人間牧場

投稿者: | 2017年7月10日

〇次男の女児名付け祝い

 私には4人の子どもがいますが、長女は結婚して2人の男児、長男も結婚して2人の男児がそれぞれ生まれています。3年前に結婚した次男家庭にこのほど赤ちゃんが誕生しました。私たち夫婦にとっては4人の孫はこれまで全て男児だったので、元気で生まれてさえくれればと思っていたものの、内心はそろそろ女児が欲しいと思っていました。

伊佐邇波神社にて

 その願いが天に通じたのか、先月13日に待望の女児が生まれました。昨日は誕生一ヶ月には少し早いのですが、みんなの予定もありお宮参りをしました。道後の伊佐邇波神社で神事をしてもらい、お札を授かりました。その後次男の家で若嫁のご両親と私たち夫婦で食事をしながら、簡単な内祝いをしてやりました。

 次男が女児に付けた名前は「若松花菜」(わかまつはな)で、女児らしい名前にみんな目を細めながら、抱っこしたりあやしたりして、終始和やかでした。若嫁の実家からは誕生時に病院で取った足裏型と名前を、知人の刺繍屋さんに頼んで作ってもらったという珍しい命名額も届いていました。私は友人の米井司さんに頼んで書いてもらった命名色紙をプレゼントし、真新しい神棚に供えてやりました。

足型と命名を刺繍した額

 私たち夫婦にとっては始めての女児孫なので、男の孫にはないであろうこれから先の成長がとても楽しみです。女児孫に負けないよう私たち夫婦も、健康寿命をしっかりと意識して生きて行きたいものです。次男は日赤松山病院に男性ながら看護師として勤めています。私など子どものオムツ替えなどしたこともないのに、慣れた手つきで赤ちゃんのオムツを要領よく替えていました。

  「5人目の 孫の赤ちゃん 女の子 4人は男児 願い叶って」

  「壊れそう 生まれた赤子 抱っこする お乳の匂い 微笑ましくて」

  「わが息子 看護師ゆえに 馴れたもの 赤ちゃんオムツ いとも簡単」

  「この赤ちゃん 20歳になれば わが歳は 92歳か ゾッとしますね」 

人間牧場」への1件のフィードバック

  1. 藤崎貞親

    若松さん、おめでとうございます。私にとっては羨ましいばかりです。私の師匠(ドラッカリアンの会)の水口和寿先生(現愛媛大学社会共創学部教授)も二人目の孫が生まれたそうです。まあ、これは天からの授かりものですから羨ましがるのはおかしいのですけど(笑)

コメントは停止中です。