人間牧場

〇朝寝は時間の出費である

 私の日常は朝4時ころに目が覚めて始まります。「歳をとると朝起きるのが早い」とよく言われるゆえ大きな声では言えませんが、「早起きは三文の徳」とばかりに、早起きの効果を自分に言い聞かせてほぼ毎日、時計に頼ることもなく実行しています。私が午前4時に布団からそっと抜け出しても、一緒に寝ている妻は午前6時まで気づかないふりをして、布団を温めていますが、私と妻の間には朝だけでも2時間の開きがあるのです。

 妻はその理由を家事で疲れているからと言い、「そんなに寝なかったら今に寝たきりになる」と「、もっと朝ぐらいはゆっくり」するよう勧めるものの、長年の習慣は治しようがないのです。私は役場に在職中、地域振興課長をしていたころ、毎朝4時に起床して細々準備をして、毎日朝5時から役場に行く8時までの3時間、自分が作ったシーサイド公園に出かけ、人工砂浜やミニ水族館の水槽掃除に明け暮れました。たった12年間でしたが冬の寒さや夏の暑さもしのぎやった清掃の蓄積は、多くの自信になりました。

 アメリカの実業家カーネギーが「朝寝は時間の出費である。しかもこれほど高価な出費はない」と言っていますが、私も同感です。夏の暑い今頃は日中の気温が35度を超す猛暑になることも珍しくありません。それでも朝晩は気温も幾分下がり、農作業をするのも随分楽なので、朝晩に集中してやっていますが、大雨被害が西日本を襲った今回の水害以降、3週間ほどまったく雨が降らず、菜園の野菜も音を上げ始めていますが、朝晩の谷灌水のお陰で、ナスやピーマン、オクラ、キューリなどの夏野菜は豊作で、毎日美味しくいただいています。

「カーネギー 朝寝時間の 無駄遣い なるほど頷き 今日も早起き」

 「もし私 人並朝が 寝坊なら 人並以下の 人生だった」

 「この時期は 昼間猛暑で 熱中症 ゆえに朝晩 俺流作業」

 「妻が言う そんなに寝ないと そのうちに 寝たきりなるよ 警鐘苦言」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場” への2件のフィードバック

  1. 藤崎さん
    あなたは私から見ればずぼらです。ずぼらにも神様は私と同じ一日24時間の時間を与えています。ずぼらをしても人間は生きれますが、ずぼらをしない生き方もまた楽しいです。どちらを選ぶかは自分次第です。

  2. 若松さんの生活と比べたら私は朝8時前に活動する超ずぼらな生活を送ってます(^^♪野菜は不作でした。それでも果樹の方は実が取れたから満足です。これからオリーブは実が大きくなろうとしてますしデコポンも同じです。金柑も花が咲いて例年通り実が取れます。でも、あまり木が大きくなると狭い庭の余地がなくなるので大きくならないように剪定してます。あらゆる植物を植えているのは野菜のように不作になった時に気持ちが沈むより別のもので挽回しようとする気持ちが働くからです。来年はデコポンと金柑の実が出来るようになった以上、今度は紅マドンナで実を生らせてみようとなりましたね。ずぼらでも楽しい日々を送ってます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください