shin-1さんの日記

○人間牧場次の目標

 「お父さん、次は何にするの」と、人間牧場を作る時「私を撒き込まないで」と言ってた妻が、どう心境が変化したのか言うのです。かまど小屋が完成し思わぬ出費で懐が空になったという私に、「お父さん、もうすることはないよね」と言ってた妻とは偉い違いです。今では知人友人に「いいかまどができたのよ」と自慢している姿を見ると、どうやら妻を完全に巻き込んでいて、私の作戦は成功しているようです。

 さて、水平線の家・ロケーション風呂・農場・ツリーハウス・赤トンボの家・かまど小屋と続いた人間牧場の5年整備計画は目標通り一通り終息を見ました。これらの活用プログラムも既に始まっていて、いい雰囲気でスタートが切れました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

 妻が言うように「次は何」と仲間から尋ねられますが、ほんの小さなツリーハウスと炭焼き窯を作りたいと思っています。ツリーハウスも炭焼き窯も投資金額は各1万円程度、つまり限りなくゼロに近いもので、手造りです。ある意味人間牧場の調度品程度、ベニヤ板一枚程度の広さを想定しています。

 ツリーハウスは人間牧場の枝分かれした杉の木を使いたいと思っています。まあ木の上に犬小屋が乗っているようなイメージです。炭焼き窯は苗床の直ぐ横の畑の斜面を掘って半地下にしたいと思っています。まあ畑の隅に小さなゴミ焼却場を作るようなイメージです。耐火レンガなどを使うと高くつくので、ホームセンターで安いコンクリートブロックを買ってきて周囲を囲い天井は鉄板を使いその上に土を被せるという構造です。私は絵心がないので上手く頭に浮かんだことを絵にすることはできませんが、絵にするとより具体的に夢が膨らむので、いつものことながら今朝絵に描いてみました。笑わないでください。

 この計画は今年の目標である人間力向上のための10の力のうち「⑨企画力」です。願わくばこの二つのささやかなプロジェクトは今年いっぱいを目途にしたいと思っています。さて上手くいくかどうか、まあ何でもそうですが、こうして夢を頭の中に描いている間が楽しいのです。私の発想は全てこのような手法でやって来ました。夕日も、シーサイド公園も、人間牧場も色々と夢の絵を描き自分の部屋の壁や天井にに貼りつけイメージトレーニングするのです。そうすればいつか夢は叶うのです。

 妻が「父さんはやることなすこと少年のままだね」と笑いながら言いますが、「お父さん、次は何をするの」の「何」が少しずつ見えてきたようです。


  「次は何? 突然妻が 聞いてくる しめしめ俺の 作戦当たる」

  「下手糞な 絵でも自分の 夢描く 実現するなら これもまたよし」

  「絵も描けぬ 歌も歌えぬ 俺だけど 夢は沢山 あり過ぎ困る」

  「これからは 金をかけずに 自らが 鋸と金づち 使って作る」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。