人間牧場

投稿者: | 2017年9月25日

〇愛媛県母子寡婦福祉大会

 昨日は松山市山越の愛媛県男女共同参画センターで愛媛県母子寡婦福祉大会が行われ、講演を頼まれて出かけました。会場には愛媛県内から300人もの人が集まっていました。「心豊かに生きる」という演題で1時間余りお話をさせてもらいましたが、参加者の反応も良くノリノリの話に終始賑やかでした。国から出向している原副知事さんも祝辞に駆け付けたまま、最前列で私の講演を聞いてもらいました。私と一緒に観光カリスマ百選に認定され旧友である山梨県清里の舩木上次さんと原副知事さんが親友であることは、舩木さんから聞いていて、一度はお会いしたいと思っていたので、うれしい出会いでした。講演が終わって控室までごあいさつに見えられ、恐縮してしまいました。

 

今朝の愛媛新聞朝刊地方版

今朝の新聞に昨日の模様が載っていましたが、これまたお恥ずかしい限りです。退職して自由人となって13年目になりましたが、ここに来てまた最近マスコミへの露出が少し多いので、極力自粛しようと思っている矢先なので、年甲斐もなく多少困惑しています。昨日様々な用事を済ませ夜9時過ぎに自宅へ帰り、新しいパソコンのメールを開くと、大会に参加した3人の女性から、昨日の講演の感想メールが届いていました。最近は講演の感想も、手紙やハガキよりこうしてメールで多く届くようになりました。これも時代の流れでしょうが、反応は嬉しい限りです。その3人の中に知人がいて、「若松さんが大会の講師と聞いて楽しみにしていました。昔私の子どもを無人島キャンプに連れて行ってもらった頃の思い出を思い出しながら、楽しくお話を聞きました。一緒に参加した隣の席の人が、『いい話だった』と褒めていて、私まで褒められたようで嬉しくなりました」と書いていました。

 今朝の新聞をスキャナーでスキャンしようと思いましたが、その仕方が新しいパソコンでは分からず、結局はタブレットで写真に写す方法しか思いつきませんでした。相変わらずパソコンは大の苦手です。でも使わないともっと苦手になるので、昨日から使い始めていますが、「あ~あ」です。昨日皆さんに、「これからの自分の人生で今が一番若いと思い、自分のまだ使わずに残っている9割の潜在能力を使って、楽しく生きましょう」と言った手前、私もこれから大いに頑張ろうと思っています。メールでの感想ありがとうございました。

  「母子寡婦の 福祉大会 300人 参加者前に 舌好調です」

  「今朝朝刊 新聞片隅 載っていた スキャンもできず タブレットにて」

  「目の前に 副知事さんも いらっしゃる 戸惑いながら 肩ひじ張らず」

  「メールにて お礼や感想 嬉しいね 潜在能力 使って生きる」

人間牧場」への4件のフィードバック

  1. shin-1 投稿作成者

    藤崎さん
    過去の悔しさを肥やしにして頑張ってください。

  2. 藤崎貞親

     過去の悔しさを今後の肥やしにしてます。ネガティブでなくポジティブです。ただ見込みだけで何年か先を見てると上手くいかなかった時に失望してしまうから、もしも駄目になった場合も考えるようにしています。でも気持ちも変わり易いのも対人ですね。

  3. shin-1 投稿作成者

    藤崎さん
    過ぎたことを余り考えると、ネガティブにしか生きられません。割り切って前を向いて生きてください。

  4. 藤崎貞親

    私は退職して自由人というのが大変みじめに感じてました。役に立たないから再雇用もされずどう暮らしていいのか?苦痛感でいっぱいでした。なぜそうなったのか?それは再雇用された以後の生活設計しか考えてなかったからです。再雇用残念の告知を1年前からされていたら生活設計も変えていたでしょう。動揺することもなく再就職の準備もしたでしょうし新しい第2の人生も歩んでいたでしょう。またこのようにした職場には奉仕の気持ちは全くありません。ですから松山、伊予市移住の気持ちも場合によってはありますね。

コメントは停止中です。