人間牧場

投稿者: | 2017年4月21日

〇盟友眞鍋さん所長就任

 年輪塾処志第1号の眞鍋幸一さんは、昨年度末で県庁職員を退職されましたが、この度国立大洲青少年交流の家の所長として第二の人生を踏み出すことになりました。代々このポストは文部科学省職員が務めていましたが、民活の一環で眞鍋さんが就任することになりました。

眞鍋幸一さんがfaxebook似アップした煙会所写真

 国立大洲青少年交流の家は、国立青年の家として発足しましたが、私は若い頃愛媛県青年団連合会の会長としてその誘致運動に深く関わり、青少年交流の家となった今も、45年の時を越えて運営委員長をしていて、年輪塾つながりによって、再び深いご縁にをいただいた不思議がまるで嘘のようです。

 先日そんなこともあって、眞鍋さんは着任あいさつのためわが家を訪ねてくれました。年輪塾生なので、もう何度もわが家へ足を運んでいるものと思っていましたが、眞鍋さんがやって来たのは人間牧場だけで、聞けばわが家へは始めてだそうで、これには驚きました。

 眞鍋さんは年輪塾でみんなの話に出てくる私設公民館「煙会所」や、海の資料館「海舟館」を興味深そうに見学し、親父亡き後ゲストハウスとして使っている親父の隠居家で、これからの仕事について意見を述べ合いました。眞鍋さんの今後の活躍を期待しながら、私も運営委員長としてできるだけのお手伝いをしたいと思いました。

  「まか不思議 年輪塾の 縁あって 青少年の家 盟友所長に」

  「できること できないことも いっぱいで はてさて盟友 どんな風なる」

  「山頭火 何を求める 風の中ゆく 風の人ゆえ 新しい風なれ」

  「アップした フェイスブックに 煙会所 自在・掲額 自彊不息が」 

人間牧場」への3件のフィードバック

  1. 若松進一

    藤崎さん
    私はいい友達に恵まれて、いい友だちとともに楽しく生きています。多分これからもそうするでしょう。
    いい友だちをつくらないと人生楽しくないです。

  2. 藤崎貞親

    同じ団塊の世代の人でもホームページ上で動画(菜園だより)を発信して、人に「楽しみ」を与える人もいます。そういう人を相手にしたいですね。

  3. 藤崎貞親

    若松さん、良いお友達がいらっしゃいますね。私には相手を利用するとかいう友達しかいませんでした。私自身が変われば良き友達がやってくると言われましたが、付き合った友達の性格が悪かっただけです。以前にブログ上で「良き兄貴分かも」と若松さんが言われていた人物がとんでもないカス人間まがいな事をしてました。私も定年前後に言い寄ってきたものだから「良き兄貴分」「相手の事を思う人」と認識していたのですが、行動がカス人間です。お店経営をして試食など出してる人、粗品を出す人などはこの人のカモにされてます。一日の食事は試食で賄ったとか、セミナーに出席し、欠席者の粗品を持ち帰り他の人にあげて機嫌をとっているとかで、私などは私の車をお抱え運転手如く利用されようとしましたよ。まあ団塊の世代の人ですが、育ちが悪いのか自分の都合の為に独身で寂しいのか相手を利用してます。あまりフェイスブック上で相手の悪口を書くと注意されるのですが、今もその人と放送大学とか街中で会うのですが、相手にしません。

コメントは停止中です。