人間牧場

投稿者: | 2017年9月18日

〇台風18号の避難勧告

 瀬戸内海に面した双海町は、背後に石鎚山と剣山に連なる四国山脈があるため、台風銀座と言われる四国であっても、台風の被害は比較的少ない方です。しかし今回の台風18号は九州から宇和海を経て四国南西部宿毛に再上陸し、まるで直撃のようでした。心配された雨も風も予想以上で、これまでに経験した事のないような非常事態となりました。

 昨日の夕方双海町全域に次のような避難勧告が出ました。多分これまで一度も経験した事のないことなので、避難勧告がどういう意味を持っているのかさえ分らず、恥ずかしながら正直右往左往してしまいました。
 種  別 避難勧告
 発令理由 台風警戒のため
 発令内容 18時20分に双海地区に、避難勧告を発令しました。降り続く大雨により、土砂災害が発生する
      危険があります。付近の住民の方は、できるだけ近所の方にも声をかけて、双海地域事務所、
      下灘コミュニティセンターへ避難して下さい。十分な時間のない方は、近くの安全な建物に避難
      して下さい。中山栗田、永木、上三谷、下三谷、上野、宮下は継続して避難勧告を発令。

 台風は時速35キロのスピードで、足早に四国から離れ北進中ですが、その行く手には心配して電話をかけてくれた沢山の知人友人がいます。あなどることなく備えを万全して通過するのを待って下さい。今回の台風は雨風ともに最強です。只今午前3時です。雨も風も収まり、外ではこれまで息を凝らしていた秋の虫たちが、台風通過を喜ぶように大合唱を始めています。

 今日は台風襲来で延期されていた松前町での講演と、孫たちの運動会が行なわれます。あちらを立てればこちらが立たずで、午前中は講演に出かけるため、孫たちの運動会は少し急いで帰って、午後の部からの見学になりそうです。あと2時間ほど仮眠して夜が明けるのを待って外に出て、わが家の被害状況を、恐る恐る確認しなければなりません。遠くで水かさの増した上灘川の水音が聞こえています。とりあえず「お休みなさい」です。

  「怖かった 大風大雨 台風が わが家直撃 避難勧告」

  「他人事の ように日常 思ってた 避難勧告 外に出られず」

  「昨晩は 眠れぬ夜を 過ごしたが 午前3時に やっと床就く」  

  「2時間後 外の見回り 心配の 種は尽きずに とりあえず寝る」