人間牧場

〇ツバメの巣の糞害で糞慨

 家の入口に鉄筋コンクリート造の駐車場があります。私の乗用車専用に使っていますが、毎年この時期になると少し憂鬱になります。というのも南の国からやって来たツバメが毎年決まったように、車庫の軒先に巣作りをするのです。ツバメは田植えの準備の始まった近所の田圃を低く飛び交い、土や枯れ草を口に加えて持ち帰り、昨年使っていた巣を子育てや居心地がいいように修復するのです。

車の糞害

車庫軒先のツバメの巣

 冬の間はちゃっかりスズメがこの巣を横取りして使っていましたが、ツバメに追い立てられるようにスズメはいなくなったものの、スズメが運んで来たであろう巣の中の敷き藁は全て外に放り出され、それらが私の乗用車の上に撒き散らされ、おまけに白や黒の糞まで落すのです。これを運が付くと考えるか、運の尽きと思うかは人それぞれでしょうが、何ともやり切れない気持です。

 何年か前、折角買った新車を大量の糞で汚されて噴慨し、シャッターを閉めてやりました。行き場を失ったツバメは入口付近で右往左往していましたが、「折角南の国からこの家を選んで里帰りしたのに、シャッターを閉めるなんて、あなたは非道な人間だ!!」と妻にののしられ、私「新車を汚された者の気持が分るか!!」、妻「車は洗えば綺麗になる!!」、私「車は誰が洗うのか!!」、妻「それはあなたしかいないでしょう!!」てな調子で言い争い、私は妻に負けました。

 今年も嬉しいことにツバメはわが家へ里帰りしてくれました。今年も憂鬱なことにツバメが車をわが物顔に汚しています。シャッターを下ろす勇気もなく、妻と言い争う気力もなく、今朝もツバメの巣を口を開けてポカンと見ています。最近ツバメが減ったというニュースを風の噂に聞きました。「愛鳥習慣は365日」という友人(さんきら自然塾の水本孝志さん)さえいるのですから、せめて愛鳥週間の今くらいはツバメに寄り添いたいものです。

  「今年も 南の国から 里帰り ツバメ巣作り 軒先借りて」

  「この時期に なると憂鬱 車庫内の 車の上に 糞がたくさん」

  「糞害に 多少噴慨 しています 洗えばすむと 妻は他人事」

  「愛鳥は 習慣ですと 友人が 四季録書いて プレッシャーかけ」 

 

Posted in 人間牧場 | コメント数 1