人間牧場

投稿者: | 2018年4月20日

〇美味しいフキの佃煮

 一昨日人間牧場で草刈りをしていると、梅林の木陰に沢山のフキやツワブキが生えていました。毎年のことながらフキやツワブキは草刈りの邪魔になるので、食用に採った後は雑草と一緒に草刈り機でなぎ倒してしまうのです。自然に繁殖繁茂したフキやツワブキはこれほどいじめても、また来年は新しい新芽を出してはびこるのですから、驚くほかはありません。

(立派なフキとツワブキ)

 フキもツワブキも採集してひと手間加えれば、お茶漬けのお供によく合う、美味しい煮付けや佃煮ができるので、毎年のことながら重宝していますが、妻は仕事に出ているし採集しても結局は、自分が皮を剥いて水に晒すまではしなければならないので迷ってしまいます。ましてやフキやツワブキは灰汁が強く、皮を剥くとその灰汁が手先の指や爪を茶色にして、洗っても中々落ちないので、どうしたものかと思案するのです。

 透明の薄い手袋をはめ、ツワブキは半日ほど日向に置いてシンナリさせれば皮が剥き易く、フキはポキポキ折りながら皮を剥き、手桶に水を溜めて下処理をしました。妻はそれぞれを茹で、フキは佃煮風、ツワブキは魚と一緒に煮つけにして夕食の食卓に出してくれましたが、中々の味で熱々の白いご飯によく合いました。

 先日漁協のじゃこ天おばさんたちから、「もうそろそろフキが届く頃じゃねえ」と、早速リクエストがありました。今度はフキをいっぱい採って、毎年心待ちにしている知人や友人親類にお裾分けしてあげたいと思っています。山は山菜の宝庫です。その気になれば存分に季節を味わうことができて幸せです。

 「草刈りの 行く手を阻む 山菜を 採って帰ると 下処理自分」

 「フキの灰汁 指先付けば 茶色なり 中々落ちない 最近手袋」

 「この時期は その気になれば あれやこれ 山菜多く 食卓嬉し」

 「フキ欲しい 早速友人 リクエスト 次の草刈り 予定を立てる」