人間牧場

〇赤いブルゾンジャンバー

 国立大洲青少年交流の家で開かれた第10回地域教育実践交流集会の2日目の目覚ましトークを前に、年輪塾小番頭の松本さんから一枚のブルゾンを手渡され、「塾長さん、このジャンバーを着て壇上へ上がってください」と言われました。目覚ましトーク・インタビューダイアローグのインタビュアーとして、約90分間4人の登壇者を相手に回し人の役目をする台本が、グルグル頭の中で渦巻きました。

小番頭が作ってくれた赤いブルゾンジャンバー

 ブルゾンを着て壇上へ上がることはできるが、「どこでどう参加者に違和感なく気づかせるか?」、中々難しい宿題でした。幸い今年は近江聖人中江藤樹が鳥取米子から大洲に来てから400年という意義ある年だし、大洲青少年交流の家の真鍋所長は年輪塾の塾生でもあり、辻先生に書てもらった「五事を正す」という掲額も所長室の入り口に飾っているので、結局は「地域教育とまちづくり」というダイアローグのテーマでの討論会のまとめを中国の古書「大学」で開眼した中江藤樹と二宮金次郎の数奇な運命になぞらえました。

 赤いブルゾンの背中にかかれた、「KINJIRO」の白抜き文字は見事な広告塔になりました。ダイアローグの大役を終わって壇上から降りると、何人もの人が私の所にやって来て、名刺を交換しながら「大学」や「五事を正す」、赤い「ブルゾン」が欲しいとねだられましたが、私は義兄の法事に行く時間が迫って、お後よろしく会場を後にしました。来年2月2日には松山市民会館で劇団わらび座によるミュージカル金次郎が行われる予定です。赤いブルゾンジャンバーの波紋はさらに広がりそうな気配です。

  「この赤い ブルゾンジャンバー 着て上がれ 小番頭から 言われアドリブ」

  「90分 司会しながら あれやこれ 考えながら 機会伺う」

「ブルゾンを 着て壇上に 上がったが 似合っているか 全く分からず」

  「ブルゾンで また新しい 物語 できそな気配 お後よろしく」

 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場” への2件のフィードバック

  1. イメージチェンジされて良いと思いますね(^^♪ 皆は話を聞いているものの目は別の場所を見つめている人が居ますので、ぱっと鮮やかな赤いブルゾンは注目の的にされますね(笑)

コメントは受け付けていません。