人間牧場

〇ブログのご縁

 昨日の昼頃、子ども体験塾で手打ちうどんを作っている最中に、伊方町瀬戸大江の長岡伝之さんから「時間が取れればお会いしたい」と電話が入りました。午後2時に体験塾の閉講式が終わる予定ながら、夕方には松山に出かけなければならない所用もあって、伊方町瀬戸からは約2時間もかかるので、午後3時に下灘コミセン前で出会いましょうと約束がまとまりました。

人間牧場へやって来た伊方町瀬戸大江の長岡伝之さん
長岡さんが切り倒した榎(長岡さんのブログより)

閉講式を終え一旦自宅へ帰りシーサイド公園に立寄って、ドーナツの店で喜久家プロジェクトに行くことができない旨を小西さんに告げ、約束の場所である下灘コミセンに向かいました。長岡さんは既に軽トラで到着していて、早速人間牧場へ向かいました。長岡さんの出会いの趣きは、榎を切ったという数日前の私のブログを見て、長岡さんも切り倒した榎の木を使ってヒラタケの植菌をしたいとのことでした。

先日切り倒した池久保駄馬の榎を見てもらい人間牧場へ行き、シイタケのホダ場を見たり、短い時間ながら楽しいお喋りをしました。私も長岡さんのブログをよく拝見しているし、長岡さんも私のブログを見ての反応なので、いつも出会っているような気持ちになりました。長岡さんは瀬戸町大江の瀬戸内海を見下ろす場所に住んでいて、ブログを見る限りアウトドア―派のかなり熟練した達人のようで、人生の楽園ともいえる自慢の暮らしぶりを、いつか訪ねて見てみたいと思っていましたが、先を越されてしまいました。

長岡さんは勤めていた郵便局を辞めてから自宅付近を開墾して、まるで公園のようにして暮らしているようです。ブログでしか長岡さんの人となりは詳しく分かりませんが、ブログを通じて音信をメールにて交えれる、現代風の出会い方法も面白いと思っています。達人は色々な所にいるもので、私の人生の縁域がまた少し広がりました。人生は楽しむためにあるのです。長岡さんは出会いを重ねたい人のようです。

「塾最中 これから会いたい 電話入る 束の間時間 出会い約束」

「2時間の 道程苦にせず やって来る やはり達人 骨身惜しまず」

「人生の 縁域増えて また嬉し ブログやメール 使って交流」

「榎の木 ヒラタケ植菌 気になる木 種ゴマ早速 お裾分けとは」

 

 

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください