 拝殿へ 早速飛び入り 藤縄神楽」

  「演目は 日月の舞 皿2枚 両手広げて くるくる回る」

  「お上手ね 松山マダム 誉めてくれ 調子に乗って 来年約束」

眞鍋さんが送ってくれた月日の舞を披露する私

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇親父の三回忌と母親の十七回忌の準備

 親父が亡くなって丸2年が近付き、わが家では明日11日の日曜日に和尚さんを呼んで、三回忌の法要をやることになり、妻が中心になって準備を進めていますが、今年は母親の十七回忌も一緒にやることになりました。昨日は天袋にしまっている祭壇を背の高い息子に頼んで取り出して、居間に飾る作業をしました。

 親父の葬儀、粗彼岸、施餓鬼、一周忌、新盆など、この2年間は休む間もなくやって来る仏事を、これも長男たる私たち夫婦の役目だと思い何とかこなしてきました。今回の三回忌でやっと一段落するものと思われますが、親父の遺影とともに母親の遺影を、久しぶりに取り出し祭壇に飾ると、まるで昔の家族が揃ったような賑やかな錯覚にとらわれ、在りし日の思い出がつい昨日のことのように思い出され、時々準備の手を休めては思い出に耽りました。

 明日は久しぶりに兄弟姉妹や子どもたちが揃いますが、和歌山に住む弟だけは帰省が叶わず、少しだけ寂しい感じがしています。それでもみんなそれぞれまあまあ元気で出席する旨の連絡があり何よりです。集ったら久しぶりに懐かしい昔話をしようと思っています。
 「三回忌 十七回忌の 法要を 営む準備 着々進む」
 「私たち 長男夫婦 家守る 役目背負って 仏事営む」
 「父親と 母親遺影 祭壇に 飾り賑やか 昔髣髴」
 「月日経つ 早さ実感 妻私 70峠 越えて今日まで」 

 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから

人間牧場

〇鷹の羽根

 今朝ウォーキングをしていると、特養老人ホーム夕なぎ荘の前で、一匹の鷹が飛んでいるのが目に止まりました。やがて鷹は電線に止まりました。私が近付くと鷹は何かを落として飛び立ちました。糞でもなくどの部分か知る由もありませんが、それは綺麗な綺麗な一枚の羽根でした。

舞い落ちた鷹の羽根

 空中を舞うように落ちてきた羽根は、何か私にメッセージを伝えたかったのかも知れないと、一人思いながら見え隠れして、遠くへ飛んで行った鷹を暫く見つめ、羽根を拾ってわが家へ持ち帰りました。息子と孫がわが書斎に集まって来て、孫に「欲しい」とせがまれましたが、「あとで~」と断わり、あれやこれやと話は大いに盛り上がりました。

 昔は鳥の羽根の根元を削ってインクをつけ、手紙を書いたようなので、私も古事に習って拾った鷹の羽根の先を削って、ハガキを書いてみようと思っていますが、上手く行くかどうか微妙です。それはさて置き、「鷹の羽根」を話題に、少し物語を書いて絵本にでもしたら面白いと思いました。やってみようかしら・・・。また若松進一少年?の好奇心が頭を持ち上げ始めました。(大笑い)

  「ウォーキング 一羽の鷹が 目の上で 飛び立つ瞬間 羽根を一枚」

  「ヒラヒラと 舞うよう落ちた 羽根を見て どこかメルヘン 物語のよう」

  「羽根先を 削ってインク つけて書く はがきも一趣 価値があるかも」

  「鷹の羽根 見れば見るほど 綺麗です 人間技では とてもできぬと」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇梅雨入りの日の思わぬ突風被害

 前日九州や山口県が梅雨入りしていたので、四国もそろそろと思っていましたが、昨日の昼頃昨年より少しだけ遅れて四国地方も梅雨に入り、昨日は朝から一日中雨が降りました。午前中はそれ程でもありませんでしたが、午後からは強い雨に加え低気圧の影響で突風が吹き荒れて、ぬかるんだ家庭菜園の野菜類の根元を揺らし、折角順調に育ち始めたナスやピーマン、それに背の高いトウモロコシは倒れたり折れたりする被害に遭いました。

突風でなぎ倒されたトウモロコシ

ひっくり返ったナス畑

 毎年のことゆえ、「またか!!」と諦めていますが、雨が降らず「一雨のお湿りが欲しい」という願いは解決したものの、強風を伴った大雨は思わぬ禍根を残しました。雨でぬかるんでいるので菜園の中には入れません。水が引いて乾けば支柱を建て直したりしながら、早急に復旧作業をしなければなりませんが、何とも気の重い朝を迎えています。

 今朝は雨や風は止んだものの霧が深く立ちこめています。これから1ヶ月余りは、これまでに二度もわが家の裏山が崩れて、大被害に遭ったことがあるので、梅雨の長雨による被害も想定しなければなりません。そんなこともあって妻は、普段無用の長物である雨合羽や長靴をしっかりと用意して、不慮の災害に備えています。私たちは豊かな自然の恵みの中でくらしていますが、自然災害の多い日本に住んでいることも忘れてはならないと思いました。

  「九州や 山口続き 四国でも 入梅したと テレビ報じる」

  「低気圧 近付き雨を 伴った 強い突風 野菜に被害」

  「ああまたか!! 毎年同じ 繰り返し 腹が立つけど どうしようもなし」

  「雨欲しい だけどそんなに 欲しくない 勝手なものと 自分を笑う」

 

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから
« Older
Newer »