shin-1さんの日記

○天道(天理)と人道

 日ごろ何気なく使っている日本語も、その意味を説明せよと言われたら、はて何人の人がその意味を明確に説明できるでしょうか。その意味さえも分からず使っている私などのような凡人は、はてさて困ってしまうのです。昨日小さな集会の卓話で、理論と論理についてお話ししました。すると忘年会を兼ねた飲み会でそのことが話題となり、理論とは何ぞや、論理とは何ぞやとホットな議論が交わされました。何気なく話したつもりの卓話でも、こうして聞いているのですから軽はずみな話はできないと思いました。ましてや最近はやたらと横文字が登場して、この歳になると「それも分からないのか」と言われそうなので、分かったふりをしてうなずきながらやり過ごし、家に帰ってから広辞苑を引いたりインターネットで調べたりしながら反芻して覚えて事なきを得ているのです。

 さて広辞苑によると理論とは「ここの事実や認識を統一的に説明することのできる普遍性を持つ体系的知識」「実践を無視した純粋な知識」と書かれています。一方論理とは「思考の形式、法則、または法則的なつながり」「実際に行われている仕方、論証の筋道」と書いてあり、読めば読むほど難しくて分からなくなってしまいます。

これでは分かりやすい話が余計分からなくなってしまうのです。私は理論とは実践を無視した純粋な知識、つまり物の本を読んだり人の話を聞いて得た知識だと解釈します。一方論理は実際に行ったことから生まれる知識だと思うのです。私のような学歴や学習歴の少ない人間には理論など殆どないに等しいのです。しかし私たち自称実践家には実践から生まれた論理は山ほどあって、うまく言葉で体系的には喋れないものの沢山の事例を持っているのです。株をやったこともない先生が株の話をしますが「こうあるべきだ」と語れるし、「株はいつかは下がると予測することも学問上可能なのです。しかしいつ下がるかというと顔の見えない世界で暮らしている人は「そのうち下がるだろう」と当たらずも遠からじの話をするのです。今回の世界を揺るがす同時株安も殆どの人が的確な予想は付けれなかったのです。

 私たち実践家はどちらかというと論理型で、顔の見える現場で失敗経験や成功経験を積み重ねているので

たとえ言葉の使い方は下手でも話す言葉に重みがあって人々の心に共感を得ることができるのです。

 天道と人道はどこが違うかと問われたらこれまた、広辞苑の助けを借りねばなりませんが、天道とは自然の理にかなった流れで、人は生まれ死んでゆく、道に草は生えてゆく、形ある堤は崩れ堀はヘドロや砂で埋まってゆく、橋もいつかは朽ちて落ちてゆく、これが天道なのです。一方人道とは草を引いて道を保持して歩くのに便利なようにしてゆく、堤は崩れないように補修をしてゆく、堀はさらって深見を維持し、橋は掛け替えるのです。また生まれて死ぬまでの期間様々な努力をして延命をするのです。天然自然の道理に対応し私利私欲を投げうって人間としての対応をすることがだと思うのです。

 そのたゆまざる行いを怠ればさも神仏の罰が当たったように思える様々な負の部分が生じるのです。シーサイド公園の防波堤フェンスが腐食して人が落ち怪我をしたことが県議会の一般質問でも取り上げられましたが、まさにこれは天道に人道がそむいた結果の出来事だったと思うのです。

 日本語とはこれほど難しいものかと思われるくらい、様々な対比語があるようですが、日本人はもう少し日本語の持つ意味について勉強する必要があるような気がしています。

  「理論とは 論理とはなど 尋ねられ 答えも出来ぬ 駄目日本人」

  「分からずに 分かった顔して うなずいて 知ったかぶりで 日々を過ごしぬ」

  「天道に 逆らい生きる 愚かさよ 人道極め 人の道生く」

  「難しい 話をするな 言われるが 難しくもない 逃げてるだけだ」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。