人間牧場

〇足裏のツボ

 私は左足の親指が内側に曲がる「外反母趾」です。今は亡き祖母も母も「外反母趾」だったので、これは遺伝だと思って何の手当もせずに今日まで生きてきました。「外反母趾」で一番困るのは靴です。私が履く靴は革靴、運動靴、登山靴、農作業用地下足袋、長靴、普段靴の概ね5種類ですが、靴を買いに出かける度に靴先が広めの靴を探し歩き、試し履きをして買うようにしています。

 革靴だけは少しお高いのを妻が専門店で買ってくれますが、それ以外はデザインやお店の格式にこだわらず、足に合いさえすれば安物の靴に甘んじています。最近は相当凝ったデザインの靴が売られていますが、先日ある人から、足裏のツボを描いた紙を貰いました。昨晩風呂から出て扇風機に当たりながら自分の足の裏側を紙を見ながら押さえてみました。

「足や手は口ほどにものを言う」そうで、よく肩がこると訴える妻は、時々人から教えてもらった足の裏のツボに千年灸をすえていますが、子どもの頃から悪ガキの私は、お尻にお灸をすえられた痛い経験があるので、間違っても勧められてもお灸だけはやるつもりはありません。その昔脱衣場に置いていた足裏を刺激する青竹もいつの間にか姿を消していますが、もう一度復活してみようと思い始めました。

「左足 遺伝だろうか? 親指が 外反母趾で 大きく曲がり」

「靴に足 私の場合 足に靴 いつも買うのに 難儀してます」

「ある人が くれた足裏 ツボの図を 見ながら押さえ 少し知識を」

「子の足じゃ オリンピックに 出るの無理 病気予防に 青竹踏みでも」

 

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください