人間牧場

投稿者: | 2020年9月20日

〇一年分の牛糞

 定年退職した60歳ころは親父もそれなりに元気だったし、私もそれなりに講演などで忙しかったため、家庭菜園での野菜作りは耕運機や草刈り機を使う仕事以外は、もっぱら親父に任せきりでした。その後親父の足腰と気力がなくなってからは、私が家庭菜園の主導権を握るようになり、親父亡き後の家庭菜園は私の専権事項となりました。

庭先の届いた完熟牛糞

 私は「安心安全な野菜作り」をモットーに、農薬を一切使わず牛糞や豚糞などの有機肥料で土づくりをしていますが、これが中々手ごわく毎年リベンジは誓うものの失敗の連続です。それでも色々な人の助言もあって、最近では少し自信のようなものもついてきて、お裾分けする知人や友人、親類から喜ばれています。

 昨日頼んでいた牛糞が届きました。この牛糞は大洲市八多喜の業者さんから毎年30袋ずつ購入するため、10袋に1袋おまけがつきますが、諸般の事情でこれまで1袋300円だったのに、1袋30円値上げとなりました。自宅まで運んでくれる労力を思うと30円の値上げなどほとんど気になりませんが、昨日は1万円でもう1袋、合計34袋が届きました。

 庭の隅に下ろしてもらった牛糞の袋を、納谷倉庫まで1輪車で運び積み上げました、あいにく手伝ってもらうはずだった息子が外出していて、私一人での作業となり、すっかり大汗をかきましたが無事運び終えました。この完熟牛糞を使って今年も来年も美味しい野菜を作りたいと思っています。

「今年も 34袋の 牛糞が 自宅に届き 倉庫にしまう」

「完熟の 牛糞使い 菜園で 野菜を作る 有機栽培」

「安全と 安心モットー しているが これが中々 思うに任せず」

「収穫の 野菜は全て 金にせず 知人友人 親類配る」

[ この記事をシェアする ]