人間牧場

〇嬉しいミツバチの入居

 この2~3日、急に気温が上がり、日中は全国各地で気温が上がり、初夏を通り越して30度を越す真夏日になったようです。今年は朝のウォーキング途中、冷んやりする日が続いていて、キンリョウヘンの力を借りても蜜蜂が殆ど動かず、今年はもう駄目かも知れないと思いつつ、昨年も6月2日に4号巣箱に入居したことが予定表に記録されているので、ある部分期待をしながらヤキモキしていました。

入居を始めたミツバチたち

 2~3日前から斥候蜂が2~3匹、巣の入口付近でウロチョロするようになっていましたが、昨日の夕方人間牧場での研修を終えて帰宅すると、私の代役で妻と一緒に親類の法事に出かけて一足先に帰っていた息子が、「お父さん、蜜蜂が2~3箱に入居したかも知れない」と、嬉しそうに話ながら巣箱へ案内してくれました。見ると巣箱の入口にかなりの数の蜜蜂がたむろし、何匹は蜜集めの働き蜂が飛び始めていました。

 諦めていただけに嬉しいミツバチの入居です。まだ蜜源となるミカンの花も少し残って咲いているようなので、天気が安定しているようなこの一週間で、しっかり定着して欲しいと願っています。私は巣箱の世話、息子は私が採集した蜂蜜の精製と、親子でそれぞれの担当をしていますが、趣味で養蜂を始めて6年になり、お互いがお互いの役割をしっかりと認識してやっています。ミツバチが私たち親子の絆をより強くしてくれているようです。何はともあれ嬉しいミツバチの入居でした。

  「ミツバチが 巣箱に入居 したようと 息子嬉しい 一報伝え」

  「このところ 気温が上がり ミツバチも やっとお目覚め 入居確認」

  「ミツバチの 世話は私の 役割で 息子精製 それぞれ分担」

  「ああ今日は いい日だったと 予定表 『入居』書き込み 来年参考」 

 

Posted in 人間牧場 | コメント数 1