人間牧場

投稿者: | 2021年1月17日

〇人間牧場で初仕事

今年はこれまで、正月を挟み年末から新春にかけて荒れた天気が続き、人間牧場での農作業ができませんでしたが、昨日は久しぶりに温かい天気だったので、子ども体験塾を終えて帰宅後息子と二人で人間牧場へ出かけました。人間牧場入り口付近の道は吹き荒れた大風で沢山の落ち葉が積もっていたので、とりあえず息子は熊手、私はスコップで、土や落ち葉を取り除き大掃除をしました。

いただいたポンカンと甘平

 その後水平線の家の壁面に作っている書棚から、息子が読みたい二宮金次郎や中桐万里子さん関連の本を5~6冊選び出し自宅へ持ち帰りましたが、息子もやっと親子そろって同じような本を読みたい心境になっているようです。帰宅途中西嶋さん宅の前で選果中の奥さんに呼び止められ、ポンカンと甘平をキャリー一杯いただきました。

クヌギの苗木を植える予定の豊田漁港の見える丘

 その後豊田漁港の見える駄馬の畑に立寄り、来月里山運動でクヌギの苗木を植える予定の場所を見回り、打ち合わせを行いました。とりあえず100本を目標に植える計画なので、来週からその準備を始めようと思っています。棒縄定規や竹の杭、地堀鍬、畑に植えている苗の堀上など、しっかり用意をしたいと思っています。一昨日農機具店へチェンソーを持ち込み、目立てもしてもらい準備は着々進んでいます。

「正月を 挟んで年末 年始荒れ 作業ができず やっと緒に就く」

「大量に 落ちて積もった 土・葉っぱ 息子と二人 掃除おさおさ」

「甘平と ポンカン貰い 持ち帰る 今年は低温 農家心配」

「春間近か いよいよ今年も 始まった あれこれ思い 巡らせ準備」

[ この記事をシェアする ]