人間牧場

投稿者: | 2018年7月5日

〇カブトムシの飼育

 腐葉土を作るため人間牧場に自作でブロックを積み、落ち葉ストッカーを造っていますが、息子はこの施設を利用して趣味のカブトムシ飼育を始めています。春先、「ブロックの上を金網で覆うにはどうしたらよいか」と息子から相談があり、挙句の果ては私が作ることになりました。早速息子と一緒にホームセンターへ出かけ、金網や算木、釘などを買い求め、春先の暇を見つけて作ってやりました。

金網で囲った落ち葉ストッカー

成虫になったカブトムシ

カブトムシに小便をひりかけれけられました

作った金網蓋を運んで息子と一緒に実験をしましたが、ほぼ計算通りストッカーの上を覆えるようになりました。この数日前から気温がグングン上がり、冬を越したカブトムシの幼虫が成虫になって、腐葉土の中からはい出し始めました。毎日仕事で忙しい息子は、何かにつけて私に言い寄り、金網に留まったカブトムシを捕獲して自宅まで持ち帰るよう頼まれますが、自宅と人間牧場は10kmも離れているので、早々毎日のようには出かけれれないのです。

 それでも少しだけ気になって、昨日は息子の用意した虫籠を持って出かけました。金網覆いの隅にカブトムシを見つけ、手足を傷めないよう角を持って虫かごに入れてやると、カブトムシは元気に動き回っていました。昨日だけで9匹をゲットし持ち帰りましたが、息子は仕事から帰ると倉庫の飼育場に持ち込んで餌を与えていました。7月中に200匹ほどもカブトムシを集め、松山空港で子どもたちへ無償で配るそうです。とてつもない馬鹿げていると思われる息子の夢の片棒を、どうやらいつの間にか私も担がされてしまっているようです。

「牧場の 腐葉土作る ストッカー カブトムシ飼育に 息子あれこれ」

 「夏が来た 腐葉土中から カブトムシ 毎日ゾロゾロ 地上這い出る」

 「頼まれて 金網囲い 作ったが 今度は成虫 回収までも」

 「バカ息子 親バカ上手く 巻き込んで いつの間にやら 夢中にさせて」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.