人間牧場

投稿者: | 2018年7月13日

◯巣立ちの季節

昨日の夕方、息子たちのダイニングで談笑していると、何やら「ゴツン」という鈍い音がしました。みんな一斉に「あれ?、なんの音」とガラス戸の外を見ると、小鳥の赤ちゃんが、ガラス戸に頭をぶっつけ、脳しんとうを起こしていました。「可愛そう」と外に出ようとする3年生の孫を静止し、しばらく皆で見つめていました。

  1. 脳しんとうを起こした巣立ちの小鳥

    その内小鳥の赤ちゃんは、近くまで飛んできた親鳥の声に促されどうにか歩けるようになり、通路の向こうの石の上まで飛びました。小鳥の雛はまだ頭に産毛が生えていて、やっと巣立ちを迎えたようでした。車庫の蛍光灯の上に、今年もつばめが巣を作り親鳥がせっせと赤ちゃんに餌を与えて育てています。

巣の下には私の愛車を置いていますが、ボンネットの上は毎日フンで汚れていますが、妻は「もう少しだから我慢して」と私に自制を求めています。昨日も外出する時フンを水洗いして落しました。妻は私には厳しいのに、ツバメには優しいのです。若いツバメ?の方が私よりいいのでしょうか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.