人間牧場

投稿者: | 2018年3月5日

〇たった一日のことなのに

 今朝も朝5時、まだ外は暗い中をウォーキングに出かけました。昨日の穏やかな天気が嘘のように、地面は既に天気予報通り雨で濡れ、通称やまぜと呼んでいる南西の風が強く吹いていたものの、雨は止んでいました。傘も持たず天一稲荷神社から伊予銀付近まで歩くと、伊予灘由利島沖合辺りでいな光がして、音は遠くて聞こえなかったものの、一瞬カメラのフラッシュのように辺りの様子が5~6回見えました。

 その内雨がポツリポツリと落ち始めました。やばいと思い、少し足早に小走りして日ごろのコースを断念し、家を目指しましたが時既に遅く、大粒の雨脚が強くなってまるで濡れネズミのような格好で家にたどり着きました。いやはや参った参ったでした。脱衣場に入り服を全て脱いで汗や雨で濡れた身体を、乾いたタオルで拭き着替えをしましたが、昨日と今日の天気落差を思うと、たった一日のことなのに春は三寒四温の回転が速く、油断はできないと思いました。

採集したワカメ

 昨日私は、菜の花ウォークの後、陽気に誘われて性懲りもなく一人で3日前に続き磯遊びをしに出かけました。ヒジキは十分ゲットして加工しましたが、ワカメはまだ少し不足していたからです。前回見つけていた私だけの穴場に降りて、草刈り鎌で波打ち際の磯に生えたワカメを、予想以上に沢山撮ることができました。昨日は大潮最後の日で、今日からは中潮になって引き潮の時間が遅く、引き際度合も少なくなってワカメが採集できないことを思うと、昨日は天気も良く穏やかでラッキーな思いつきでした。

 今日は天気の様子を見てワカメの湯通しをしたり、お裾分けをしなかればなりません。茶色のワカメが湯通しすると目の覚めるような緑色に変身する様子を見るのも大好きです。今日は先日facebookで見た宇和島市吉田町の鹿島さんに見習って、ワカメのしゃぶしゃぶ、つまり湯通ししていない茶色のワカメを水洗いして一口サイズに切り、卓上コンロの上に土鍋を乗せ、お湯が沸いた所へワカメを箸で入れ、居ながらにして化学変化した緑色のワカメをしゃぶしゃぶし、ゴマダレか酢醤油で食べるというマジックをやろうと思っています。

  「ウォーキング いな光した 道すがら 降り出した雨 ずぶ濡れネズミ」

  「昨日午後 穴場の浜で 磯遊び ワカメ沢山 ゲットしました」

  「さあ今日は 天気見ながら ワカメ湯で 知人友人 お裾分けする」

  「友人の facebookを 見習って ワカメしゃぶしゃぶ 面白そうだ」