人間牧場

〇東京での思い出話(ホテルでの朝食)
 ホテルでの朝食はバイキングでした。自宅にいる時と同じように午前4時に目が覚め、タブレットでブログを書いて、午前6時30分から始まる1階のレストランへ一番乗りしました。沢山のバイキング料理の中から好みのものを小皿に入れてお盆に乗せ、好みの席で食べるのですが、貧乏人の本性が覗くのか、食べなきゃ損という本心なのか、ついつい取り過ぎてしまうのです。この日の朝も、昼ごはんはもう要らないほど美味しく食べました。

これだけ食べました

〇東京での思い出話(ホテルの窓から見える都会のカラス)
 カラスは田舎の代名詞のように思われますが、どうしてどうして、都会でもカラスは人間様の食べ遺した食べ物を餌に、しっかりと生きています。ある動物医学者が調べたところ、都会のカラスは栄養過多のため成人病に似た兆候があるそうです。レストランから見える街路樹の上に、カラスの寝床を見つけました。多分カラスにとってはここが一番安全なマンションなのかも知れません。

都会のカラス

〇東京での思い出話(ホテル屋上のゴジラ)
 泊まったホテルグレイスリー新宿の8階屋上に、今ではすっかり有名になったゴジラのモニュメントがありました。映画会社東宝系のホテルなので、ロビーにはこれまで話題になった、ゴジラの映画名場面も展示されていました。東南アジア系と思われる外国人が沢山、自撮り棒を使って賑やかに記念撮影していました。私も負けじとばかり写真を撮りました。

ホテルグレイスリー新宿のゴジラ
屋外ストーブ

〇東京での思い出話(露天暖房)
 東京の屋外は意外と寒いのに、ホテルの露天屋外デッキでは沢山の人が飲食しながら談笑していますが、その人たちを温めるため、露天に幾つものガスストーブが置かれていました。傘のような暖かい温度を滞留させる装置がついていて、人間牧場にも一台欲しい感じがしました。幾らぐらいするのでしょうか?。

「東京は 田舎にないもの いっぱいで 見るもの聞くもの 異文化ギャップ」

「東京の ホテル屋上 ゴジラ出て 外国人が 自撮り棒撮り」

「バイキング ついつい食べ過ぎ 本心が覗いているよう 恥ずかしながら」

「騒々しい やっぱり 田舎落ち着くと 思ってみるが 田舎寂しい」

 

 

 

 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場” への1件のフィードバック

  1. 東京ホテルでの思い出話は品川プリンスホテルで部屋のトイレの水が出放しになり止まらなくなった事です。最初は止まると気にもしなかったのですが、止まらないために壊したとホテル側から思われてもいけないから室内電話で連絡したらボーイがやって来て、見た結果、どうも止水栓の具合が悪く水が止まりにくい事でした。処置としてはコックを水が止まるまで持ってて下さい。と事でした。ボーイが帰った後に私は不愉快な思いになりました。
    悪い部屋に泊まっちゃったな。部屋でも替えてくれるのかなと思ったら仕方ないから我慢しろと感じだったので、水の出放しもホテル側の責任だから言わなければ良かったかなと思いましたね。

コメントは受け付けていません。