人間牧場

〇夕映えの海

 私の町は平成の大合併で現在は伊予市となりましたが、それまでは双海町という自治体でした。当時は町の名前に海がついている町村が吉海町、内海村、西海町、それに双海町の4つもありましたが、いずれの自治体も対等とはいいながら吸収されるような形で吉海町は今治市、内海村と西海町は愛南町、そして双海町は伊予市と合併し、地図上から自治体の名前は消えました。しかし町の名前は消えてもどの町も、海沿いに面してそれは綺麗な風景を保っています。

夕映えのシーサイド公園

由利島

青島

釣島・興居島辺り

うっすらと見える大分県姫島

昨日の水平線に沈んだ夕日

 私の町は瀬戸内海にありながら、どちらかというと外洋性の伊予灘が前面に広がっていて、水平線上には様々な島々がよく見えるのです。昨日の夕方夕日を見にシーサイド公園に出かけましたが、西沖合には山口県八島、平郡島、北沖合には山口県周防大島、小水名瀬島、大水名瀬島、愛媛県青島、怒和島、二神島、由利島中島、釣島、興居島が、まるでこちらを向いているように並んで見えるのです。昨日は午前中に降っていた雨が上がったため空気が澄んでいて、遠く西の彼方に九州大分県の国東半島や姫島まで見えました。姫島から松山まで黒曜石を積み、丸木舟で航海したことも懐かしい思い出です。

 私は若いころ漁師をしたり社会活動をしていたので、それぞれの島にそれぞれの思い出がたくさん残っています。中でも由利島は、ひょうたん型由利島共和国と命名し、自らもパロディ大統領に就任し、20年間も無人島キャンプをやったこともあって、思い出は一入です。今は某テレビのダッシュ島となってテレビ画面で賑わっていますが、少し首をかしげる使い方に違和感を覚えています。夕映えの瀬戸内海に浮かぶ島々もそれは綺麗です。子どものころ母親に連れられて少し小高いミカン畑へよく連れて行かれましたが、母親と並んであぜ道に座って、いつかはあの島々に行ってみたいと、思いを巡らせましたが、それも今となっては懐かしい思い出です。

  「わが町の 沖合浮かぶ 島々に 行ってみたと 少年時代」

  「無人島 由利島通い 20年 キャンプしたこと 今も懐かし」

  「雨上がり いつもは見えぬ 姫島が かすかに見えて 驚きました」

  「夕映えの 海の風情を ただ一人 のんびりゆっくり 楽しみました」

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちらPost a comment or トラックバックはこちら。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記入したあなたのemailアドレスは、ブログページには表示されません。