人間牧場

〇思わぬハプニング

 昨日は軽四トラックの車検中なので、乗用車に草刈り機やチェンソーを積んで、少し違和感を覚えながら、人間牧場へ山仕事に出かけました。午前中は主に枯れた梅の木の伐採作業をしましたが、梅の木はトゲがやたらとあって作業は難行し、腕や足のあちこちにすり傷を沢山作ってしまいました。

 午後は取り残しの完熟した梅の実を、キャリーに一箱収獲して、そろそろ帰ろうと乗用車のエンジンをかけようとしましたが、キーを差し込んでもセルモーターが動きませんでした。どうやらエンジンキーが半分オンになったり、ドアが半ドアで室内灯が点いたままになって、バッテリーが上がってしまったようなのです。

 さて困ったと思いつつ、友人の稲葉さんに携帯電話を入れると、快く助っ人を引き受けてくれ、元モータースをしていた義兄宅で接続コードを借りて、やって来てくれました。稲葉さんは手馴れた手つきで自分の軽四トラックのバッテリーを外して、わが愛車のバッテリーに接続し、エンジンを始動してくれました。

 いつものことですが、感謝しても感謝しきれない稲葉さんのご厚意に感謝して山を下りました。稲葉さんは自動車の板金工場を経営していますが、その仕事は息子に任せ、双海町の田畑を買って農業をやっている変わった生き方の人です。車が故障する度に稲葉さんの顔を思い出し対応してもらっていますが、多分本人は思い出してもらいたくないはずなのに、いつも嫌がりもせず対処してくれます。昨日はまさに「地獄に仏」「神様・仏様・稲葉様」でした。

  「エンジンを 始動したけど 動かない バッテリー切れ 困った困った」

  「友人の 顔を浮かべて 助け船 早速駆けつけ 手早く対応」

  「有り難い 地獄に仏 私には できぬ芸当 餅屋は餅屋」 

  「何事も なかったように 動き出す 不注意迷惑 拳拳服膺」

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

2 Comments

  1. 若松進一
    Posted 2017年6月15日 at 7:43 PM | Permalink
    藤崎さん 苦しい時の助け船は嬉しいですね。私も昨日はつくづく仲間の有り難さを思いました。また恩返しをしておかないと・・・・。
  2. 藤崎貞親
    Posted 2017年6月15日 at 11:56 AM | Permalink
    若松さんの思わぬハプニングと同様な事が私にもありました。10年ぐらい前の事で車が動かないのには焦りました。安心して車検整備を受けている所に電話をしたら「忙しいからロードサービスに頼みなさいよ。」でした。バッテリーの上りだけかと思っていたらもっと別の個所も部品交換もありで途方にくれました。駐車していたのが石手川公園内で管理人の電話するなどして翌日、今点検を受けている民間車検場が引き受けてくれてレッカー車で修理工場へと運んでくれました。その時は「地獄に仏」「神様・仏様・助かった」と感謝の気持ちでいっぱいでした。それからその民間車検場ぎりずっと利用してます。