人間牧場

〇いつまでも歳を取らない私

 写真に写った自分の姿は、撮ったその瞬間を的確にとらえて時間を止めてしまいます。ゆえに自分の実像と写真に写った自分の虚像は同一「=」なのに、次第に変化して行くのです。若い女性や女優さんが、自分の若い時の姿態を写真や映像で残したいと思うのは当然で、今年73歳になった私などはまさに醜いアヒルの姿に落ちぶれていますが、「私にだって若い頃があったんだ」と実感するのは、人間牧場の水平線の家に置いている自分の等身大のパネル写真です。

いつまでも歳をとらない私の等身大の写真パネル

 この等身大のパネル写真は、国土交通省が人間牧場で開いた観光カリスマ塾の折、運営に携わった年輪塾の松本小番頭さんが、少ない予算をやりくりして作ってくれたものです。写真撮影はは私の名刺や夕日徒然草の印刷を手掛けてくれている今治の村上さん、パネル製作は新居浜の十亀さんが関わってくれました。元々の発想は宮崎県庁の仕事で宮崎市を訪ねた時、当時宮崎県知事をしていた東国原さんが、トップセールスのため県庁を留守にすることが多いので、県庁の玄関先に来訪者の記念撮影用に作った等身大写真パネルを見たことでした。

 製作した私の等身大写真パネルは、私のトレードマークともいえる「木になるカバン」を持った、ひょっとしたら自分の人生で一番脂の乗ったころの写真なのです。このパネルは私がいようがいまいが、人間牧場を訪れた人を微笑みを持って、歳を取ることもなくいつも迎えてくれています。時には酒に酔った仲間に、外のウッドデッキに持ち出されて横にされたり、逆さまにされて記念写真に納まっているようですが、これもまた悪気のない楽しい悪戯だと思って見逃しています。サプリメントのコマーシャルになぞらえると、私の今の姿と等身大の写真パネルは、使用前と使用後、ビフォアーとアフターって感じです。アッハッハです。笑ってください。

「牧場の 部屋に置かれた 等身大 写真パネルは 歳もとらずに」

  「いいものを 作ってくれたと 感謝する 木になるカバン 持って堂々」

  「私にも こんな時代が ありました 今となっては 虚像だけれど」

  「横にされ 時には逆さに されながら 仲間悪戯 それもまた良し」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場” への1件のフィードバック

  1. 身体の老化は防ぐ事は出来ませんが、遅らせる事は出来ます。それは生涯において誰にも迷惑のかけない自分の満足な行動をする事です。私はそれを実行しようとしてます。でも今は家族に迷惑をかける状態なので計画を練っているだけです。

コメントは受け付けていません。