人間牧場

投稿者: | 2019年7月21日

〇水と健康

 今年も暑い夏がやって来ました。夏は暑くて汗をかくためノドがよく乾きます。特に農作業をした時などは、着ている作業服が汗でずぶ濡れになって、脱水をしていない洗濯物のように、搾ると滴り落ちるほど大量の汗をかきます。

最近はペットボトルが普及して、町中の至る所に置かれた自動販売機で手軽に買い求めることができるので随分助かりますが、ペットボトルの難点は暑い外気温で直ぐに温くなってしまうことです。そのため魔法瓶に氷とお茶を入れて持ち歩き小まめに水分補給をしていますが、汗をかいて飲む冷えた水分は、まさに砂漠でオアシスに出会ったような美味しさです。

 私たちは何気なく水を飲んで暮らしていますが、意外と水のことには無頓着で、人間と水の関係となるとこれまた知らないことが多いようです。「どんな水をどれだけ飲むか?」は私たちが健康に生きる上で極めて大切なことなのです。

人間の体は約6割が水で、体の至る所に水が存在しています、皮膚の70%、筋肉の80%が水分、血液やリンパ液、消化液も水で満たされています。これらの水は絶えず循環して、体を出入りする水の量は一日2.5ℓにもなるのです。この水の循環が重要で、血液に乗って体の各部位へ運搬されますが、水分がきちんと巡るには①十分な水が補給されていること、②水分の滞りがないという二つの条件が満たされなければなりません。

そのためには水の正しい飲み方が欠かせません。一日に必要な水の摂取量は体重×30ml、50㎏の人なら500mlのペットボトル3本が目安のようです。昼までに500ml、夕方までに500ml、周信1時間前までに500mlくらいのチビチビ飲みが良いようです。水の効果を生かす3つの心得は、①コーヒー屋お茶を水の代わりにしない、②常温で飲む、③運動と併せて飲むのようです。

「何故だろう ペットボトル水 腐らない 世の中知らない ことだらけです」

「人間の 体6割 水分と 聞いて驚く よい水補給」

「体重が 50キロだと 1500ml 3本飲まなきゃ 健康ならない」

「熱中症 ならないように 水補給 今日から少し 心入れ替え」

 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場」への2件のフィードバック

  1. shin-1 投稿作成者

    松島俊枝さん、
    おじいちゃんが92歳とのこと、ご長寿で何よりです。
    台風は、吹き戻しの南寄りの風が吹き荒れましたが、大した被害もなくホッとしています。
    水はい命の源です。お互いいい水を飲んで、健康に過ごしましょう。

  2. 松島俊枝

    我が家でも一日1,500mlは心がけるようにしています。
    特に92才のじいちゃんがいますので…。
    台風の影響はいかがですか⁉️
    お体大切にお励みください‼️

コメントは停止中です。