人間牧場

投稿者: | 2018年1月27日

〇孫の成長は早い

 上野動物園のパンダんオ赤ちゃんと同じころの、昨年6月13日に誕生した女の子の孫花菜は、その後パンダに負けないようスクスクと育ち、最近は手足をバタつかせながら、ハイハイができるようになってきました。年末から年始にかけて妻が風邪を引き、移してはいけないと思い、私も何かと忙しかったので、松山に住む次男の家へは行く機会を逸していましたが、幸いメールという優れた現代文明機器のお陰で、ほぼ一週間おきに孫の様子が写真や動画で届き、家ではパソコンを使わない妻に、タブレット端末を使って見せてやると、目を細めながら成長の跡を辿って楽しんでいるようです。

ハイハイができるようになりました

 一昨日まちづくりの仕事で北条立岩へ出かける途中、孫の顔を見ようと次男の家へ立ち寄りました。あいにく孫はお母さんのリスリング内でうつらうつらしていたようでしたが、私の押したチャイムの音で眼覚め、眠気眼で私の顔を「どこの人だろう」という手合いで見つめていました。無理もないことで、正月に会ってから約1ヶ月会っていないのですから、当然のことです。抱っこすると半泣きになるので、床暖房の上に敷いたマットにあお向けに寝かせ、寝返りやハイハイをさせようとしました。最初はきょとんとしていたのに、段々慣れておもちゃや私の腕時計に興味を持ち始め、寝返りとハイハイを披露してもらいました。

孫の成長は早いなあと、わが身に積る老いも忘れて思いました。自分では若いと思っていても、昨日ある人の告別式で久しぶりに出会った、かつての仲間は歳相応の姿でした。多分その人から見れば私も歳相応に見えたに違いありません。また今朝の愛媛新聞の文芸欄川柳に投稿している、かつての先輩にあいさつがてら電話すると、年末に大病を患い、やっと回復しつつあるようでしたが、今年88歳の米寿を迎えたそうです。この孫花菜が20歳になる頃に、私は93歳のおじいちゃんになります。子どもは日に日に成長し進化をして行くのに、私は確実に一日一日老化の一途を辿ります。これも人生です。

「一ヶ月 見ない間に 孫成長 早くも寝返り ハイハイ出来て」

 「爺さんの 顔を忘れて 半泣きの 孫を抱きしめ そこらを歩く」

 「この孫が 20になったら 93 歳の開きは これから先も」

 「進化する 孫に比べて この俺は 退化老化の 坂を下りぬ」