人間牧場

〇レッドロビンを植えました

 最近ウォーキングの道沿いに、燃えるような真っ赤な新芽を出している生け垣を見かけるようになりました。かつて潮風ふれあい公園の整備を担当していた頃、千人塚という調整ため池周辺に、ベニカナメモチという木を植える計画が持ち上がり、あっちこっちの生け垣を見に行って植えた記憶が蘇えりました。

生けが気に植えた植えたレットロビンの苗木

 2~3日前、ホームセンターへ立ち寄ったので、苗木や苗物コーナーを一巡していると、230円でレッドロビンという苗を売っていたので、ブルーベリーを植えている畑の隅の板垣が古くなって壊れたので、そこへ植えようと思い6本買って帰りました。本当は1本800円する大きな苗木を買いたかったのですが、成長の早い木なので小さいので我慢しました。早速古い板垣を取り壊し、周辺の雑草を取りながら整地しました。

 整地後穴を掘って苗木を植え、杭を打ったり横竹を取り付けたりしてやっと終わりました。ブルーベリー畑の北側は山茶花で生け垣を作っているので、これで美的になったと一人ウキウキ気分になりました。親父が亡くなって間もなく2年が経とうとしています。あれやこれやと何かにつけて親父の足跡が残るわが家の庭界隈ですが、そろそろそれらの中には、老朽化しているものも見られるようになりました。私の役目が少しずつ増えてきました。

  「ウォーキング 目冷めるような 深紅の芽 ホームセンター 苗木求める」

  「板垣が 壊れて少し 見苦しい 壊して整地 苗木を植える」

  「苗ポット レッドロビンと 書いている ベニカネメモチ どこが違うの?」

  「3~4年 すれば生け垣 見違える ようになるかも 淡い期待を」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちらPost a comment or トラックバックはこちら。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記入したあなたのemailアドレスは、ブログページには表示されません。