人間牧場

〇蜜蜂たちも暑そう

私の住んでいる地方では、蜜蜂の分蜂はだいたい5月の連休前後だと記憶しています。そのため誘因のため日本ラン・キンリョウヘンの開花をその時期に合わせて咲かせるよう、工夫をしていますが、このところ思ったように蜜蜂が巣箱に入らず、悶々の日々を過ごしています。5月の連休が終わっても今年は家の裏に置いている僅か1箱しか入居しませんでした。

 

 

 

 

巣箱の入り口でたむろする蜜蜂たち 昨年の絶不調に続いての絶不調に「何でだろう?」と首をひねるのは当然かもしれません。ところが「えっ、何でこの時期に?」思われるように、真夏の1週間前人間牧場に1箱、一昨日家の裏の巣箱に1箱、まさかまさかの入居となりました。さすがに蜜源となる花の少ないこの時期なので、多くの蜂蜜は期待できませんが、何とか自家消費できる定地は確保できそうです。
今夕の蜜蜂巣箱

この時期5月に入居した1箱の蜜蜂は巣箱の中が熱いのか、巣箱の入り口付近にたむろして、盛んに羽音を立てながら巣箱の中へ涼しい空気を送るべく、一生懸命働いているようです。今日は巣箱の入り口を下四方から可能にするため、小さなくさびを作って巣箱の下に打ち込んでみましたが、はてさてどうなることか、結果が楽しみです。

「シーズンが 終わりがっかり していたが 何とこの時期 2箱入居」

 

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください