人間牧場

〇大風で割れてしまった大壷

 一昨日は低気圧と前線に南風が吹き込み、海沿いに面したわが町では、通称「やまぜ」というかなり強い南風が二日間に渡って吹き荒れました。「風が吹いたら桶屋が儲かり雨が降ったら下駄屋と傘屋が儲かる」とは昔の諺ですが、わが家の玄関先に置いてメダカを買っていた大壷が、強風にあおられてひっくり返り、無残にも割れてしまいました。

大風で無残に割れた大壷

 運の悪いことに大壷の、水が少し濁ったので水替えをしようと殊勝にもわが息子は水を抜いていたようです。そこへ孫たちが虫捕り網を4~5本差し込んでいたため不安定となってこの始末です。わが家には親父と私で集めた大壷が幾つかあり、その殆どは東屋の軒先に並べ、民芸風に飾っていますが、割れた大壷は自慢の一品だっただけに、悔やまれてなりません。

 被害届けも出せないし、好意で水を抜いた息子や虫捕り網を差し込んだ孫たちを責めることもできず、結局は泣き寝入りといったところです。昨日は傷心の面持ちで割れた大壷の欠片を片付けましたが、親父が存命中大事にしていた大壷だけに、「あ~あ」とため息が漏れました。

  「天も地も 揺るがすほどの 南風 大壷転がし 割って去り行く」

  「朝起きて 参上目にし 落胆す 大事な大壷 木っ端微塵に」

  「形ある 物は壊れる 妻は言う 人の気持も 考えないで」

  「また一つ 親父の思い出 なくなった わしもいつかは こんなふうなる」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

1 Comment

  1. 藤崎貞親
    Posted 2017年9月15日 at 11:59 AM | Permalink
    我も大壷については30年近く前、松前塩屋工業団地内に宝酒造の貯蔵倉庫があった頃に不要な焼酎瓶が並べられていたのを見て「戴けませんか?」と言ったら「何個でも持って帰っていいよ!」と言われ数個貰った思い出ですね。でも、その焼酎瓶は全て天災でなく次男の手により割られてしまった事です。悪気も無いまま割られてしまいました。後に三越で同等の瓶が何千円もで売られていたのを見て、私もため息が出ました。